HOME 国内、世界陸上、海外
ブダペスト世界陸上における中長距離種目のラウンド進出方法が変更 記録上位による通過は廃止
ブダペスト世界陸上における中長距離種目のラウンド進出方法が変更 記録上位による通過は廃止

ブダペスト世界陸上の中長距離種目では着順のみで次ラウンド進出者を決める

世界陸連(WA)のカウンシル会議が5月22日に開かれ、8月に行われるブダペスト世界選手権でのルール変更が発表された。

1500mの予選、準決勝、5000m予選、3000m障害の予選において、これまで各組の着順の上位者と記録上位者を次ラウンド進出者として選んでいたものを、すべて着順によって決定することが明らかとなった。

広告の下にコンテンツが続きます

具体的には、5000mはこれまで予選を2組行い、各組5着までと6着以下の記録上位5人が決勝へ進出者していた。しかし、この方法では1組目の記録を確認してから出走できる2組目が有利となり、是正を求める声も大きくなっていた。今回のルール変更により、各組の上位8着までが決勝に進出することになる。

また、1500mは予選、準決勝ともに6着まで、3000m障害は5着までが次ラウンドに進むことが決められた。

このほか、400m以下の種目でのレーン決定方法も変更。200mでは予選、準決勝の上位3人をシード選手として5レーンから7レーンに割り振り、中位グループを3、4、8レーンに、下位グループは1、2レーンに入ることとなった。

また、リレー種目のレーン決定にメンバーの持ちタイムを反映させることや、準決勝や決勝に進出した選手がケガなどで棄権した際に、すでに敗退した選手と交代して出場させるルールの導入などが承認されている。

広告の下にコンテンツが続きます
世界陸連(WA)のカウンシル会議が5月22日に開かれ、8月に行われるブダペスト世界選手権でのルール変更が発表された。 1500mの予選、準決勝、5000m予選、3000m障害の予選において、これまで各組の着順の上位者と記録上位者を次ラウンド進出者として選んでいたものを、すべて着順によって決定することが明らかとなった。 具体的には、5000mはこれまで予選を2組行い、各組5着までと6着以下の記録上位5人が決勝へ進出者していた。しかし、この方法では1組目の記録を確認してから出走できる2組目が有利となり、是正を求める声も大きくなっていた。今回のルール変更により、各組の上位8着までが決勝に進出することになる。 また、1500mは予選、準決勝ともに6着まで、3000m障害は5着までが次ラウンドに進むことが決められた。 このほか、400m以下の種目でのレーン決定方法も変更。200mでは予選、準決勝の上位3人をシード選手として5レーンから7レーンに割り振り、中位グループを3、4、8レーンに、下位グループは1、2レーンに入ることとなった。 また、リレー種目のレーン決定にメンバーの持ちタイムを反映させることや、準決勝や決勝に進出した選手がケガなどで棄権した際に、すでに敗退した選手と交代して出場させるルールの導入などが承認されている。

ブダペスト世界選手権から運用される中長距離のラウンド進出方法

種目 ラウンド 従来 新ルール
着順での
進出者
記録での
進出者
着順での
進出者
記録での
進出者
1500m 予選 4 5 4 4 6 0
準決勝 2 5 2 2 6 0
5000m 予選 2 5 5 2 8 0
3000mSC 予選 3 3 6 3 5 0

400m以下の種目のレーン決定方法

組み分け
レーン
従来 新ルール
400m以下の種目 直線種目 200m 400m
上位選手 3,4,5,6 3,4,5,6 5,6,7 4,5,6,7
中位選手 7,8 2,8 3,4,8 3,8
下位選手 1,2 1,8 1,2 1,2

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

NEWS 「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

2024.04.13

「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mでは10000m日本記録保持者の塩尻和也(富士通)が13分24分57秒で日本 […]

NEWS パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

2024.04.13

パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、パリ五輪女子マラソン代表の鈴木優花(第一生命グループ)が10000mに出場し、33分21秒 […]

NEWS 社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

2024.04.13

社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子1500mではブダペスト世界選手権3000m障害6位の三浦龍司(SUBARU)が3分3 […]

NEWS 田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

2024.04.13

田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、女子1500mはツカラ・エスタ・ムソニ(ニトリ)が4分06秒54の大会新記録で優勝。日本人 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top