HOME 駅伝、箱根駅伝

2023.01.03

仙台育英高出身者が最多8人出走 佐久長聖高、洛南高からは6人 國學院大・上原が沖縄県出身選手として5年ぶりに疾走/箱根駅伝

沖縄県出身選手として5年ぶりに箱根駅伝に出場した國學院大・上原琉翔

◇第99回箱根駅伝(1月3日:神奈川・箱根町~東京・大手町/5区間109.6km)

第99回箱根駅伝が行われ、20校にオープン参加の関東学生連合チームを加えた21チーム、計210人の学生ランナーが新春の箱根路を駆け抜けた。出場した選手の出身高校別で集計すると、仙台育英高(宮城)が8人と最多となった。

エントリー時点で最多の12人が登録した仙台育英高出身者は、2区区間賞の吉居大和(中大3年)、弟で4区区間5位の駿恭(中大1年)が好走。1年生の堀颯介(明大)も6区区間8位と力走を見せた。

6人で並んだのが佐久長聖高(長野)と洛南高(京都)。佐久長聖高は鈴木芽吹(駒大3年)が4区で首位に立ち、チームの優勝に貢献したほか、創価大6区の濱野将基(4年)が区間4位、早大5区の伊藤大志(2年)が区間6位と山区間で健闘した。洛南高は中大の1区・溜池一太(1年)が4位と好スタートを切り、チーム27年ぶりの好成績を呼び込んだ。

上位を全国高校駅伝の常連校が占めるなか、5人エントリーしていた専大松戸高(千葉)からは全員が出走。法大1区の松永伶(3年)は区間3位と快走を見せている。

また、選手の出身地別では横浜市から最も多い5人が出走した。越前市(福井)、名古屋市、福岡市から4人が出場。また、1年生ながら7区区間6位の成績を収めた國學院大の上原琉翔が、沖縄県出身選手として5年ぶりの出場を果たした。

次は2023箱根駅伝出場選手出身校&出身地ランキング

[caption id="attachment_90565" align="alignnone" width="800"] 沖縄県出身選手として5年ぶりに箱根駅伝に出場した國學院大・上原琉翔[/caption] ◇第99回箱根駅伝(1月3日:神奈川・箱根町~東京・大手町/5区間109.6km) 第99回箱根駅伝が行われ、20校にオープン参加の関東学生連合チームを加えた21チーム、計210人の学生ランナーが新春の箱根路を駆け抜けた。出場した選手の出身高校別で集計すると、仙台育英高(宮城)が8人と最多となった。 エントリー時点で最多の12人が登録した仙台育英高出身者は、2区区間賞の吉居大和(中大3年)、弟で4区区間5位の駿恭(中大1年)が好走。1年生の堀颯介(明大)も6区区間8位と力走を見せた。 6人で並んだのが佐久長聖高(長野)と洛南高(京都)。佐久長聖高は鈴木芽吹(駒大3年)が4区で首位に立ち、チームの優勝に貢献したほか、創価大6区の濱野将基(4年)が区間4位、早大5区の伊藤大志(2年)が区間6位と山区間で健闘した。洛南高は中大の1区・溜池一太(1年)が4位と好スタートを切り、チーム27年ぶりの好成績を呼び込んだ。 上位を全国高校駅伝の常連校が占めるなか、5人エントリーしていた専大松戸高(千葉)からは全員が出走。法大1区の松永伶(3年)は区間3位と快走を見せている。 また、選手の出身地別では横浜市から最も多い5人が出走した。越前市(福井)、名古屋市、福岡市から4人が出場。また、1年生ながら7区区間6位の成績を収めた國學院大の上原琉翔が、沖縄県出身選手として5年ぶりの出場を果たした。 次は2023箱根駅伝出場選手出身校&出身地ランキング
[caption id="attachment_90565" align="alignnone" width="800"] 沖縄県出身選手として5年ぶりに箱根駅伝に出場した國學院大・上原琉翔[/caption] ■出場選手出身高ランキング(3人以上) 8人 仙台育英(宮城) 6人 佐久長聖(長野)、洛南(京都) 5人 専大松戸(千葉)、八千代松陰(千葉)、世羅(広島)、鳥栖工(佐賀) 4人 水城(茨城)、豊川(愛知)、須磨学園(兵庫)、倉敷(岡山)、大牟田(福岡) 3人 学法石川(福島)、東洋大牛久(茨城)、東農大二(群馬)、敦賀気比(福井)、松浦(長崎)、九州学院(熊本)、鹿児島実(鹿児島) ■出場選手出身都道府県ランキング(5人以上) 16人 千葉 13人 福岡 12人 埼玉、愛知 10人 神奈川 9人  静岡 7人  兵庫 6人  茨城、群馬、新潟、福井、滋賀、岡山、長崎、熊本 5人  福島、東京、広島、山口、愛媛、鹿児島 ※ケニア 7人 ■出場選手出身市町村ランキング(3人以上) 5人 神奈川県横浜市 4人 福井県越前市、愛知県名古屋市、福岡県福岡市 3人 宮城県仙台市、千葉県松戸市、千葉県我孫子市、神奈川県横須賀市、愛知県田原市、岡山県倉敷市

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

NEWS AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

2024.06.14

AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

6月12日、アスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)はブダぺスト世界選手権男子5000m銀メダルのM.カティル(スペイン)を不正行為で告訴することを発表した。 カティルはドーピングの居 […]

NEWS 棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

2024.06.14

棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

女子棒高跳の日本記録保持者(4m48)諸田実咲(アットホーム)が世界陸連(WA)コンチネンタルツアーの海外転戦で好成績を残している。 6月4日のロイヤルシティ・フェスティバル(カナダ・グエルフ)ではセカンドベスト、パフォ […]

NEWS 400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

2024.06.14

400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)3日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、女子400mハードルで大会新記録が誕生した。昨年の鹿児島国体300mハード […]

NEWS ハンマー投は岡村聡真が「攻めの投げ」で2連覇 走幅跳は近藤孝太がV 棒高跳は小林ひよりが制す/IH北信越

2024.06.14

ハンマー投は岡村聡真が「攻めの投げ」で2連覇 走幅跳は近藤孝太がV 棒高跳は小林ひよりが制す/IH北信越

◇インターハイ北信越地区大会(6月13日~16日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)初日 福岡インターハイを懸けた北信越大会が開幕。男女フィールド4種目の決勝が行われ、男子ハンマー投は岡村聡真(穂高商3長野)が5投目に […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top