HOME 国内

2023.05.05

廣中璃梨佳 1万m即内定ならず「世界の選手と戦うという強い気持ちを」冬のアキレス腱痛が響く/GGのべおか
廣中璃梨佳 1万m即内定ならず「世界の選手と戦うという強い気持ちを」冬のアキレス腱痛が響く/GGのべおか

廣中璃梨佳

◇第34回ゴールデンゲームズinのべおか(5月4日/宮崎県延岡市・西階陸上競技場)

日本グランプリシリーズG3のゴールデンゲームズinのべおかが行われ、ブダペスト世界選手権代表選考会となる女子10000mに出場した廣中璃梨佳(日本郵政グループ)は32分11秒15で4位となった。

広告の下にコンテンツが続きます

参加標準記録を切っていたため3位以内でブダペスト世界選手権代表に内定できる状況だった廣中。しかし、2月に左アキレス腱を痛めた影響もあり「不安もあんるなかで」スタートラインに立った。

「前半は挑戦する気持ちでいきましたが、後半が課題でした」。2月から4がつまで左アキレス腱を痛めたことが影響し、「調整期間が短く不安もありました」と本音を明かす。

最後は涙をこらえ、「ダメダメな調子で、ここに来るのもなかなか難しい状態でした。たくさんの方々に応援してくださって、最後まで走り切れたのがなにより一番です」と話した廣中。

自身よりも上位フィニッシュの選手たちが7月末までに参加標準記録を破れなければ代表になる可能性は残されている。次戦に控える5000mを含め、「世界の選手と戦うんだという強い気持ちを持って、コンディショニングを一から見直したい」と語った。

広告の下にコンテンツが続きます
◇第34回ゴールデンゲームズinのべおか(5月4日/宮崎県延岡市・西階陸上競技場) 日本グランプリシリーズG3のゴールデンゲームズinのべおかが行われ、ブダペスト世界選手権代表選考会となる女子10000mに出場した廣中璃梨佳(日本郵政グループ)は32分11秒15で4位となった。 参加標準記録を切っていたため3位以内でブダペスト世界選手権代表に内定できる状況だった廣中。しかし、2月に左アキレス腱を痛めた影響もあり「不安もあんるなかで」スタートラインに立った。 「前半は挑戦する気持ちでいきましたが、後半が課題でした」。2月から4がつまで左アキレス腱を痛めたことが影響し、「調整期間が短く不安もありました」と本音を明かす。 最後は涙をこらえ、「ダメダメな調子で、ここに来るのもなかなか難しい状態でした。たくさんの方々に応援してくださって、最後まで走り切れたのがなにより一番です」と話した廣中。 自身よりも上位フィニッシュの選手たちが7月末までに参加標準記録を破れなければ代表になる可能性は残されている。次戦に控える5000mを含め、「世界の選手と戦うんだという強い気持ちを持って、コンディショニングを一から見直したい」と語った。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.24

木南記念・男子100mに坂井隆一郎、女子走幅跳に秦澄美鈴! 女子100mHは寺田明日香と田中佑美が出場

大阪陸協は4月24日、5月12日に開催される第11回木南記念(ヤンマースタジアム長居・ヤンマーフィールド長居)の主な出場選手4人を発表した。 男子100mで昨年の日本選手権で優勝を飾り、ブダペスト世界選手権に出場した坂井 […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

2024.04.24

【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

学生長距離Close-upインタビュー 近田陽路 Konda Hiro 中央学大3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。38回目は、中央学大の近 […]

NEWS セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

2024.04.24

セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

日本陸連は4月24日、セイコーゴールデングランプリ陸上2024東京(5月19日/東京・国立競技場)の男子5000mの追加出場選手15人を発表した。 2021年東京五輪、22年オレゴン世界選手権男子10000m代表で、昨年 […]

NEWS 新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

2024.04.24

新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

新潟アルビレックスランニングクラブは4月24日、地元(新潟市)に本社を置くサトウ食品とクラブ初のネーミングライツパートナー契約を締結したことを発表した。契約は3年としている。 同市内で行われた記者会見にはサトウ食品の佐藤 […]

NEWS 世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

2024.04.24

世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

バハマ・ナッソーで開催される世界リレー大会(5月4、5日)のエントリーリストが4月23日に発表された。 4×100mリレーは男子32チーム、女子30チームがエントリー。4×400mリレーは男子32チーム、女子27チーム、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top