HOME 国内

2023.02.05

市山翼が日本人トップの2時間7分44秒で3位 横田俊吾が20年ぶり学生新の2時間7分47秒/別大マラソン
市山翼が日本人トップの2時間7分44秒で3位 横田俊吾が20年ぶり学生新の2時間7分47秒/別大マラソン

22年東日本実業団駅伝での市山

第71回別府大分毎日マラソン 上位成績

1位 I.ハッサン(ジブチ)      2.06.43=大会新
2位 D.キプチュンバ(ケニア)    2.06.48=大会新
3位 市山 翼(小森コーポレーション)2.07.44=大会新
4位 横田俊吾(青学大)       2.07.47=日本学生新、大会タイ
5位 聞谷賢人(トヨタ紡織)     2.07.53
6位 木村 慎(Honda)        2.07.55
7位 小山 司(SUBARU)        2.08.00
8位 丸山竜也(トヨタ自動車)    2.08.26
9位 安井雄一(トヨタ自動車)    2.08.48
10位 作田直也(JR東日本)      2.09.06

男子マラソン学生歴代10傑

2.07.47 横田 俊吾(青学大4+)   2023. 2. 5★
2.08.12 藤原 正和(中大4+)    2003. 3. 2
2.08.30 吉田 祐也(青学大4+)   2020. 2. 2
2.09.41 S.カリウキ(日本薬科大4+) 2019. 3. 3
2.09.50 佐藤 敦之(早大3+)    2000. 3. 5
2.09.50 土方 英和(國學院大4+)  2020. 3. 1
2.10.02 出岐 雄大(青学大3+)   2012. 3. 4
2.10.07 藤田 敦史(駒大4+)    1999. 3. 7
2.10.12 瀬古 利彦(早大4)     1979. 4.16
2.10.21 鈴木 健吾(神奈川大4+)  2018. 2.25
2.10.21 堀尾 謙介(中大4+)    2019. 3. 3

広告の下にコンテンツが続きます
◇第71回別府大分毎日マラソン(2月5日/大分・うみたまごスタート、ジェイリーススタジアムフィニッシュ) 海外招待のイブラヒム・ハッサン(ジブチ)が大会新記録の2時間6分43秒で初優勝。市山翼(小森コーポレーション)が2時間7分47秒で日本人トップの3位だった。4位には横田俊吾(青学大)が2時間7分47秒で入り、2003年に藤原正和(中大/中大・駅伝監督)がマークした学生記録2時間8分12秒を20年ぶりに更新した。 レースはペースメーカーが先導するかたちで1km3分ペースで展開。30km(1時間30分13秒)通過後、ペースメーカーが外れて一気にレースが動いた。ハッサンとダニエル・キプチュンバ(ケニア)がペースアップ。35km手前でハッサンが独走した。 日本人トップは40kmを過ぎでも木村慎(Honda)、市山(小森コーポレーション)、聞谷賢人(トヨタ紡織)が先頭争い。やや離れて横田が追いかけた。勝負は最後までもつれ込み、先着したのは市山。さらに横田が木村、聞谷をかわして食い込む快走を見せた。 市山は埼玉県出身の26歳で、大宮東高から中央学院大を経て実業団4年目。自己ベストは21年びわ湖毎日でマークした2時間7分41秒。 次は 別大マラソン上位成績

第71回別府大分毎日マラソン 上位成績

1位 I.ハッサン(ジブチ)      2.06.43=大会新 2位 D.キプチュンバ(ケニア)    2.06.48=大会新 3位 市山 翼(小森コーポレーション)2.07.44=大会新 4位 横田俊吾(青学大)       2.07.47=日本学生新、大会タイ 5位 聞谷賢人(トヨタ紡織)     2.07.53 6位 木村 慎(Honda)        2.07.55 7位 小山 司(SUBARU)        2.08.00 8位 丸山竜也(トヨタ自動車)    2.08.26 9位 安井雄一(トヨタ自動車)    2.08.48 10位 作田直也(JR東日本)      2.09.06

男子マラソン学生歴代10傑

2.07.47 横田 俊吾(青学大4+)   2023. 2. 5★ 2.08.12 藤原 正和(中大4+)    2003. 3. 2 2.08.30 吉田 祐也(青学大4+)   2020. 2. 2 2.09.41 S.カリウキ(日本薬科大4+) 2019. 3. 3 2.09.50 佐藤 敦之(早大3+)    2000. 3. 5 2.09.50 土方 英和(國學院大4+)  2020. 3. 1 2.10.02 出岐 雄大(青学大3+)   2012. 3. 4 2.10.07 藤田 敦史(駒大4+)    1999. 3. 7 2.10.12 瀬古 利彦(早大4)     1979. 4.16 2.10.21 鈴木 健吾(神奈川大4+)  2018. 2.25 2.10.21 堀尾 謙介(中大4+)    2019. 3. 3

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.24

木南記念・男子100mに坂井隆一郎、女子走幅跳に秦澄美鈴! 女子100mHは寺田明日香と田中佑美が出場

大阪陸協は4月24日、5月12日に開催される第11回木南記念(ヤンマースタジアム長居・ヤンマーフィールド長居)の主な出場選手4人を発表した。 男子100mで昨年の日本選手権で優勝を飾り、ブダペスト世界選手権に出場した坂井 […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

2024.04.24

【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

「自分だけが落ち込んでいるわけにはいかなかった」 箱根以降、近田は自分を見つめ直した。自覚した弱さ、大舞台で力を発揮する選手との違い。「今やらなければならないことは何か」。 まずは走行距離を伸ばした。ポイント練習も、ジョ […]

NEWS セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

2024.04.24

セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

男子5000mの出場選手をチェック! (○は既に発表済み) キエラン・トゥンティワテ(タイ) ○佐藤圭汰(駒大) ○遠藤日向(住友電工) キプロノ・シトニク(黒崎播磨) ○塩尻和也(富士通) マシュー・ラムズデン(オース […]

NEWS 新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

2024.04.24

新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

新潟アルビレックスランニングクラブは4月24日、地元(新潟市)に本社を置くサトウ食品とクラブ初のネーミングライツパートナー契約を締結したことを発表した。契約は3年としている。 同市内で行われた記者会見にはサトウ食品の佐藤 […]

NEWS 世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

2024.04.24

世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

バハマ・ナッソーで開催される世界リレー大会(5月4、5日)のエントリーリストが4月23日に発表された。 4×100mリレーは男子32チーム、女子30チームがエントリー。4×400mリレーは男子32チーム、女子27チーム、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top