HOME 駅伝

2023.02.06

中央発條主将の原嶋渓が現役引退 駒大OB、ラストレースで自己新「全てのチームが最高で一生の自慢」
中央発條主将の原嶋渓が現役引退 駒大OB、ラストレースで自己新「全てのチームが最高で一生の自慢」

引退を表明した原嶋渓(23年ニューイヤー駅伝)

中央発條の主将を務めた原嶋渓が現役を引退した。

愛知・刈谷高から駒大を経て2020年から中央発條へ。高校3年時には3000m障害でインターハイに出場。駒大時代には1年時に関東インカレ(2部)に出場した。主要駅伝大会への出走はなかったが、3年時(19年)の箱根駅伝ではエントリーメンバーに名を連ねた。

広告の下にコンテンツが続きます

卒業後はマラソンに挑戦。21年に5000mでも14分13秒33まで記録を短縮するなど地道に成長を遂げた。引退レースとなった2月5日の別府大分毎日マラソンでは2時間18分20秒の自己新で25位だった。

原嶋は所属先のSNSで「選手として誇れる成績は残せませんでしたが、高校・大学・実業団と全てのチームが最高で、僕の一生の自慢です!僕に関わってくださった全ての皆さん、本当にありがとうございました!」と感謝の思いを綴った。

次は 原嶋のSNSでの引退コメント

中央発條の主将を務めた原嶋渓が現役を引退した。 愛知・刈谷高から駒大を経て2020年から中央発條へ。高校3年時には3000m障害でインターハイに出場。駒大時代には1年時に関東インカレ(2部)に出場した。主要駅伝大会への出走はなかったが、3年時(19年)の箱根駅伝ではエントリーメンバーに名を連ねた。 卒業後はマラソンに挑戦。21年に5000mでも14分13秒33まで記録を短縮するなど地道に成長を遂げた。引退レースとなった2月5日の別府大分毎日マラソンでは2時間18分20秒の自己新で25位だった。 原嶋は所属先のSNSで「選手として誇れる成績は残せませんでしたが、高校・大学・実業団と全てのチームが最高で、僕の一生の自慢です!僕に関わってくださった全ての皆さん、本当にありがとうございました!」と感謝の思いを綴った。 次は 原嶋のSNSでの引退コメント

原嶋のSNSでの引退コメント

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.14

大迫傑 GMOインターネットGとの契約は8月末で満了「スケジュール考慮」し継続せず

ボストンマラソンに出場する大迫傑(Nike)が自身のSNSを更新し、GMOインターネットグループとのパートナーシップ契約をを更新しないことを明かした。 大迫は22年秋に同チームとパートナーシップ契約を締結し、チームに参画 […]

NEWS サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

2024.04.14

サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

トム・ジョーンズ招待が米国・フロリダ州で行われ、男子100mにサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が出場。10秒04(+1.7)をマークした。 昨年のブダペスト世界選手権で100m、200mを制しているノア・ライルズ […]

NEWS 【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

2024.04.14

【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

4月13日、第1回宮崎県記録会の1日目が宮崎市の宮崎県総合運動公園競技場で行われ、男子110mハードルで高校1年生の髙城昊紀(宮崎西高)が14秒32(+0.8)をマークした。この記録は高1歴代3位タイとなる。 髙城は昨年 […]

NEWS 五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

2024.04.14

五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mにパリ五輪マラソン代表の赤﨑暁(九電工)が出場し、13分30秒62と自己3番 […]

NEWS 学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top