HOME PR
PR

2023.02.18

日本マラソン界のレジェンド・瀬古利彦氏が勧める〝新時代のトレーニング〟 注目を浴びる日本発の新メソッド


〝ハイブリッドランニング〟を「効率的に体幹トレーニングができる」と太鼓判を押す瀬古利彦氏

厚底シューズの登場でマラソンシーンは激変。トレー ニングも変わりつつある。そのなかで日本発と言える 〝新メソッド〟が登場した。「SIXPAD Powersuit Core Belt」(シックスパッド パワースーツ コアベルト/以 下、パワースーツ コアベルト)の活用をベースに開発 された「SIXPADランニングメソッド」だ。日本マラソン界のレジェンド・瀬古利彦氏も、そのポテンシャルを 実感。「新時代のトレーニングになる」と絶賛している。

ランニングは体幹が重要

シューズの進化もあり、近年の長距離種目は記録水準が大幅にアップした。同時に、股関節まわりのケガや故障が増えている。ランニングシーンが急激な変化を遂げているなか、日本ランニング協会は新たな練習 方法を模索していた。そして、たどりついたのがパワースーツ コアベルトを活用したトレーニングだ。

EMS(筋電気刺激)を搭載したパワースーツ コアベルトはお腹まわりを鍛えるギアとして人気を集めていた。それだけでなく、腹直筋、腹斜筋、広背筋(下部)、 脊柱起立筋(下部)を同時に刺激できるため、日本ランニング協会はトレーニング時に使用することを提唱。それが〝ハイブリッドランニング〟をベースとした「SIXPAD ランニングメソッド」の誕生につながった。

「SIXPAD Powersuit Core Belt」を装着した〝ハイブリッドランニング〟は、体幹部に意識を置きながら走ることで効率的な体幹トレーニングが期待できる

日本ランニング協会応援団長の瀬古利彦氏(DeNAアスレティックスエリートアドバイザー)も新時代のトレーニングに興味津々。「ケニア人選手に教えたら、彼らはもっと強くなってしまうから教えたくないですね」と言うほど可能性を感じている。

「ランニングは体幹が大切で、体幹を鍛えるとフォームが良くなるんですよ。特にマ ラソンの場合は2時間以上も走ります。きつくなってくるとフォームが崩れてくる。左右にぶれたり、上下動が大きくなり、前 傾・後傾の癖も出やすく、それがケガにつながるんです。でも、体幹がしっかりして いるとフォームが安定してくる。マラソン は脚の次に体幹が大事だと思っています」


1970年代後半から1980年代にかけて福岡、東京、びわ湖、ボストン、ロンドン、シカゴなど国内外のマラソンビッグレースで大活躍し、15戦10勝を誇ったマラソン界のレジェンドも実際にパワースーツ コアベルトを体感。その威力に驚いたという。

「私は歩いているときに使っていますが、3日間やっただけでも(腹筋や背筋が)鍛えられている実感がある。ということは、それだけ体幹が鍛えられている証拠。装着すると電気刺激が伝わって気持ち良いんだけど、実は鍛えられているんですね。本当に効率良く体幹を鍛えることができるという感じがします」

[caption id="attachment_93227" align="alignnone" width="800"]
〝ハイブリッドランニング〟を「効率的に体幹トレーニングができる」と太鼓判を押す瀬古利彦氏[/caption] 厚底シューズの登場でマラソンシーンは激変。トレー ニングも変わりつつある。そのなかで日本発と言える 〝新メソッド〟が登場した。「SIXPAD Powersuit Core Belt」(シックスパッド パワースーツ コアベルト/以 下、パワースーツ コアベルト)の活用をベースに開発 された「SIXPADランニングメソッド」だ。日本マラソン界のレジェンド・瀬古利彦氏も、そのポテンシャルを 実感。「新時代のトレーニングになる」と絶賛している。

ランニングは体幹が重要

シューズの進化もあり、近年の長距離種目は記録水準が大幅にアップした。同時に、股関節まわりのケガや故障が増えている。ランニングシーンが急激な変化を遂げているなか、日本ランニング協会は新たな練習 方法を模索していた。そして、たどりついたのがパワースーツ コアベルトを活用したトレーニングだ。 EMS(筋電気刺激)を搭載したパワースーツ コアベルトはお腹まわりを鍛えるギアとして人気を集めていた。それだけでなく、腹直筋、腹斜筋、広背筋(下部)、 脊柱起立筋(下部)を同時に刺激できるため、日本ランニング協会はトレーニング時に使用することを提唱。それが〝ハイブリッドランニング〟をベースとした「SIXPAD ランニングメソッド」の誕生につながった。 [caption id="attachment_93228" align="alignnone" width="800"] 「SIXPAD Powersuit Core Belt」を装着した〝ハイブリッドランニング〟は、体幹部に意識を置きながら走ることで効率的な体幹トレーニングが期待できる[/caption] 日本ランニング協会応援団長の瀬古利彦氏(DeNAアスレティックスエリートアドバイザー)も新時代のトレーニングに興味津々。「ケニア人選手に教えたら、彼らはもっと強くなってしまうから教えたくないですね」と言うほど可能性を感じている。 「ランニングは体幹が大切で、体幹を鍛えるとフォームが良くなるんですよ。特にマ ラソンの場合は2時間以上も走ります。きつくなってくるとフォームが崩れてくる。左右にぶれたり、上下動が大きくなり、前 傾・後傾の癖も出やすく、それがケガにつながるんです。でも、体幹がしっかりして いるとフォームが安定してくる。マラソン は脚の次に体幹が大事だと思っています」 1970年代後半から1980年代にかけて福岡、東京、びわ湖、ボストン、ロンドン、シカゴなど国内外のマラソンビッグレースで大活躍し、15戦10勝を誇ったマラソン界のレジェンドも実際にパワースーツ コアベルトを体感。その威力に驚いたという。 「私は歩いているときに使っていますが、3日間やっただけでも(腹筋や背筋が)鍛えられている実感がある。ということは、それだけ体幹が鍛えられている証拠。装着すると電気刺激が伝わって気持ち良いんだけど、実は鍛えられているんですね。本当に効率良く体幹を鍛えることができるという感じがします」

厚底シューズ対策に効果

5年ほど前までトップ選手は薄底シューズが中心だったが、近年は反発力のあるカーボンプレートが搭載された厚底シュー ズが席巻している。シューズが進化したことで、ランナーたちのフォームも変化。フォアフット(つま先)で走る選手が増えてい るのだ。瀬古氏もシューズの性能を引き出す走り方をするために体幹を強化すべきだという考えを持っている。 「トップ選手やシリアスランナーの間で厚底シューズが当たり前になりました。昔はかかとから接地してつま先で蹴る走り方が主流でしたが、かかとをほとんど着かずにつま先部分で走る方が厚底シューズの効果を得られやすい。シューズが進化した分、それに対応できるフィジカルが重要になってきます。私たちの時代は腹筋、背筋、腕 立て、鉄棒で懸垂するぐらいの補強はしていましたが、今の時代はそれだけでは足りません」 近年は専門のトレーナーに指導を受けているチームも増えているが、パワースーツ コアベルトを活用すれば誰でも手軽に体幹を鍛えることができる。さらに「SIXPADランニングメソッド」は、フィジカルトレーニングにおいて重要な「継続」するためのさまざまな障害の壁を乗り越えさせてくれる画期的なメソッド。使用方法がシンプルなため、安定してパフォーマンス向上を目指すことができる。 SIXPADランニングメソッド特設ページ 「カーボンプレート入り厚底シューズを使いこなすためには足腰の筋肉をしっかり鍛えないといけません。体幹を鍛えるとフォームが良くなりますが、反対に体幹が弱いと、フォームが崩れて故障のリスクが高くなる。だから体幹を強化することは故障の防止にもつながり、それによって質の 高いトレーニングが継続してできるようになるんです」 走りながら体幹を鍛えて、正しいフォー ムを習得していく。そして、故障も予防する。日本発の新メソッドを導入すれば、誰 もがさらに速く走れるはずだ。 「SIXPAD Powersuit Core Belt」MTG公式オンラインショップ

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

NEWS 「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

2024.04.13

「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mでは10000m日本記録保持者の塩尻和也(富士通)が13分24分57秒で日本 […]

NEWS パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

2024.04.13

パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、パリ五輪女子マラソン代表の鈴木優花(第一生命グループ)が10000mに出場し、33分21秒 […]

NEWS 社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

2024.04.13

社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子1500mではブダペスト世界選手権3000m障害6位の三浦龍司(SUBARU)が3分3 […]

NEWS 田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

2024.04.13

田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、女子1500mはツカラ・エスタ・ムソニ(ニトリ)が4分06秒54の大会新記録で優勝。日本人 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top