HOME 国内

2023.03.31

やり投・山内愛が長谷川体育施設を退社 日本選手権メダル2回、世界ユース、ユニバーシアード代表など活躍
やり投・山内愛が長谷川体育施設を退社 日本選手権メダル2回、世界ユース、ユニバーシアード代表など活躍

女子やり投の山内愛

女子やり投の山内愛が長谷川体育施設を3月31日付で退社することを発表した。

山内は1994年生まれの28歳。神奈川県出身で、秦野渋沢中で全中・砲丸投に優勝した。小田原城北工高時代にはやり投、砲丸投、円盤投と投てき3種目に挑戦。1年目にやり投で50m81をマークし、これは高1歴代最高記録として今も残る。高2で日本選手権6位入賞。世界ユース選手権の代表となり決勝進出(12位)を果たした。3年目のインターハイではやり投で2位に入り、砲丸投3位、円盤投4位と3種目入賞している。

広告の下にコンテンツが続きます

大阪成蹊大では瀧谷賢司監督、吉田恵美可コーチ(いずれも当時)のもとでさらに成長。日本インカレのタイトルには惜しくも届かなかったが、3年時には58m76(学生歴代10位)をマークし、アジア選手権やユニバーシアードの代表入りも果たした。

日本選手権では14年、19年と2回3位に入ってメダルを獲得。高校以降はタイトルになかなか届かなかったが、ケガに悩まされながらも高1から21年まで12年間50mオーバーというのも山内のポテンシャルの高さを表している。

近年、高校生では50mが当たり前の活況となったが、2010年に佐藤友佳(東大阪大敬愛高、現・ニコニコのり)が高校記録を樹立し、それを追いかけて「50m時代」の礎を築いたのが山内や、同世代の瀧川寛子(東大阪大敬愛高)や久世生宝(倉敷中央高、現・コンドーテック)、中島美穂(市尼崎高)、本岡那菜(薫英女学院高)だった。

その流れは、斉藤真理菜(土浦湖北高、現・スズキ)、梶原美波(薫英女学院高)、そして北口榛花(旭川東高、現・JAL)へとつながっていく。女子やり投のステージを一つ引き上げた世代の功労者の一人と言える。山内は自身のSNSで「将来のビジョンは立っていなくて、これからを考える時、年齢にきた」と綴り、今後の試合などは未定としているが「引退試合はしたいと今は思っています」とコメントしている。

広告の下にコンテンツが続きます
女子やり投の山内愛が長谷川体育施設を3月31日付で退社することを発表した。 山内は1994年生まれの28歳。神奈川県出身で、秦野渋沢中で全中・砲丸投に優勝した。小田原城北工高時代にはやり投、砲丸投、円盤投と投てき3種目に挑戦。1年目にやり投で50m81をマークし、これは高1歴代最高記録として今も残る。高2で日本選手権6位入賞。世界ユース選手権の代表となり決勝進出(12位)を果たした。3年目のインターハイではやり投で2位に入り、砲丸投3位、円盤投4位と3種目入賞している。 大阪成蹊大では瀧谷賢司監督、吉田恵美可コーチ(いずれも当時)のもとでさらに成長。日本インカレのタイトルには惜しくも届かなかったが、3年時には58m76(学生歴代10位)をマークし、アジア選手権やユニバーシアードの代表入りも果たした。 日本選手権では14年、19年と2回3位に入ってメダルを獲得。高校以降はタイトルになかなか届かなかったが、ケガに悩まされながらも高1から21年まで12年間50mオーバーというのも山内のポテンシャルの高さを表している。 近年、高校生では50mが当たり前の活況となったが、2010年に佐藤友佳(東大阪大敬愛高、現・ニコニコのり)が高校記録を樹立し、それを追いかけて「50m時代」の礎を築いたのが山内や、同世代の瀧川寛子(東大阪大敬愛高)や久世生宝(倉敷中央高、現・コンドーテック)、中島美穂(市尼崎高)、本岡那菜(薫英女学院高)だった。 その流れは、斉藤真理菜(土浦湖北高、現・スズキ)、梶原美波(薫英女学院高)、そして北口榛花(旭川東高、現・JAL)へとつながっていく。女子やり投のステージを一つ引き上げた世代の功労者の一人と言える。山内は自身のSNSで「将来のビジョンは立っていなくて、これからを考える時、年齢にきた」と綴り、今後の試合などは未定としているが「引退試合はしたいと今は思っています」とコメントしている。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.14

大迫傑 GMOインターネットGとの契約は8月末で満了「スケジュール考慮」し継続せず

ボストンマラソンに出場する大迫傑(Nike)が自身のSNSを更新し、GMOインターネットグループとのパートナーシップ契約をを更新しないことを明かした。 大迫は22年秋に同チームとパートナーシップ契約を締結し、チームに参画 […]

NEWS サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

2024.04.14

サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

トム・ジョーンズ招待が米国・フロリダ州で行われ、男子100mにサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が出場。10秒04(+1.7)をマークした。 昨年のブダペスト世界選手権で100m、200mを制しているノア・ライルズ […]

NEWS 【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

2024.04.14

【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

4月13日、第1回宮崎県記録会の1日目が宮崎市の宮崎県総合運動公園競技場で行われ、男子110mハードルで高校1年生の髙城昊紀(宮崎西高)が14秒32(+0.8)をマークした。この記録は高1歴代3位タイとなる。 髙城は昨年 […]

NEWS 五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

2024.04.14

五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mにパリ五輪マラソン代表の赤﨑暁(九電工)が出場し、13分30秒62と自己3番 […]

NEWS 学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top