HOME 海外

2023.05.29

七種競技のホールが6988点! 世界陸上銅メダリストが大台目前の世界歴代5位/ハイポミーティング
七種競技のホールが6988点! 世界陸上銅メダリストが大台目前の世界歴代5位/ハイポミーティング

22年世界選手権女子七種競技では3位のA.ホール 写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)

5月27、28日、オーストリア・ゲツィスで世界陸連(WA)混成ツアー・ゴールドのハイポミーティングが開催され、女子七種競技ではオレゴン世界選手権銅メダルのA.ホール(米国)が世界歴代5位の6988点(12秒75、1m92、13m90、22秒88、6m54、43m08、2分02秒97)で優勝した。

ホールは七種目中、200m、800m、100mハードル、走高跳、走幅跳の5種目で自己記録を更新。1種目めの100mハードルでトップに立ち、最終種目まで1位を守り続ける快勝となった。ホールのこれまでの自己記録は昨年マークした6755点。自己記録を200点以上も塗り替え、「私はまだ22歳なので、7000点以上を出すための時間はある」と、過去に4人しかいない7000点オーバーに自信をのぞかせている。

広告の下にコンテンツが続きます

2位は19年ドーハ世界選手権金メダルのK.ジョンソン・トンプソン(英国)で6556点。なお、東京五輪・オレゴン世界選手権銀メダルのA.フェッター(オランダ)はアキレス腱を痛めたため、1日目終了時点で途中棄権だった。

男子十種競技はオレゴン世界選手権銀メダルのP.ルパージュ(カナダ)が自己記録にあと1点に迫る8700点(10秒28、7m57、15m05、2m03、48秒01、13秒87、49m34、5m00、63m09、4分45秒74)でトップ。東京五輪金メダルのD.ワーナー(カナダ)が8619点で2位に続いた。

5月27、28日、オーストリア・ゲツィスで世界陸連(WA)混成ツアー・ゴールドのハイポミーティングが開催され、女子七種競技ではオレゴン世界選手権銅メダルのA.ホール(米国)が世界歴代5位の6988点(12秒75、1m92、13m90、22秒88、6m54、43m08、2分02秒97)で優勝した。 ホールは七種目中、200m、800m、100mハードル、走高跳、走幅跳の5種目で自己記録を更新。1種目めの100mハードルでトップに立ち、最終種目まで1位を守り続ける快勝となった。ホールのこれまでの自己記録は昨年マークした6755点。自己記録を200点以上も塗り替え、「私はまだ22歳なので、7000点以上を出すための時間はある」と、過去に4人しかいない7000点オーバーに自信をのぞかせている。 2位は19年ドーハ世界選手権金メダルのK.ジョンソン・トンプソン(英国)で6556点。なお、東京五輪・オレゴン世界選手権銀メダルのA.フェッター(オランダ)はアキレス腱を痛めたため、1日目終了時点で途中棄権だった。 男子十種競技はオレゴン世界選手権銀メダルのP.ルパージュ(カナダ)が自己記録にあと1点に迫る8700点(10秒28、7m57、15m05、2m03、48秒01、13秒87、49m34、5m00、63m09、4分45秒74)でトップ。東京五輪金メダルのD.ワーナー(カナダ)が8619点で2位に続いた。

【動画】ホールの走幅跳、やり投のパフォーマンスをチェック!

女子七種競技世界歴代10傑をチェック!

7291 J.ジョイナー・カーシー(米国)  1988. 9.24 7032 C.クリュフト(スウェーデン)   2007. 8.26 7013 N.ティアム(ベルギー)      2017. 5.28 7007 L.ニキティナ(ソ連)       1989. 6.11 6988 A.ホール(米国)         2022. 5.28 6985 S.ブラウン(ドイツ)       1992. 5.31 6981 K.ジョンソン・トンプソン(英国) 2019.10. 4 6955 J.エニス(英国)         2012. 8. 4 6946 S.ペーツ(東ドイツ)       1984. 5. 6 6942 G.シュアー(シリア)       1996. 5.26

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.22

JMCシリーズの順位修正 山下一貴が4位へ、西山、大迫の順位が下がる ブダペスト世界陸上9位のドーピング違反により

日本陸連はジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズⅢ(22年4月~24年3月)の順位に修正があったことを発表した。 昨年のブダペスト世界選手権で9位に入ったジョン・ハキジマナ(ルワンダ)のドーピング違反が11 […]

NEWS ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

2024.04.22

ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

昨年11月30日にアスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)が、男子マラソンでルワンダ記録を持つジョン・ハキジマナのドーピング違反(禁止物質:トリアムシノロンアセトニド陽性)により23年 […]

NEWS マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

2024.04.22

マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が開催され、新種目のマラソンリレーはイタリア2(F.フォルトゥナート、V.トラプレッティ)が2時間56分45秒で優勝した。 広告の下に […]

NEWS 堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

2024.04.22

堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

M&Aベストパートナーズは、堀尾謙介と所属契約を交わしたことを発表した。 東京五輪、パリ五輪の代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)に出場している堀尾。兵庫・須磨学園高出身で、中大時代には主力として活躍し […]

NEWS 17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

2024.04.22

17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

4月20日に米国で開催されたPURE招待で、17歳のC.ミラー(米国)が9秒93(+1.6)の今季世界最高、U20米国新、U20歴代3位の好記録で優勝した。従来の米国記録は、のちに世界選手権で銅メダルを獲得するT.ブロメ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top