HOME 国内

2023.06.04

100mH福部真子「温かくて優しい言葉たくさんかけてもらった」ライバルや運営にも感謝綴る
100mH福部真子「温かくて優しい言葉たくさんかけてもらった」ライバルや運営にも感謝綴る

日本選手権の前日会見で笑顔を見せた女子100mHの福部真子

女子100mハードル日本記録保持者(12秒73)の福部真子(日本建設工業)が自身のSNSを更新。日本選手権を終えての心境を綴った。

ブダペスト世界選手権の参加標準記録を切って3位以内で代表内定を得られた状況で臨みながら4位。今大会での即内定はならなかった。その緊張感から「柄にもなく心も体もガッチガチ、石ですか状態」だったという。

広告の下にコンテンツが続きます

また、一度は判定中の速報として1着で名前が表示され、正式結果で4位のなったことについても触れ、当日も話していたように「10台目降りた瞬間は負けてるのは分かってた」。

その上「最後もしかしたら間に合ったのかな?と 思って、冷静な判断ができず自己申告で、何かサインを出せてたら良かったと反省」とし、他の選手たちには「喜ぶに喜べない雰囲気を作ってしまってごめんなさい。温かくて優しい言葉たくさんかけてもらった」と綴り、主催者や運営に対しても感謝の言葉を伝えている。

1日経ち、「すでにパリに向けて前を向いてます! 元気だけが取り柄なのでもう元気。12秒5切りとパリ五輪のファイナルへの挑戦を応援してもらえるとうれしいです。また来年パリの標準切って強くなって戻ってきたい」と見据えている。

寺田明日香(ジャパンクリエイト)が開いた100mハードル12秒台の扉だが、ここまで水準が上がり、誰もが世界のファイナルや12秒前半を口にするようになったのは、間違いなく福部の復活劇がきっかけだった。

広告の下にコンテンツが続きます

逆境と涙のたびに強くなってきた不屈の天才ハードラーは、パリ五輪に向かってすでにスタートを切っている。

女子100mハードル日本記録保持者(12秒73)の福部真子(日本建設工業)が自身のSNSを更新。日本選手権を終えての心境を綴った。 ブダペスト世界選手権の参加標準記録を切って3位以内で代表内定を得られた状況で臨みながら4位。今大会での即内定はならなかった。その緊張感から「柄にもなく心も体もガッチガチ、石ですか状態」だったという。 また、一度は判定中の速報として1着で名前が表示され、正式結果で4位のなったことについても触れ、当日も話していたように「10台目降りた瞬間は負けてるのは分かってた」。 その上「最後もしかしたら間に合ったのかな?と 思って、冷静な判断ができず自己申告で、何かサインを出せてたら良かったと反省」とし、他の選手たちには「喜ぶに喜べない雰囲気を作ってしまってごめんなさい。温かくて優しい言葉たくさんかけてもらった」と綴り、主催者や運営に対しても感謝の言葉を伝えている。 1日経ち、「すでにパリに向けて前を向いてます! 元気だけが取り柄なのでもう元気。12秒5切りとパリ五輪のファイナルへの挑戦を応援してもらえるとうれしいです。また来年パリの標準切って強くなって戻ってきたい」と見据えている。 寺田明日香(ジャパンクリエイト)が開いた100mハードル12秒台の扉だが、ここまで水準が上がり、誰もが世界のファイナルや12秒前半を口にするようになったのは、間違いなく福部の復活劇がきっかけだった。 逆境と涙のたびに強くなってきた不屈の天才ハードラーは、パリ五輪に向かってすでにスタートを切っている。

【写真】「変顔」と笑顔の写真とともに心境を綴った福部真子

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.16

森井勇磨が初サブ10で8位入賞!パリ五輪代表・大迫傑に先着する殊勲 大迫は13位/ボストンマラソン

ワールドマラソンメジャーズの一つであるボストンマラソンが米国で行われ、S.レマ(エチオピア)が2時間6分17秒(以下、速報値)で優勝した。 東京五輪6位、そしてパリ五輪代表に内定している大迫傑(Nike)が出場。やや気温 […]

NEWS クローズアップ/豊田兼「4年間で一番の目標」ハードル2種目で世界へ 慶大96年ぶりと日本初の快挙に挑戦

2024.04.15

クローズアップ/豊田兼「4年間で一番の目標」ハードル2種目で世界へ 慶大96年ぶりと日本初の快挙に挑戦

パリ五輪に向けた戦いがいよいよスタートした。春のトラック&フィールドシーズンから注目の選手を紹介する。 異色のハードラーが2種目で五輪に挑戦 日本の110mハードルには、泉谷駿介(住友電工)や村竹ラシッド(JAL)、40 […]

NEWS 躍進著しい國學院大 「今季は駅伝で3つとも狙えるところにきている」(前田監督)
PR

2024.04.15

躍進著しい國學院大 「今季は駅伝で3つとも狙えるところにきている」(前田監督)

厳しいトレーニングを可能にするコンディショニングへのこだわり 近年の國學院大學は学生駅伝で毎回のように上位に名を連ね、その存在感を確かなものにしつつある。勢いの原動力は、日々の厳しいトレーニングとそれを可能にするコンディ […]

NEWS 男女混合競歩リレー出場予定の園田世玲奈が病気のため欠場 渕瀬真寿美が入れ替わり出場/世界競歩チーム選手権

2024.04.15

男女混合競歩リレー出場予定の園田世玲奈が病気のため欠場 渕瀬真寿美が入れ替わり出場/世界競歩チーム選手権

日本陸連は4月15日、世界競歩チーム選手権(トルコ・アンタルヤ)の男女混合競歩リレーに出場を予定していた女子の園田世玲奈(NTN)が慢性萎縮性胃炎のため出場を辞退すると発表した。同種目には女子20kmで代表入りしていた渕 […]

NEWS 織田記念のエントリー発表!男子100mは坂井隆一郎、山縣亮太らが激突!三浦龍司が3000m障害に登録、ハードル、やり投ら熱戦の予感

2024.04.15

織田記念のエントリー発表!男子100mは坂井隆一郎、山縣亮太らが激突!三浦龍司が3000m障害に登録、ハードル、やり投ら熱戦の予感

4月29日に行われる織田記念(広島広域公園競技場)のエントリーリストが主催者から発表され、看板種目の男子100mには昨年の日本選手権覇者・坂井隆一郎(大阪ガス)、3月の世界室内選手権60mファイナリストの多田修平(住友電 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top