HOME 駅伝、箱根駅伝

2023.01.02

明大・富田峻平が1区区間賞!駒大は2位、OP参加の学生連合・新田が3位相当と健闘/箱根駅伝
明大・富田峻平が1区区間賞!駒大は2位、OP参加の学生連合・新田が3位相当と健闘/箱根駅伝

1区区間賞を獲得した富田峻平(左)

◇第99回箱根駅伝・往路(東京・大手町~神奈川・箱根町/5区間107.5km)

第99回箱根駅伝の1区は明大の富田峻平(4年)が1時間2分44秒で走破し、学生駅伝初区間賞を飾った。

レースは序盤からオープン参加の関東学生連合・新田颯(4年)が抜け出し、独走態勢を築く。そのまま逃げ切るかと思われたが、残り1kmで後続の集団から抜け出した富田が新田をかわし、そのままトップ中継を果たした。

2位争いは駒大の円健介(4年)が制し、新田は最後に失速したものの、3位相当と粘った。以下は法大、中大、創価大、順大、青学大と続いた。

前回シード校の帝京大と東洋大が16位、17位と出遅れた。

次のページ 区間賞コメント&1区通過順位

◇第99回箱根駅伝・往路(東京・大手町~神奈川・箱根町/5区間107.5km) 第99回箱根駅伝の1区は明大の富田峻平(4年)が1時間2分44秒で走破し、学生駅伝初区間賞を飾った。 レースは序盤からオープン参加の関東学生連合・新田颯(4年)が抜け出し、独走態勢を築く。そのまま逃げ切るかと思われたが、残り1kmで後続の集団から抜け出した富田が新田をかわし、そのままトップ中継を果たした。 2位争いは駒大の円健介(4年)が制し、新田は最後に失速したものの、3位相当と粘った。以下は法大、中大、創価大、順大、青学大と続いた。 前回シード校の帝京大と東洋大が16位、17位と出遅れた。 次のページ 区間賞コメント&1区通過順位
区間賞・富田峻平コメント 「最後の箱根駅伝で結果を残せて、すがすがしい気分です。(学生連合の新田颯が)飛び出した時は後ろにつくか迷ったのですが、自分の仕事は良い順位で渡すことだと思い、集団の中で待機しました。ラストは自分が明治の主力なんだ、エースなんだという思いで走りました。後続の選手はすべてが強い力を持っている。区間上位で走ってほしい」 ●1区通過順位 ①明大    1.02.44 ②駒大    1.02.53 学生連合   1.02.59 ③法大    1.03.00 ④中大    1.03.02 ⑤創価大   1.03.02 ⑥順大    1.03.03 ⑦青学大   1.03.04 ⑧山梨学大  1.03.05 ⑨日体大   1.03.08 ⑩東京国際大 1.03.09 11城西大   1.03.13 12國學院大  1.03.16 13国士大   1.03.17 14早大    1.03.23 15大東大   1.03.24 16帝京大   1.03.30 17東洋大   1.03.40 18立大    1.04.05 19東海大   1.04.07 20専大    1.04.29

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.17

観客を“より楽しませる”工夫がいっぱい!! 陸上界に携わる有志が欧州選手権を視察

6月7日から12日までの6日間、第26回ヨーロッパ陸上競技選手権がイタリアのローマで開催されたが、日本の陸上界に関わる有志が個人的な活動で集い、チームを作ってこの大会を視察。目の肥えた熱心なファンが多い“陸上の本場”で行 […]

NEWS 110mH古賀ジェレミーが13秒91!11年ぶり高2最高「自信持って楽しみました」全国で13秒8台へ/IH南関東

2024.06.17

110mH古賀ジェレミーが13秒91!11年ぶり高2最高「自信持って楽しみました」全国で13秒8台へ/IH南関東

◇インターハイ南関東地区大会(6月14~17日/東京・駒沢陸上競技場、大井陸上競技場)4日目 夏の福岡インターハイ出場を懸けた南関東地区大会の4日目が行われ、男子110mハードルで古賀ジェレミー(東京2)が優勝した。村竹 […]

NEWS ぴあ株式会社が東京世界陸上とスポンサー契約を締結 多くの大規模イベントでチケッティングサービスの実績

2024.06.17

ぴあ株式会社が東京世界陸上とスポンサー契約を締結 多くの大規模イベントでチケッティングサービスの実績

東京2025世界陸上財団は6月178日、ぴあ株式会社とスポンサー契約を締結したことを発表した。これまで多くのイベントでチケットの販売や入場管理業務の実績を持つ同社は、2025年に開催される東京世界陸上をサポートしていくと […]

NEWS ケジェルチャが10000m世界歴代7位の26分31秒01! アレガヴィも歴代8位 17歳メハリーが26分37秒93

2024.06.17

ケジェルチャが10000m世界歴代7位の26分31秒01! アレガヴィも歴代8位 17歳メハリーが26分37秒93

6月14日、エチオピアの10000m五輪トライアルがスペイン・ネルハで開催され、男子10000mではドーハ世界選手権銀メダルのY.ケジャルチャが今季世界最高、世界歴代7位の26分31秒01で優勝した。 ケジャルチャは東京 […]

NEWS ワニョニイが800m歴代3位の1分41秒70 オマニャラ9秒79 キピエゴンは1500m、5000mで五輪代表に

2024.06.17

ワニョニイが800m歴代3位の1分41秒70 オマニャラ9秒79 キピエゴンは1500m、5000mで五輪代表に

6月14~15日、ケニア・ナイロビでケニアの五輪選考会が開催され、男子800mではブダペスト世界選手権銀メダルのE.ワニョニイが世界歴代3位の1分41秒70で優勝した。 19歳のワニョニイは、昨年の世界選手権銀メダリスト […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top