HOME 特集、高校・中学

2023.05.30

次世代スター候補続々!100mに西岡尚輝&成川倭士、400mH渕上翔太、砲丸投山田暉斗ら参戦/U20日本選手権男子展望
次世代スター候補続々!100mに西岡尚輝&成川倭士、400mH渕上翔太、砲丸投山田暉斗ら参戦/U20日本選手権男子展望

U20日本選手権には山田暉斗、渕上翔太、西岡尚輝ら世代のトップたち集う

20歳未満のアスリートが争う、第39回U20日本選手権が6月1日~4日、大阪・ヤンマースタジアム長居を会場に、第107回日本選手権との併催で行われる。トップ選手が日本一を懸けて戦う同じ舞台で、将来の日本陸上界を支える次世代スター候補同士が激戦を繰り広げる。ここではエントリーリスト(5月23日発表)を元に、男子18種目を展望していく。

100mは混戦模様。5月28日のインターハイ大阪府大会を高2歴代10位の10秒37(+1.0)で優勝した西岡尚輝(東海大仰星高2大阪)と、4月上旬に10秒41をマークした成川倭士(東海大翔洋高2静岡)の高2コンビがリスト上位を占める。ただ、10秒4台の自己記録を持つ大石凌功(東洋大)、小島拓真(日大)といった大学1年生も年下選手に負けじと奮起するはずだ。

200mでは4月に21秒08で走った松本悠斗(佐賀北高2)や、関東インカレ1部7位の清水壮(日大)に勢いがありそう。400mは46秒台の冨永湧平(順大)や長葭遥斗(近大)が軸。ただ冨永の後輩である庄籠大翔(東福岡高3)も47秒16を持っており、優勝に届く位置につける。

中距離種目は激戦となるだろう。800mでは出場メンバーでただ1人、1分50秒を切る(1分49秒92)坂元龍晟(鹿児島南高3)が軸だが、1分50秒台前半の学生勢にもチャンスがある。1500mは資格記録トップ(3分46秒03)のマッキャーン将人(立教大)を筆頭に3分40秒台選手がずらり。併催の日本選手権800mと合わせて2種目にエントリーした後田築(順大)も注目だ。

3000mは青木丈侑(東農大二高3群馬)が出場者内でただ1人8分ひとケタの記録を持つ。ただ、8分10秒台の選手たちにも展開次第でチャンスがある。5000mも混戦となりそう。関東インカレ1部10000m6位の工藤慎作(早大)や昨年のインターハイ800m・1500m2冠の大野聖登(順大)がエントリーしている。

110mハードル(U20規格/99.1cm)では4月に13秒60をマークした打田快生と13秒68の今西亮太の順大コンビによる優勝争いか。400mハードルは渕上翔太(東福岡高3)が5月27日のインターハイ福岡県大会で自己新の50秒82をマーク。50秒台の記録を持つ山田那央(筑波大)や110mハードルにも出場する今西との対決となるか。

3000m障害は8分48秒88の林龍正(順大)と8分49秒32の辻本桜寿(浜松開誠館高3静岡)を中心にハイレベルなレースを展開したいところ。

走高跳は髙田遼雅(日大)や前川鎮秀(東海大)ら2m10前後の選手で混戦模様。棒高跳は今季5m30の自己新をクリアしている篠塚浩斗(育英大)が記録的にやや抜け出している。走幅跳は植村哲平(東海大北海道)が7m70のベストを持ち、優位に立つ。昨年のインターハイ王者・吉田正道(立命大)は調子を取り戻せるか。三段跳は昨年のインターハイV・吉田康晟(筑波大)と今季15m44の自己新を出した金井晃希(順大)との争いになりそう。

砲丸投(6kg)は山田暉斗(法大)が昨年プットした18m74(U20日本歴代3位、高校歴代2位)に迫る記録を残せるか。円盤投(1.75kg)は50m台で益井晴輝(筑波大)、小宮路大隼(九州共立大)、横尾樹(順大)が並ぶ。

ハンマー投(6kg)は吉田匠(四国大)が68m20でリストトップ。昨年66m80を放ったインターハイ王者の秋山玲二郎(四国学大)がどんなパフォーマンスを見せるか。やり投は山田航大(東海大)が今季68m82をマーク。67m44の記録を持つ池田栄志(長崎日大高3)もビッグアーチに注目だ。

※選手名に誤りがあったため、記事を一部修正しました

20歳未満のアスリートが争う、第39回U20日本選手権が6月1日~4日、大阪・ヤンマースタジアム長居を会場に、第107回日本選手権との併催で行われる。トップ選手が日本一を懸けて戦う同じ舞台で、将来の日本陸上界を支える次世代スター候補同士が激戦を繰り広げる。ここではエントリーリスト(5月23日発表)を元に、男子18種目を展望していく。 100mは混戦模様。5月28日のインターハイ大阪府大会を高2歴代10位の10秒37(+1.0)で優勝した西岡尚輝(東海大仰星高2大阪)と、4月上旬に10秒41をマークした成川倭士(東海大翔洋高2静岡)の高2コンビがリスト上位を占める。ただ、10秒4台の自己記録を持つ大石凌功(東洋大)、小島拓真(日大)といった大学1年生も年下選手に負けじと奮起するはずだ。 200mでは4月に21秒08で走った松本悠斗(佐賀北高2)や、関東インカレ1部7位の清水壮(日大)に勢いがありそう。400mは46秒台の冨永湧平(順大)や長葭遥斗(近大)が軸。ただ冨永の後輩である庄籠大翔(東福岡高3)も47秒16を持っており、優勝に届く位置につける。 中距離種目は激戦となるだろう。800mでは出場メンバーでただ1人、1分50秒を切る(1分49秒92)坂元龍晟(鹿児島南高3)が軸だが、1分50秒台前半の学生勢にもチャンスがある。1500mは資格記録トップ(3分46秒03)のマッキャーン将人(立教大)を筆頭に3分40秒台選手がずらり。併催の日本選手権800mと合わせて2種目にエントリーした後田築(順大)も注目だ。 3000mは青木丈侑(東農大二高3群馬)が出場者内でただ1人8分ひとケタの記録を持つ。ただ、8分10秒台の選手たちにも展開次第でチャンスがある。5000mも混戦となりそう。関東インカレ1部10000m6位の工藤慎作(早大)や昨年のインターハイ800m・1500m2冠の大野聖登(順大)がエントリーしている。 110mハードル(U20規格/99.1cm)では4月に13秒60をマークした打田快生と13秒68の今西亮太の順大コンビによる優勝争いか。400mハードルは渕上翔太(東福岡高3)が5月27日のインターハイ福岡県大会で自己新の50秒82をマーク。50秒台の記録を持つ山田那央(筑波大)や110mハードルにも出場する今西との対決となるか。 3000m障害は8分48秒88の林龍正(順大)と8分49秒32の辻本桜寿(浜松開誠館高3静岡)を中心にハイレベルなレースを展開したいところ。 走高跳は髙田遼雅(日大)や前川鎮秀(東海大)ら2m10前後の選手で混戦模様。棒高跳は今季5m30の自己新をクリアしている篠塚浩斗(育英大)が記録的にやや抜け出している。走幅跳は植村哲平(東海大北海道)が7m70のベストを持ち、優位に立つ。昨年のインターハイ王者・吉田正道(立命大)は調子を取り戻せるか。三段跳は昨年のインターハイV・吉田康晟(筑波大)と今季15m44の自己新を出した金井晃希(順大)との争いになりそう。 砲丸投(6kg)は山田暉斗(法大)が昨年プットした18m74(U20日本歴代3位、高校歴代2位)に迫る記録を残せるか。円盤投(1.75kg)は50m台で益井晴輝(筑波大)、小宮路大隼(九州共立大)、横尾樹(順大)が並ぶ。 ハンマー投(6kg)は吉田匠(四国大)が68m20でリストトップ。昨年66m80を放ったインターハイ王者の秋山玲二郎(四国学大)がどんなパフォーマンスを見せるか。やり投は山田航大(東海大)が今季68m82をマーク。67m44の記録を持つ池田栄志(長崎日大高3)もビッグアーチに注目だ。 ※選手名に誤りがあったため、記事を一部修正しました

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

7月12日、男子走高跳のM.E.バルシム(カタール)が自身のSNSを更新し、「パリ五輪が自身最後の五輪になる」と発表した。 6月に33歳となったバルシムは男子走高跳を長く牽引してきたジャンパー。2010年の世界ジュニア選 […]

NEWS 男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

2024.07.13

男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

7月13日、第97回北海道選手権の初日が網走市運動公園市営陸上競技場で行われ、男子走幅跳に日本記録保持者の城山正太郎(ゼンリン)が出場し、シーズンベストの7m86(+1.7)で優勝した。 昨年の世界選手権代表の城山。今季 […]

NEWS 【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

2024.07.13

【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

7月13日、第79回愛媛県選手権の2日目が行われ、男子200mで高校1年生の井手友郎(済美高1愛媛)が21秒28(+1.5)の大会新記録で優勝した。この記録は高1歴代8位の好記録となる。 井手は桑原中時代に全中200m5 […]

NEWS 【男子100m】髙城昊紀(宮崎西高1) 10秒52=高1歴代6位タイ

2024.07.13

【男子100m】髙城昊紀(宮崎西高1) 10秒52=高1歴代6位タイ

7月13日、第48回宮崎県高校1年生大会の1日目が宮崎市の宮崎県総合運動公園競技場で行われ、男子100mで髙城昊紀(宮崎西高)が10秒52(+0.5)で優勝を果たした。 髙城のこれまでの100mベストは今月7日に出した1 […]

NEWS 五輪代表・青木涼真、山本有真がエントリー ホクレンDC千歳の出場選手発表!相澤晃、遠藤日向、篠原倖太朗、新谷仁美も

2024.07.13

五輪代表・青木涼真、山本有真がエントリー ホクレンDC千歳の出場選手発表!相澤晃、遠藤日向、篠原倖太朗、新谷仁美も

日本陸連はホクレンディスタンス第5戦の千歳大会(7月20日)のエントリー選手を発表した。 8月から始まるパリ五輪男子3000m障害代表の青木涼真(Honda)が1500m、5000mに、女子5000m代表の山本有真(積水 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top