HOME 国内、大学

2023.04.23

早大が短距離席巻!200m西裕大が20秒74の自己新で制す「悔いを残さないように」/学生個人
早大が短距離席巻!200m西裕大が20秒74の自己新で制す「悔いを残さないように」/学生個人

日本学生個人200mを制した西裕大(早大)

◇2023日本学生個人選手権(2023年4月21~23日/神奈川・レモンガススタジアム平塚)

ワールドユニバーシティゲームズの代表選考会を兼ねた日本学生個人選手権の3日目が行われ、男子200mは西裕大(早大)が20秒74(+1.9)の自己ベストで優勝した。前日には100mも井上直紀が10秒19(+1.7)でV。早大が男子スプリントを席巻した。

広告の下にコンテンツが続きます

「最高スピードを上げる意識で練習してきました」と西。そのスピードを生かしつつも得意の「後半を生かす」イメージで駆け抜けた。コーナーの抜けでしっかり先行。鵜澤飛羽(筑波大/20秒82)らを抑えてのタイトルに、「非常にうれしいです」と笑顔を見せる。

早大競走部だった父の影響で「幼少期から臙脂(えんじ)のにあこがれていました」。埼玉・栄東高時代は200mでインターハイ準決勝止まり。一浪を経て勉強で早大に進学した。

1年は浪人生活で、1年時はコロナ禍でほぼ練習ができず。だが、2年時の関東学生新人で20秒76をマークしてその才能を花開かせていた。インカレなどあと一歩でタイトルを逃してきた西にとってこれが初タイトル。しかし、「競技は大学までと決めています」と語る。

最上級生となり、「自分が引っ張る存在に」と言い、「ラストシーズンなので狙えるものはすべて狙いたい」と、ワールドユニバーシティゲームズ代表だけではなく、日本のトップに食い込む構え。そして一番の目標は秋の日本インカレ。「リレーで王座を奪還したいです」と強い思いがある。

広告の下にコンテンツが続きます

翌日には「就職活動の最終面接なんです」と笑いつつ、あこがれ続けた臙脂を背負うスプリンターとして「悔いを残さないようにしたいです」と力を込めた。

◇鵜澤は2位「本数を重ねればタイムが出る」

昨年の日本インカレ覇者・鵜澤飛羽(筑波大)は2位。予選、準決勝が「思ったよりも悪かった」とプラスで進出したが、「3本目でタイムを上げられるタイプ。それができたと思います」と振り返る。

昨年は20秒54まで記録を短縮。「ここ1、2ヵ月の動きは良い」と語り、「本数を重ねればタイムも出て、日本代表争いができると思っています」と見据えていた。

広告の下にコンテンツが続きます

ライブ配信は「あすリートチャンネル」の日本学生個人選手権特設ページ

◇2023日本学生個人選手権(2023年4月21~23日/神奈川・レモンガススタジアム平塚) ワールドユニバーシティゲームズの代表選考会を兼ねた日本学生個人選手権の3日目が行われ、男子200mは西裕大(早大)が20秒74(+1.9)の自己ベストで優勝した。前日には100mも井上直紀が10秒19(+1.7)でV。早大が男子スプリントを席巻した。 「最高スピードを上げる意識で練習してきました」と西。そのスピードを生かしつつも得意の「後半を生かす」イメージで駆け抜けた。コーナーの抜けでしっかり先行。鵜澤飛羽(筑波大/20秒82)らを抑えてのタイトルに、「非常にうれしいです」と笑顔を見せる。 早大競走部だった父の影響で「幼少期から臙脂(えんじ)のにあこがれていました」。埼玉・栄東高時代は200mでインターハイ準決勝止まり。一浪を経て勉強で早大に進学した。 1年は浪人生活で、1年時はコロナ禍でほぼ練習ができず。だが、2年時の関東学生新人で20秒76をマークしてその才能を花開かせていた。インカレなどあと一歩でタイトルを逃してきた西にとってこれが初タイトル。しかし、「競技は大学までと決めています」と語る。 最上級生となり、「自分が引っ張る存在に」と言い、「ラストシーズンなので狙えるものはすべて狙いたい」と、ワールドユニバーシティゲームズ代表だけではなく、日本のトップに食い込む構え。そして一番の目標は秋の日本インカレ。「リレーで王座を奪還したいです」と強い思いがある。 翌日には「就職活動の最終面接なんです」と笑いつつ、あこがれ続けた臙脂を背負うスプリンターとして「悔いを残さないようにしたいです」と力を込めた。 ◇鵜澤は2位「本数を重ねればタイムが出る」 昨年の日本インカレ覇者・鵜澤飛羽(筑波大)は2位。予選、準決勝が「思ったよりも悪かった」とプラスで進出したが、「3本目でタイムを上げられるタイプ。それができたと思います」と振り返る。 昨年は20秒54まで記録を短縮。「ここ1、2ヵ月の動きは良い」と語り、「本数を重ねればタイムも出て、日本代表争いができると思っています」と見据えていた。 ライブ配信は「あすリートチャンネル」の日本学生個人選手権特設ページ

【動画】今年で最後!悔いのない全力疾走!西裕大(早大) 男子200m

https://youtu.be/wsyhLuGxQmM

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.17

メルボルン五輪女子円盤投金のフィコトバ・コノリー氏が死去 バスケ選手としても活躍

1956年メルボルン五輪女子円盤投金メダルのO.フィコトバ・コノリー氏(チェコスロバキア→米国)が4月12日に亡くなったことを欧州陸連が発表した。91歳だった。 フィコトバ・コノリー氏はメルボルン五輪を五輪新の53m69 […]

NEWS パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

2024.04.17

パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

今夏のパリ五輪・パラリンピックで日本選手団が着用する公式スポーツウエアが4月17日に公開された。 メーカーはアシックス。ジャケットは赤を基調に、パリの日の出をイメージしたデザインがあしらわれている。寒暖差が予想されるため […]

NEWS 男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

2024.04.17

男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

4月15日、伝統の第128回ボストンマラソンが米国で開催され、男子はS.レンマ(エチオピア)が2時間6分17秒で、女子はロンドン・ドーハ世界選手権5000m金メダルのH.オビリ(ケニア)が2時間22分37秒で優勝した。 […]

NEWS やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

2024.04.16

やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

男子やり投のディーン元気(ミズノ)が、4月16日に行われたプロ野球の中日対ヤクルトの始球式を行った。 背番号は88で、「87m60(の日本記録)を超えたい」という思いを込めたという。ディーンはワンバウンドながら球速139 […]

NEWS 静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

2024.04.16

静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

日本グランプリシリーズの第39回静岡国際陸上競技大会(5月3日/静岡・エコパスタジアム)のエントリーリストが4月15日に主催者から発表されている。 男子では200mに昨年のブダペスト世界選手権代表・鵜澤飛羽(筑波大)や飯 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top