HOME 国内

2023.04.29

100mH田中佑美が12秒97で優勝! 日本人4人目の12秒台に「ようやく形になってきました」/織田記念
100mH田中佑美が12秒97で優勝! 日本人4人目の12秒台に「ようやく形になってきました」/織田記念

日本人4人目の12秒台となる12秒97で優勝した田中佑美

◇第57回織田幹雄記念(4月29日/広島・エディオンスタジアム広島)

日本グランプリシリーズG1の織田記念が行われ、女子100mハードルで社会人3年目の田中佑美(富士通)が日本人4人目の12秒台となる12秒97(+0.6)をマークし初V。

広告の下にコンテンツが続きます

青木益未(七十七銀行)、福部真子(日本建設工業)の新旧日本記録保持者を抑え、立命大4年時の日本インカレ以来となる全国タイトルを手にした。

高校時代はインターハイを連覇し、将来を期待されたハードラーがようやく本格化。「これまではレース中も自分の走りに集中できないことが多かったですが、今日は、最後まで自分のペースでいけたことが大きいですね」。活況を呈するハードル界にまたひとり有望株が加わった瞬間だった。

ようやくの大台突入に笑顔を見せた田中。しかし、これまでのように感情を爆発させるわけでもなく、淡々とインタビューの応える姿にメンタル面の成長を感じた。

冬季にヨーロッパの室内大会を転戦。さらに練習拠点を置く筑波大にフランスからの留学生が来ており、「海外勢と接する機会が多くなり、あまり周りを気にしなくなったことで、普段から自分の走りに集中できるようになった」と好調の要因を口にする。

広告の下にコンテンツが続きます

この日も予選から福部に先行を許したものの13秒07(+0.6)と落ち着いた走りで自己ベストを0秒05更新。決勝でも、「いつも決勝では記録が伸びるので、スタートで遅れても自分の走りに集中しました」と、先行する福部、青木を後半で逆転。「並ばれて少し焦りが出てしまった」という青木を0秒01抑え頂点に立った。

反り腰でスタートと後半に身体が浮いてしまうことが多かったが、「今日はスタートから骨盤を意識し、しっかり身体をコントロールできた。社会人になってから取り組んできたことがようやく形になってきました」と技術面の課題もクリアし、目標のひとつだった13秒の壁は突破した。

しかし、それも通過点に過ぎない。「タイムが向上すればするだけ、そこから伸ばしていくのは難しくなります。今回も最後はハードルが迫ってくる感覚がありました。福部さんの12秒73はまだ想像もつかないレベル。もっと頑張らないといけないと改めて感じました」と浮かれることなく、その先を見つめる。

次走は、地元大阪での木南記念となる。「そこで少しずつでもベストを更新したい」。焦らず、1歩1歩階段を上っていく心構えだ。

広告の下にコンテンツが続きます

文/花木 雫

◇第57回織田幹雄記念(4月29日/広島・エディオンスタジアム広島) 日本グランプリシリーズG1の織田記念が行われ、女子100mハードルで社会人3年目の田中佑美(富士通)が日本人4人目の12秒台となる12秒97(+0.6)をマークし初V。 青木益未(七十七銀行)、福部真子(日本建設工業)の新旧日本記録保持者を抑え、立命大4年時の日本インカレ以来となる全国タイトルを手にした。 高校時代はインターハイを連覇し、将来を期待されたハードラーがようやく本格化。「これまではレース中も自分の走りに集中できないことが多かったですが、今日は、最後まで自分のペースでいけたことが大きいですね」。活況を呈するハードル界にまたひとり有望株が加わった瞬間だった。 ようやくの大台突入に笑顔を見せた田中。しかし、これまでのように感情を爆発させるわけでもなく、淡々とインタビューの応える姿にメンタル面の成長を感じた。 冬季にヨーロッパの室内大会を転戦。さらに練習拠点を置く筑波大にフランスからの留学生が来ており、「海外勢と接する機会が多くなり、あまり周りを気にしなくなったことで、普段から自分の走りに集中できるようになった」と好調の要因を口にする。 この日も予選から福部に先行を許したものの13秒07(+0.6)と落ち着いた走りで自己ベストを0秒05更新。決勝でも、「いつも決勝では記録が伸びるので、スタートで遅れても自分の走りに集中しました」と、先行する福部、青木を後半で逆転。「並ばれて少し焦りが出てしまった」という青木を0秒01抑え頂点に立った。 反り腰でスタートと後半に身体が浮いてしまうことが多かったが、「今日はスタートから骨盤を意識し、しっかり身体をコントロールできた。社会人になってから取り組んできたことがようやく形になってきました」と技術面の課題もクリアし、目標のひとつだった13秒の壁は突破した。 しかし、それも通過点に過ぎない。「タイムが向上すればするだけ、そこから伸ばしていくのは難しくなります。今回も最後はハードルが迫ってくる感覚がありました。福部さんの12秒73はまだ想像もつかないレベル。もっと頑張らないといけないと改めて感じました」と浮かれることなく、その先を見つめる。 次走は、地元大阪での木南記念となる。「そこで少しずつでもベストを更新したい」。焦らず、1歩1歩階段を上っていく心構えだ。 文/花木 雫

女子100mハードル日本歴代10傑をチェック!

12.73 1.1 福部 真子(日本建設工業)    2022. 9.25 12.86 -0.2 青木 益未(七十七銀行)     2022. 4.10 12.87 0.6 寺田明日香(ジャパンクリエイト) 2021. 6. 1 12.97 0.6 田中 佑美(富士通)       2023. 4.29 13.00 0.7 金沢イボンヌ(佐田建設)     2000. 7.16 13.00 1.5 鈴木 美帆(長谷川体育施設)   2021. 6. 6 13.02 1.4 池田久美子(スズキ)       2007. 4.29 13.02 -0.6 紫村 仁美(佐賀陸協)      2013. 6. 8 13.02 1.1 清山ちさと(いちご)       2022. 7. 9 13.03 -0.6 木村 文子(エディオン)     2013. 6. 8

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.17

メルボルン五輪女子円盤投金のフィコトバ・コノリー氏が死去 バスケ選手としても活躍

1956年メルボルン五輪女子円盤投金メダルのO.フィコトバ・コノリー氏(チェコスロバキア→米国)が4月12日に亡くなったことを欧州陸連が発表した。91歳だった。 フィコトバ・コノリー氏はメルボルン五輪を五輪新の53m69 […]

NEWS パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

2024.04.17

パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

今夏のパリ五輪・パラリンピックで日本選手団が着用する公式スポーツウエアが4月17日に公開された。 メーカーはアシックス。ジャケットは赤を基調に、パリの日の出をイメージしたデザインがあしらわれている。寒暖差が予想されるため […]

NEWS 男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

2024.04.17

男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

4月15日、伝統の第128回ボストンマラソンが米国で開催され、男子はS.レンマ(エチオピア)が2時間6分17秒で、女子はロンドン・ドーハ世界選手権5000m金メダルのH.オビリ(ケニア)が2時間22分37秒で優勝した。 […]

NEWS やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

2024.04.16

やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

男子やり投のディーン元気(ミズノ)が、4月16日に行われたプロ野球の中日対ヤクルトの始球式を行った。 背番号は88で、「87m60(の日本記録)を超えたい」という思いを込めたという。ディーンはワンバウンドながら球速139 […]

NEWS 静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

2024.04.16

静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

日本グランプリシリーズの第39回静岡国際陸上競技大会(5月3日/静岡・エコパスタジアム)のエントリーリストが4月15日に主催者から発表されている。 男子では200mに昨年のブダペスト世界選手権代表・鵜澤飛羽(筑波大)や飯 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top