HOME 国内

2023.02.04

高山峻野「この時期にしてはまずまず」の60mH7秒67でV今季も変わらず「自己ベスト」狙う/日本選手権室内
高山峻野「この時期にしてはまずまず」の60mH7秒67でV今季も変わらず「自己ベスト」狙う/日本選手権室内

2023年日本選手権室内の男子60mHを制した高山峻野

◇日本選手権・室内競技(2月4、5日/大阪城ホール)

第106回日本選手権・室内競技の初日が2月4日に行われ、男子60mハードルは高山峻野(ゼンリン)が7秒64で初優勝を飾った。

フィニッシュ後、小首をかしげた高山。速報タイマーが7秒80で止まったことによるものだったようで、3月に行われた前回(7秒67)と比較して「この時期にしてはまずまず」と振り返る。

予選こそ7秒85で河嶋亮太(旭油業)に0.01秒先着を許す2着。だが、決勝ではしっかりと修正して抜け出してみせた。「練習の延長として考えていて、前日にもウエイトトレーニングをして筋肉痛。その中で反応を見たかった」。ハードルについても2月中旬からの技術練習に向けた現状把握として捉えて臨んだという。

強化するポイントは「変わらない」と高山。まずは「ウエイトトレーニングと走り込みで上積みをする」。出力とスピードの最大値を上げて、走りに落とし込んでいく。

110mハードルで日本記録を出したのも4年前。2019年はドーハ世界選手権で決勝まであとわずかに迫るなど存在感を放った。しかし、コロナ禍を挟んで迎えた東京五輪イヤーからケガでなかなか万全とはいかない。昨年もオレゴン世界選手権代表を逃した。

しかし、その後は練習期間を積めたことで復活。8月の実業団・学生対抗では13秒10の自己新(日本歴代2位)をマークし、ブダペスト世界選手権の参加標準記録(13秒28)をクリアしている。そういった面で、「ポイントを狙わなくていいので余裕があります」と言う。

昨年末までは順調に過ごしたが、1月に入ってからは不運続き。新型コロナウイルス陽性となり、「咳が続いた」。復帰後の鹿児島合宿では「焦ってトレーニングしたことで右肩を痛めました」。さらに愛猫との別れが突如やってくるなど、「お祓いに行かないと」と言うほど。

「だから今季はもうダメです」とは“高山節”。高い目標は立てず、どんなレースでも目的を持って「自己ベストを目指していく」のが信条だ。「その先の何かにつながれば。より高いレベルで戦えるように自分を高めていければ」。アクシデント続きの2023年のはじまりになったが、日本男子スプリントハードルに頼もしい男が戻ってきそうだ。

◇日本選手権・室内競技(2月4、5日/大阪城ホール) 第106回日本選手権・室内競技の初日が2月4日に行われ、男子60mハードルは高山峻野(ゼンリン)が7秒64で初優勝を飾った。 フィニッシュ後、小首をかしげた高山。速報タイマーが7秒80で止まったことによるものだったようで、3月に行われた前回(7秒67)と比較して「この時期にしてはまずまず」と振り返る。 予選こそ7秒85で河嶋亮太(旭油業)に0.01秒先着を許す2着。だが、決勝ではしっかりと修正して抜け出してみせた。「練習の延長として考えていて、前日にもウエイトトレーニングをして筋肉痛。その中で反応を見たかった」。ハードルについても2月中旬からの技術練習に向けた現状把握として捉えて臨んだという。 強化するポイントは「変わらない」と高山。まずは「ウエイトトレーニングと走り込みで上積みをする」。出力とスピードの最大値を上げて、走りに落とし込んでいく。 110mハードルで日本記録を出したのも4年前。2019年はドーハ世界選手権で決勝まであとわずかに迫るなど存在感を放った。しかし、コロナ禍を挟んで迎えた東京五輪イヤーからケガでなかなか万全とはいかない。昨年もオレゴン世界選手権代表を逃した。 しかし、その後は練習期間を積めたことで復活。8月の実業団・学生対抗では13秒10の自己新(日本歴代2位)をマークし、ブダペスト世界選手権の参加標準記録(13秒28)をクリアしている。そういった面で、「ポイントを狙わなくていいので余裕があります」と言う。 昨年末までは順調に過ごしたが、1月に入ってからは不運続き。新型コロナウイルス陽性となり、「咳が続いた」。復帰後の鹿児島合宿では「焦ってトレーニングしたことで右肩を痛めました」。さらに愛猫との別れが突如やってくるなど、「お祓いに行かないと」と言うほど。 「だから今季はもうダメです」とは“高山節”。高い目標は立てず、どんなレースでも目的を持って「自己ベストを目指していく」のが信条だ。「その先の何かにつながれば。より高いレベルで戦えるように自分を高めていければ」。アクシデント続きの2023年のはじまりになったが、日本男子スプリントハードルに頼もしい男が戻ってきそうだ。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.20

エリヨン・ナイトンの暫定資格停止処分が解除 ドーピング検査陽性反応も「過失なし」で五輪選考会出場へ

6月19日、米国アンチドーピング機構(USADA)は、男子短距離のエリヨン・ナイトン(米国)の暫定資格停止処分を解除することを発表した。 20歳のナイトンは昨年のブダペスト世界選手権200m銀メダリスト。17歳だった21 […]

NEWS 五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

2024.06.19

五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

第108回日本選手権・混成競技が6月22、23日に岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われる。パリ五輪代表選考会を兼ねた一戦の注目選手を見ていく。 男子十種競技の優勝候補は丸山優真(住友電工)。前回は7816点で初優勝 […]

NEWS マイケル・ジョンソン氏主催「グランドスラム・トラック」の詳細が発表! 1年間4試合のリーグ戦 賞金総額20億円のビッグイベント!

2024.06.19

マイケル・ジョンソン氏主催「グランドスラム・トラック」の詳細が発表! 1年間4試合のリーグ戦 賞金総額20億円のビッグイベント!

陸上界のレジェンドとして1990年代から2000年代に活躍したマイケル・ジョンソン氏(米国)の主催する陸上リーグの詳細が6月19日に発表された。「グランドスラム・トラック」と銘打たれ、25年に開始される予定となっている。 […]

NEWS 女子三段跳・森本麻里子が13m37w 右足首のケガから復帰戦は9位/WAコンチネンタルツアー

2024.06.19

女子三段跳・森本麻里子が13m37w 右足首のケガから復帰戦は9位/WAコンチネンタルツアー

6月18日、フィンランド・トゥルクで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのパーヴォ・ヌルミ・ゲームズが開催され、森本麻里子(オリコ)が13m37(+2.5)で9位に入った。 昨年のブダペスト世界選手権代表の森本 […]

NEWS ジェイコブスが100m9秒92のサードベスト! やり投チョプラ85m97、110mHマクレオド13秒25でV/WAコンチネンタルツアー

2024.06.19

ジェイコブスが100m9秒92のサードベスト! やり投チョプラ85m97、110mHマクレオド13秒25でV/WAコンチネンタルツアー

6月18日、フィンランド・トゥルクで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのパーヴォ・ヌルミ・ゲームズが開催され、男子100mでは東京五輪金メダルのL.M.ジェイコブス(イタリア)が9秒92(+1.5)で優勝した […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top