HOME 国内

2023.05.21

400mH児玉悠作が48秒77!世界陸上標準記録にあと0.07秒「徐々に近づいてきた」/セイコーGGP
400mH児玉悠作が48秒77!世界陸上標準記録にあと0.07秒「徐々に近づいてきた」/セイコーGGP

48秒77の自己新でセイコーGGP男子400mHに優勝した児玉悠作

◇セイコーゴールデングランプリ2023(5月21日/神奈川・日産スタジアム)

世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子400mハードルは児玉悠作(ノジマ)が48秒77をマークして優勝。ブダペスト世界選手権の参加標準記録まであと0.07秒に迫る快走だった。

広告の下にコンテンツが続きます

ラストの直線。逃げる黒川和樹(法大)、追う児玉。法大の1学年違いの先輩・後輩で普段からともにトレーニングを積んでいる仲だ。お互いに「負けたくない」と意識するなか、ラストは児玉が懸命に身体を動かして先着した。

「記録よりも全力を出して楽しもうと思っていました。まだ状況をつかめていません」と苦笑い。それもそのはず、法大時代から潜在能力は関係者の間では高く評価されていたが、大学時代のベストは50秒台。ケガもあるなどし、練習通りの力を試合で発揮できないことが多かった。

しかし、今年5月3日の静岡国際では49秒01をマークして優勝。「木南記念は落としました(50秒10で4位)が、割り切ってここに合わせてこられました」と話す。

ここまでの急成長に「特別なことはしていません」。ただ、長い距離にも抜群の強さを見せ、黒川や岸本鷹幸(富士通)が「この冬は一度も練習で勝てなかった」と言うほど。「がむしゃらだったところを、8割くらいで継続できるように」意識を変えたことが、安定したパフォーマンスにつながっている。

広告の下にコンテンツが続きます

ブダペスト世界選手権の参加標準記録に迫っただけではなく、ワールドランキングでの出場も視界に入ってきた。「これで徐々に近づいてきたと思います。やれることをやっていきたい」と日本選手権に向けて照準を合わせている。

◇セイコーゴールデングランプリ2023(5月21日/神奈川・日産スタジアム) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子400mハードルは児玉悠作(ノジマ)が48秒77をマークして優勝。ブダペスト世界選手権の参加標準記録まであと0.07秒に迫る快走だった。 ラストの直線。逃げる黒川和樹(法大)、追う児玉。法大の1学年違いの先輩・後輩で普段からともにトレーニングを積んでいる仲だ。お互いに「負けたくない」と意識するなか、ラストは児玉が懸命に身体を動かして先着した。 「記録よりも全力を出して楽しもうと思っていました。まだ状況をつかめていません」と苦笑い。それもそのはず、法大時代から潜在能力は関係者の間では高く評価されていたが、大学時代のベストは50秒台。ケガもあるなどし、練習通りの力を試合で発揮できないことが多かった。 しかし、今年5月3日の静岡国際では49秒01をマークして優勝。「木南記念は落としました(50秒10で4位)が、割り切ってここに合わせてこられました」と話す。 ここまでの急成長に「特別なことはしていません」。ただ、長い距離にも抜群の強さを見せ、黒川や岸本鷹幸(富士通)が「この冬は一度も練習で勝てなかった」と言うほど。「がむしゃらだったところを、8割くらいで継続できるように」意識を変えたことが、安定したパフォーマンスにつながっている。 ブダペスト世界選手権の参加標準記録に迫っただけではなく、ワールドランキングでの出場も視界に入ってきた。「これで徐々に近づいてきたと思います。やれることをやっていきたい」と日本選手権に向けて照準を合わせている。

【動画】児玉悠作が再びの自己新!男子400mHをチェック

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.22

JMCシリーズの順位修正 山下一貴が4位へ、西山、大迫の順位が下がる ブダペスト世界陸上9位のドーピング違反により

日本陸連はジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズⅢ(22年4月~24年3月)の順位に修正があったことを発表した。 昨年のブダペスト世界選手権で9位に入ったジョン・ハキジマナ(ルワンダ)のドーピング違反が11 […]

NEWS ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

2024.04.22

ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

昨年11月30日にアスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)が、男子マラソンでルワンダ記録を持つジョン・ハキジマナのドーピング違反(禁止物質:トリアムシノロンアセトニド陽性)により23年 […]

NEWS マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

2024.04.22

マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が開催され、新種目のマラソンリレーはイタリア2(F.フォルトゥナート、V.トラプレッティ)が2時間56分45秒で優勝した。 広告の下に […]

NEWS 堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

2024.04.22

堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

M&Aベストパートナーズは、堀尾謙介と所属契約を交わしたことを発表した。 東京五輪、パリ五輪の代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)に出場している堀尾。兵庫・須磨学園高出身で、中大時代には主力として活躍し […]

NEWS 17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

2024.04.22

17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

4月20日に米国で開催されたPURE招待で、17歳のC.ミラー(米国)が9秒93(+1.6)の今季世界最高、U20米国新、U20歴代3位の好記録で優勝した。従来の米国記録は、のちに世界選手権で銅メダルを獲得するT.ブロメ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top