HOME 国内

2023.05.03

400mH児玉悠作が殊勲のV!1秒以上自己ベスト更新の49秒01「悔しい思いしてきた」/静岡国際
400mH児玉悠作が殊勲のV!1秒以上自己ベスト更新の49秒01「悔しい思いしてきた」/静岡国際

大幅自己新で23年静岡国際男子400mに優勝した児玉悠作

◇第38回静岡国際(5月3日/静岡・エコパスタジアム)

日本グランプリシリーズG1の静岡国際が行われ、男子400mハードルは児玉悠作(ノジマ)が49秒01をマークして優勝した。

広告の下にコンテンツが続きます

タイムレース3組で行われたが、児玉は1組目に登場。「いつもよりリラックスしつつ、接地の時に力を感じました」とリズム良く走る。持ち味の「ガツガツした走り」で脚色は衰えず、フィニッシュタイムは48秒台を示して会場が沸いた。

結果的に49秒01だったが、法大3年時に出した50秒16から1秒以上も自己記録を更新。「昨年は調子を落としてハードルを跳べる状況じゃなくて、日本インカレも400mで出場でした。悔しい思いをしてきたので、社会人1年目でベストが出てうれしいです」と笑顔を見せる。

2、3組目も上回るタイムを出せずに優勝。ノジマは今春から児玉を含めて3選手が加入した新チームで、「日本選手権にも出場できるので良かったです」とアピールに成功した。

1学年下の黒川和樹(法大)や、先輩の岸本鷹幸(富士通)ら、「日本選手権のようなメンバーと毎日練習」してきた。長野高時代はケガもありインターハイに進めなかったが、苅部俊二・法大監督も大学時代から「伸びてきますよ」と話していた逸材。この冬も黒川を持ってして「めちゃくちゃ強かった」と舌を巻くほど練習でも好調だった。

広告の下にコンテンツが続きます

「練習でやってきたことがようやく試合で発揮できました」と笑顔。これで日本選手権への資格も得た。伝統の法大ハードル陣からまた1人楽しみな選手が現われた。

3組でトップながら49秒06だった日本代表の黒川は「参加標準記録(48秒70)どころから48秒前半、47秒台も、と思っていたのですが気持ちが入りすぎました」と失敗レースに。それでも49秒06に「力はついている。楽しみは木南記念で」と挽回を誓った。

※一部誤りを訂正いたしました。

◇第38回静岡国際(5月3日/静岡・エコパスタジアム) 日本グランプリシリーズG1の静岡国際が行われ、男子400mハードルは児玉悠作(ノジマ)が49秒01をマークして優勝した。 タイムレース3組で行われたが、児玉は1組目に登場。「いつもよりリラックスしつつ、接地の時に力を感じました」とリズム良く走る。持ち味の「ガツガツした走り」で脚色は衰えず、フィニッシュタイムは48秒台を示して会場が沸いた。 結果的に49秒01だったが、法大3年時に出した50秒16から1秒以上も自己記録を更新。「昨年は調子を落としてハードルを跳べる状況じゃなくて、日本インカレも400mで出場でした。悔しい思いをしてきたので、社会人1年目でベストが出てうれしいです」と笑顔を見せる。 2、3組目も上回るタイムを出せずに優勝。ノジマは今春から児玉を含めて3選手が加入した新チームで、「日本選手権にも出場できるので良かったです」とアピールに成功した。 1学年下の黒川和樹(法大)や、先輩の岸本鷹幸(富士通)ら、「日本選手権のようなメンバーと毎日練習」してきた。長野高時代はケガもありインターハイに進めなかったが、苅部俊二・法大監督も大学時代から「伸びてきますよ」と話していた逸材。この冬も黒川を持ってして「めちゃくちゃ強かった」と舌を巻くほど練習でも好調だった。 「練習でやってきたことがようやく試合で発揮できました」と笑顔。これで日本選手権への資格も得た。伝統の法大ハードル陣からまた1人楽しみな選手が現われた。 3組でトップながら49秒06だった日本代表の黒川は「参加標準記録(48秒70)どころから48秒前半、47秒台も、と思っていたのですが気持ちが入りすぎました」と失敗レースに。それでも49秒06に「力はついている。楽しみは木南記念で」と挽回を誓った。 ※一部誤りを訂正いたしました。

【動画】自己記録を1秒以上も更新 児玉の会心のレースをチェック

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.17

メルボルン五輪女子円盤投金のフィコトバ・コノリー氏が死去 バスケ選手としても活躍

1956年メルボルン五輪女子円盤投金メダルのO.フィコトバ・コノリー氏(チェコスロバキア→米国)が4月12日に亡くなったことを欧州陸連が発表した。91歳だった。 フィコトバ・コノリー氏はメルボルン五輪を五輪新の53m69 […]

NEWS パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

2024.04.17

パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

今夏のパリ五輪・パラリンピックで日本選手団が着用する公式スポーツウエアが4月17日に公開された。 メーカーはアシックス。ジャケットは赤を基調に、パリの日の出をイメージしたデザインがあしらわれている。寒暖差が予想されるため […]

NEWS 男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

2024.04.17

男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

4月15日、伝統の第128回ボストンマラソンが米国で開催され、男子はS.レンマ(エチオピア)が2時間6分17秒で、女子はロンドン・ドーハ世界選手権5000m金メダルのH.オビリ(ケニア)が2時間22分37秒で優勝した。 […]

NEWS やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

2024.04.16

やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

男子やり投のディーン元気(ミズノ)が、4月16日に行われたプロ野球の中日対ヤクルトの始球式を行った。 背番号は88で、「87m60(の日本記録)を超えたい」という思いを込めたという。ディーンはワンバウンドながら球速139 […]

NEWS 静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

2024.04.16

静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

日本グランプリシリーズの第39回静岡国際陸上競技大会(5月3日/静岡・エコパスタジアム)のエントリーリストが4月15日に主催者から発表されている。 男子では200mに昨年のブダペスト世界選手権代表・鵜澤飛羽(筑波大)や飯 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top