HOME 海外

2023.06.04

女子10000m・ハッサンがパフォーマンス歴代7位の29分37秒80で快勝! 19歳のナウォウナは世界歴代8位/WAコンチネンタルツアー
女子10000m・ハッサンがパフォーマンス歴代7位の29分37秒80で快勝! 19歳のナウォウナは世界歴代8位/WAコンチネンタルツアー

女子長距離のS.ハッサン

女子10000mの世界歴代10傑&パフォーマンス10傑

29.01.03 L.ギデイ(エチオピア)   2021. 6. 8
29.06.82 S.ハッサン(オランダ)   2021. 6. 6
29.17.45 A.アヤナ(エチオピア)   2016. 8.12
29.31.78 王軍霞(中国)       1993. 9. 8
29.32.53 V.チェルイヨット(ケニア) 2016. 8.12
29.36.67   ハッサン 2       2020.10.10
29.37.80   ハッサン 3       2023. 6. 3
29.39.42 G.ツェガイ(エチオピア)  2021. 5. 8
29.42.56 T.ディババ(エチオピア)  2016. 8.12
29.47.42 G.L.ナウォウナ(ケニア)  2023. 6. 3
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
29.50.77 K.ゲザヘン(バーレーン)  2021. 5. 8
29.53.51 A.ナウォウナ(ケニア)   2016. 8.12

6月3日、オランダ・ヘンゲロで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのFBKゲームズの1日目が行われ、女子10000mでは世界歴代2位の記録(29分06秒82)を持つS.ハッサン(オランダ)がパフォーマンス歴代7位となる29分37秒80で快勝した。 4月のロンドンマラソンを2時間18分33秒で制しているハッサン。今回は世界記録(29分01秒03)を狙わず、1000mを2分57秒と落ち着いたペースに。3000mは8分51秒とイーブンペースを刻み、T.ゲブレセラマ(エチオピア)やG.L.ナウォウナ(ケニア)とともに5000mまで集団を形成した。 8000mを23分43秒で通過したあと、ナウォウナに先頭を譲る場面もあったが、ハッサンは残り1周で得意のラストスパートを仕掛けると、一気にリードを拡大。最後の1周は60秒8というスピードに地元の観衆は大いに湧いた。 最後までハッサンに食らいついたナウォウナは10000mデビュー戦ながら29分47秒42の世界歴代8位をマーク。2月の世界クロスカントリー選手権4位の19歳が、世界選手権のメダル候補に名乗りを上げた。 また、3位のゲブレセラマも30分04秒42と自己記録を更新している。

女子10000mの世界歴代10傑&パフォーマンス10傑

29.01.03 L.ギデイ(エチオピア)   2021. 6. 8 29.06.82 S.ハッサン(オランダ)   2021. 6. 6 29.17.45 A.アヤナ(エチオピア)   2016. 8.12 29.31.78 王軍霞(中国)       1993. 9. 8 29.32.53 V.チェルイヨット(ケニア) 2016. 8.12 29.36.67   ハッサン 2       2020.10.10 29.37.80   ハッサン 3       2023. 6. 3 29.39.42 G.ツェガイ(エチオピア)  2021. 5. 8 29.42.56 T.ディババ(エチオピア)  2016. 8.12 29.47.42 G.L.ナウォウナ(ケニア)  2023. 6. 3 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ 29.50.77 K.ゲザヘン(バーレーン)  2021. 5. 8 29.53.51 A.ナウォウナ(ケニア)   2016. 8.12

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.25

女子やり投・篠田佳奈が自己新V 57m63で堂々3連覇 「60m近くの感触があった」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部3日目が行われ、女子やり投で4年生の篠田佳奈(京大)が4投目に57m63の自己ベストを投げ大会3連覇を飾った。 昨年は […]

NEWS サニブラウン主催「DAWN GAMES」本格始動!小中高100m大会、6月に東西で予選

2024.05.24

サニブラウン主催「DAWN GAMES」本格始動!小中高100m大会、6月に東西で予選

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストのサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)と契約するマネジメント会社UDN SPORTSは、小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」を開 […]

NEWS 編集部コラム「音楽と運動」

2024.05.24

編集部コラム「音楽と運動」

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り言、取材の裏話、どーでもいいこと […]

NEWS 【選手名鑑】髙橋 和生

2024.05.24

【選手名鑑】髙橋 和生

髙橋 和生 TAKAHASHI KAZUKI ADワークスグループ 1996年6月17日 水沢中(岩手)→花巻北高(岩手)→早大 20kmW:1.19.01(24年) ■代表歴 オリンピック(24パリ) 【年度別ベスト】 […]

NEWS 【選手名鑑】鈴木 優花

2024.05.24

【選手名鑑】鈴木 優花

鈴木 優花 SUZUKI YUKA SNS: 第一生命グループ 1999年9月14日 中仙中(秋田)→大曲高(秋田)→大東大 自己ベスト 5000m:15.30.14(22年) 10000m:31.37.88(19年) […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top