HOME 国内

2023.02.04

青木益未60mHで8秒11自身の日本記録に届かず「物足りない」冬季はケガなく順調/日本選手権室内
青木益未60mHで8秒11自身の日本記録に届かず「物足りない」冬季はケガなく順調/日本選手権室内

2023年日本選手権室内女子60mHを制した青木益未

◇日本選手権・室内競技(2月4、5日/大阪城ホール)

第106回日本選手権・室内競技の初日が2月4日に行われ、女子60mハードルにこの記録の日本記録(8秒05)を持つ青木益未(七十七銀行)が出場した。

広告の下にコンテンツが続きます

予選はやや重さがありつつも8秒16でトップ通過。決勝は8秒11とタイムを短縮して優勝したものの、「寺田(明日香)選手や福部(真子)選手がいない中で勝つのは前提として、7秒台で走りたかったです」と悔しがった。

昨年は100mハードルで4月に12秒86の日本新を樹立。しかし、その後はアキレス腱痛に悩まされた。オレゴン世界選手権で準決勝に進出したものの、9月の全日本実業団対抗選手権では、目の前で福部が12秒73という日本記録を樹立。「3週間オフを取ったのですが、シーズン最後のレースに大差負けをして、悔しくてゆっくり休めませんでした」とモヤモヤが募った。

その霧は完全には晴れないが、「去年のレースを全部見て、自分の強みであるスピードを生かす」と原点を確認。加えて、「課題だったハードル技術を克服するためにハードルドリルを多めに取り入れてきました」。まだ「あまり変わりはなかったかも」と言うものの「いつもより1ヵ月ほど早いレースで、調整をしていないにしてはまずまず」と青木。冬季は「ケガなく練習できました」と言い、「今仕上げたらシーズンで“カラカラ”になるので」とはやる気持ちを抑える。

アジア室内(カザフスタン)のため2日後に離日。帰国後は「もう一度、冬季を積むつもりで」トレーニングして、屋外シーズンインへ向かっていく。「まずは参加標準記録(12秒78)を切りたい」とブダペスト世界選手権の出場権をつかみにいく。「3週間のオフが1年に1回の楽しみなので、今年は気持ちよく休めるようなシーズンにします」と笑った。

広告の下にコンテンツが続きます
◇日本選手権・室内競技(2月4、5日/大阪城ホール) 第106回日本選手権・室内競技の初日が2月4日に行われ、女子60mハードルにこの記録の日本記録(8秒05)を持つ青木益未(七十七銀行)が出場した。 予選はやや重さがありつつも8秒16でトップ通過。決勝は8秒11とタイムを短縮して優勝したものの、「寺田(明日香)選手や福部(真子)選手がいない中で勝つのは前提として、7秒台で走りたかったです」と悔しがった。 昨年は100mハードルで4月に12秒86の日本新を樹立。しかし、その後はアキレス腱痛に悩まされた。オレゴン世界選手権で準決勝に進出したものの、9月の全日本実業団対抗選手権では、目の前で福部が12秒73という日本記録を樹立。「3週間オフを取ったのですが、シーズン最後のレースに大差負けをして、悔しくてゆっくり休めませんでした」とモヤモヤが募った。 その霧は完全には晴れないが、「去年のレースを全部見て、自分の強みであるスピードを生かす」と原点を確認。加えて、「課題だったハードル技術を克服するためにハードルドリルを多めに取り入れてきました」。まだ「あまり変わりはなかったかも」と言うものの「いつもより1ヵ月ほど早いレースで、調整をしていないにしてはまずまず」と青木。冬季は「ケガなく練習できました」と言い、「今仕上げたらシーズンで“カラカラ”になるので」とはやる気持ちを抑える。 アジア室内(カザフスタン)のため2日後に離日。帰国後は「もう一度、冬季を積むつもりで」トレーニングして、屋外シーズンインへ向かっていく。「まずは参加標準記録(12秒78)を切りたい」とブダペスト世界選手権の出場権をつかみにいく。「3週間のオフが1年に1回の楽しみなので、今年は気持ちよく休めるようなシーズンにします」と笑った。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.22

JMCシリーズの順位修正 山下一貴が4位へ、西山、大迫の順位が下がる ブダペスト世界陸上9位のドーピング違反により

日本陸連はジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズⅢ(22年4月~24年3月)の順位に修正があったことを発表した。 昨年のブダペスト世界選手権で9位に入ったジョン・ハキジマナ(ルワンダ)のドーピング違反が11 […]

NEWS ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

2024.04.22

ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

昨年11月30日にアスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)が、男子マラソンでルワンダ記録を持つジョン・ハキジマナのドーピング違反(禁止物質:トリアムシノロンアセトニド陽性)により23年 […]

NEWS マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

2024.04.22

マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が開催され、新種目のマラソンリレーはイタリア2(F.フォルトゥナート、V.トラプレッティ)が2時間56分45秒で優勝した。 広告の下に […]

NEWS 堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

2024.04.22

堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

M&Aベストパートナーズは、堀尾謙介と所属契約を交わしたことを発表した。 東京五輪、パリ五輪の代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)に出場している堀尾。兵庫・須磨学園高出身で、中大時代には主力として活躍し […]

NEWS 17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

2024.04.22

17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

4月20日に米国で開催されたPURE招待で、17歳のC.ミラー(米国)が9秒93(+1.6)の今季世界最高、U20米国新、U20歴代3位の好記録で優勝した。従来の米国記録は、のちに世界選手権で銅メダルを獲得するT.ブロメ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top