HOME 国内

2023.02.27

20年福岡国際3位の寺田夏生が現役引退 國學院大時代の箱根10区でコース間違えるも抜き返して初シードに導く

寺田夏生(写真は2020年福岡国際)


2020年の福岡国際マラソン3位の実績を持つ寺田夏生(JR東日本)が2月26日、自身のSNSを通じて現役引退を明らかにした。

広告の下にコンテンツが続きます

寺田は長崎県出身の31歳。諫早高から國學院大に進んだ。箱根駅伝には4年連続で出場したが、最も注目を集めたのは1年時の2011年。当日変更で入った10区で、11位でタスキをもらうと前に追いつき、4チームによる8位グループを形成して終盤へ。だが、寺田は大手町フィニッシュまで残り120mほどで、コースを逸れて右折した中継車に誤ってついてしまった。シード圏外の11位に下がったが、すぐにコースへ戻って1チームを抜いて10位で入線。國學院大は初のシード権を獲得した。

その後の箱根で寺田はチームの主軸として2年時に5区、3年時と4年時は2年連続で2区を務めた。実業団1年目の2014年甲佐10マイルでは優勝。マラソンでも実績を残し、2019年の福岡国際で4位に入ると、翌年の大会では2時間8分03秒の自己ベストをマークして3位に食い込んだ。

以後もトラックやマラソンに出場したが、2月26日の大阪マラソンで現役引退を決断。ラストレースは2時間27分07秒で126位だった。自己記録は5000m13分51秒28(2015年)、10000m28分47秒50(2014年)、マラソン2時間8分03秒(2020年)。

寺田はSNSで「今までたくさんの応援ありがとうございました!皆様の温かい応援に勇気づけられてここまで走ることができました!自分の歩んできた陸上人生は間違っていませんでした!」などとつづっている。

広告の下にコンテンツが続きます

次のページ 引退を報告する寺田のSNSと2011年箱根駅伝10区のシーン

[caption id="attachment_94434" align="alignnone" width="800"] 寺田夏生(写真は2020年福岡国際)[/caption] 2020年の福岡国際マラソン3位の実績を持つ寺田夏生(JR東日本)が2月26日、自身のSNSを通じて現役引退を明らかにした。 寺田は長崎県出身の31歳。諫早高から國學院大に進んだ。箱根駅伝には4年連続で出場したが、最も注目を集めたのは1年時の2011年。当日変更で入った10区で、11位でタスキをもらうと前に追いつき、4チームによる8位グループを形成して終盤へ。だが、寺田は大手町フィニッシュまで残り120mほどで、コースを逸れて右折した中継車に誤ってついてしまった。シード圏外の11位に下がったが、すぐにコースへ戻って1チームを抜いて10位で入線。國學院大は初のシード権を獲得した。 その後の箱根で寺田はチームの主軸として2年時に5区、3年時と4年時は2年連続で2区を務めた。実業団1年目の2014年甲佐10マイルでは優勝。マラソンでも実績を残し、2019年の福岡国際で4位に入ると、翌年の大会では2時間8分03秒の自己ベストをマークして3位に食い込んだ。 以後もトラックやマラソンに出場したが、2月26日の大阪マラソンで現役引退を決断。ラストレースは2時間27分07秒で126位だった。自己記録は5000m13分51秒28(2015年)、10000m28分47秒50(2014年)、マラソン2時間8分03秒(2020年)。 寺田はSNSで「今までたくさんの応援ありがとうございました!皆様の温かい応援に勇気づけられてここまで走ることができました!自分の歩んできた陸上人生は間違っていませんでした!」などとつづっている。 次のページ 引退を報告する寺田のSNSと2011年箱根駅伝10区のシーン
[caption id="attachment_94435" align="alignnone" width="800"] 2011年箱根駅伝10区。コースを間違えて11位に下がった國學院大・寺田夏生(左)だが、ここから城西大を抜いてチーム初シードに導く[/caption]

引退を報告する寺田のSNS

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.19

和田遼がDL廈門・男子100mに出場決定! オレゴン金のカーリー、先輩の桐生祥秀らと対決

4月19日、ダイヤモンドリーグ(DL)の主催者は20日に行われる第1戦廈門大会のスタートリストを発表し、男子100mに和田遼(ミキハウス)が新たにエントリーされたことが明らかとなった。 和田は東洋大卒の23歳。京都・洛南 […]

NEWS 北京ハーフマラソンで優勝した何傑を含む上位4人の成績を取り消し アフリカ選手がフィニッシュ前に順位譲り国際的な問題に

2024.04.19

北京ハーフマラソンで優勝した何傑を含む上位4人の成績を取り消し アフリカ選手がフィニッシュ前に順位譲り国際的な問題に

4月19日、北京ハーフマラソン組織委員会は、14日のレースで優勝した何傑(中国)を含む、上位4人の成績を取り消すことを発表した。 このレースでは何が1時間3分44秒で優勝を飾ったが、フィニッシュ寸前で先導していたケニアの […]

NEWS 編集部コラム「新年度スタート」

2024.04.19

編集部コラム「新年度スタート」

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 広告の下にコンテンツが続きます 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り […]

NEWS 十種競技・右代啓祐が7164点 06年から続く7000点超えを“19年連続”に伸ばす/マウントサックリレー

2024.04.19

十種競技・右代啓祐が7164点 06年から続く7000点超えを“19年連続”に伸ばす/マウントサックリレー

4月17日、18日の両日、米国カリフォルニア州ウォルナットで第64回マウントサックリレーの1日目、2日目が行われ、男子十種競技に出場した右代啓祐(国士舘クラブ)が7164点で14位に入った。 8308点の日本記録を持つ右 […]

NEWS 大学駅伝新年度開幕!青学大に折田壮太ら13分台6人 駒大に期待の桑田駿介 3000m障害高校新の永原颯磨は順大

2024.04.19

大学駅伝新年度開幕!青学大に折田壮太ら13分台6人 駒大に期待の桑田駿介 3000m障害高校新の永原颯磨は順大

第101回箱根駅伝に向けた新たなシーズンが開幕した。今年も各地から有力な高校生が数多く関東の大学に進学。注目の世代最強ランナーや高校記録保持者など、各校の新戦力を確認していく。 今年1月の第100回大会で駒大の2年連続学 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top