HOME 国内

2023.05.03

400m佐藤拳太郎8年ぶりの自己新!日本歴代7位の45秒31「世界の決勝で戦いたい」/静岡国際
400m佐藤拳太郎8年ぶりの自己新!日本歴代7位の45秒31「世界の決勝で戦いたい」/静岡国際

45秒31で23年静岡国際400mを制した佐藤拳太郎

◇第38回静岡国際(5月3日/静岡・エコパスタジアム)

日本グランプリシリーズG1の静岡国際が行われ、男子400mは佐藤拳太郎(富士通)が45秒31で優勝した。

広告の下にコンテンツが続きます

3組によるタイムレース決勝だった400m。2組に入った佐藤拳太郎(富士通)が圧巻の走りを見せた。「しっかり最初から攻めて、後半粘る。その通りの走りができました」。

持ち味のスピードを生かして駆け抜ける。2015年に出した45秒58以来、実に8年ぶりに自己記録更新。「冬のトレーニングの成果から、今年は自己ベストは出るだろうと思っていました」。

今年で29歳になる佐藤。城西大時代にブレイクを果たし、15、17、19年の世界選手権に出場し、2016年リオ五輪でも4×400mリレー代表に選出されるなどロングスプリントを牽引してきた。

しかし、ケガなどもあって1年ごとに好不調を繰り返し、「年齢も年齢なのでもう無理かもと思ったこともありました」。ただ、出場できなかった昨年のオレゴン世界選手権では、ともに戦ってきた仲間たちが4×400mリレーでアジア記録を樹立して4位に入った。うれしさとともに、自分がそこにいられなかった悔しさがあふれた。

広告の下にコンテンツが続きます

「もう一回やろう。世界のファイナルで戦いたい」。リレーでも、個人でも、それを達成するためには、やはり長く止まっている日本記録の更新、44秒台は必須となる。頼もしいベテランの復活劇は、日本ロングスプリントをさらなる活況へと導きそうだ。

◇第38回静岡国際(5月3日/静岡・エコパスタジアム) 日本グランプリシリーズG1の静岡国際が行われ、男子400mは佐藤拳太郎(富士通)が45秒31で優勝した。 3組によるタイムレース決勝だった400m。2組に入った佐藤拳太郎(富士通)が圧巻の走りを見せた。「しっかり最初から攻めて、後半粘る。その通りの走りができました」。 持ち味のスピードを生かして駆け抜ける。2015年に出した45秒58以来、実に8年ぶりに自己記録更新。「冬のトレーニングの成果から、今年は自己ベストは出るだろうと思っていました」。 今年で29歳になる佐藤。城西大時代にブレイクを果たし、15、17、19年の世界選手権に出場し、2016年リオ五輪でも4×400mリレー代表に選出されるなどロングスプリントを牽引してきた。 しかし、ケガなどもあって1年ごとに好不調を繰り返し、「年齢も年齢なのでもう無理かもと思ったこともありました」。ただ、出場できなかった昨年のオレゴン世界選手権では、ともに戦ってきた仲間たちが4×400mリレーでアジア記録を樹立して4位に入った。うれしさとともに、自分がそこにいられなかった悔しさがあふれた。 「もう一回やろう。世界のファイナルで戦いたい」。リレーでも、個人でも、それを達成するためには、やはり長く止まっている日本記録の更新、44秒台は必須となる。頼もしいベテランの復活劇は、日本ロングスプリントをさらなる活況へと導きそうだ。

【動画】8年ぶりの自己新!佐藤拳太郎の400mのレースをチェック

男子400m日本歴代10傑

44.78 高野  進(東海大教)  1991. 6.16 45.03 山村 貴彦(日大3)   2000. 9. 9 45.05 小坂田 淳(大阪ガス)  2000. 9.9 45.13 ウォルシュ・ジュリアン(富士通) 2019.10. 2 45.16 金丸 祐三(法大4)   2009. 5. 9 45.18 山口 有希(東海大2)  2003.10.29 45.31 佐藤拳太郎(富士通)   2023. 5. 3 45.33 簡  優好(富士通)   1998. 5. 9 45.40 佐藤 風雅(那須環境技術センター) 2022. 5. 8 45.44 森田 真治(同大4)   1999. 5.13 45.44 藤原  武(ユメオミライ) 2016. 5. 7

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.24

木南記念・男子100mに坂井隆一郎、女子走幅跳に秦澄美鈴! 女子100mHは寺田明日香と田中佑美が出場

大阪陸協は4月24日、5月12日に開催される第11回木南記念(ヤンマースタジアム長居・ヤンマーフィールド長居)の主な出場選手4人を発表した。 男子100mで昨年の日本選手権で優勝を飾り、ブダペスト世界選手権に出場した坂井 […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

2024.04.24

【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

学生長距離Close-upインタビュー 近田陽路 Konda Hiro 中央学大3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。38回目は、中央学大の近 […]

NEWS セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

2024.04.24

セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

日本陸連は4月24日、セイコーゴールデングランプリ陸上2024東京(5月19日/東京・国立競技場)の男子5000mの追加出場選手15人を発表した。 2021年東京五輪、22年オレゴン世界選手権男子10000m代表で、昨年 […]

NEWS 新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

2024.04.24

新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

新潟アルビレックスランニングクラブは4月24日、地元(新潟市)に本社を置くサトウ食品とクラブ初のネーミングライツパートナー契約を締結したことを発表した。契約は3年としている。 同市内で行われた記者会見にはサトウ食品の佐藤 […]

NEWS 世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

2024.04.24

世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

バハマ・ナッソーで開催される世界リレー大会(5月4、5日)のエントリーリストが4月23日に発表された。 4×100mリレーは男子32チーム、女子30チームがエントリー。4×400mリレーは男子32チーム、女子27チーム、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top