HOME 国内

2022.12.31

Playback日本記録2022/今年最初の日本新100mH青木益未が12秒87で「単独」の日本記録保持者に!

女子100mHの青木益未

2022年は3種目で5個の日本記録が誕生した。そのうち3つが女子100mハードルだった。

元スプリンターがついに単独の日本記録保持者に

今年最初の日本記録誕生は4月。北陸実業団の女子100mハードルで、青木益未(七十七銀行)が12秒86(-0.2)をマークした。昨年、寺田明日香(ジャパンクリエイト)が12秒87という日本記録を先に樹立し、青木も続いて2人が日本記録保持者だったが、0.01秒上回って「単独」の日本記録保持者に。

岡山出身の28歳。元々はスプリンターで、中学時代から世代を代表する選手だった。創志学園高(岡山)1年目でインターハイ100mを制している。だが、その後は1学年下の土井杏南(JAL)などの勢いに押されることがおおくなった。

本格的にハードルに取り組み始めたのは高3から。環太平洋大に進学し、3年時には13秒28をマークするまでに成長を遂げた。社会人になってからは13秒1台をコンスタントにマーク。21年に12秒台に突入し、東京五輪にも出場した。

今季は持ち味のスピードとパワーにさらに磨きがかかり、6月の日本選手権では100mでも4位。11秒48まで記録を短縮し、オレゴン世界選手権では4×100mリレーの1走を務めて日本記録樹立にも貢献した。

福部真子(日本建設工業)に日本記録を塗り替えられ、「このままだとただ脚の速いハードル選手になってしまう」と、スピードをどうハードルにつなげていくかを次の課題に挙げている青木。来季はさらにパワーアップした姿が見られそうだ。

次ページ 100mH日本歴代10傑

[caption id="attachment_90072" align="alignnone" width="800"] 女子100mHの青木益未[/caption] 2022年は3種目で5個の日本記録が誕生した。そのうち3つが女子100mハードルだった。

元スプリンターがついに単独の日本記録保持者に

今年最初の日本記録誕生は4月。北陸実業団の女子100mハードルで、青木益未(七十七銀行)が12秒86(-0.2)をマークした。昨年、寺田明日香(ジャパンクリエイト)が12秒87という日本記録を先に樹立し、青木も続いて2人が日本記録保持者だったが、0.01秒上回って「単独」の日本記録保持者に。 岡山出身の28歳。元々はスプリンターで、中学時代から世代を代表する選手だった。創志学園高(岡山)1年目でインターハイ100mを制している。だが、その後は1学年下の土井杏南(JAL)などの勢いに押されることがおおくなった。 本格的にハードルに取り組み始めたのは高3から。環太平洋大に進学し、3年時には13秒28をマークするまでに成長を遂げた。社会人になってからは13秒1台をコンスタントにマーク。21年に12秒台に突入し、東京五輪にも出場した。 今季は持ち味のスピードとパワーにさらに磨きがかかり、6月の日本選手権では100mでも4位。11秒48まで記録を短縮し、オレゴン世界選手権では4×100mリレーの1走を務めて日本記録樹立にも貢献した。 福部真子(日本建設工業)に日本記録を塗り替えられ、「このままだとただ脚の速いハードル選手になってしまう」と、スピードをどうハードルにつなげていくかを次の課題に挙げている青木。来季はさらにパワーアップした姿が見られそうだ。 次ページ 100mH日本歴代10傑
◇女子100mH日本歴代10傑 12.73 1.1 福部真子(日本建設工業) 2022.9.25 12.86 -0.2 青木 益未(七十七銀行) 2022.4.10 12.87 0.6 寺田明日香(ジャパンクリエイト) 2021.6.1 13.00 0.7 金沢イボンヌ(佐田建設)    2000.7.16 13.00 1.5 鈴木 美帆(長谷川体育施設)   2021.6.6 13.02 1.4 池田久美子(スズキ)     2007.4.29 13.02 -0.6 紫村 仁美(佐賀陸協) 2013.6.8 13.02 1.1 清山ちさと(いちご)     2022.7.9 13.03 -0.6 木村 文子(エディオン)   2013.6.8 13.08 0.2 石野 真美(長谷川体育施設) 2006.10.22

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.12

男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開き、男女の主将も発表。男子200mの飯塚翔太(ミズノ)、女子やり投の北口榛花(JAL)がそれぞれ選ばれた。 結団式を終え、飯塚が報道陣 […]

NEWS パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

2024.07.12

パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開いた。 冒頭で山崎一彦・強化委員長は「みなさんはしっかり準備をして全身全霊で競技をするだけ。われわれコーチ陣、スタッフは全力でサポート […]

NEWS “中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

2024.07.12

“中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

8月17日から21日に、福井市で行われる第51回全日本中学校選手権(全中)をYouTubeでライブ配信することを大会主催者が発表した。 全中は毎年8月に中学生の日本一を決定する大会として開催され、今年は福井市の福井県営陸 […]

NEWS 全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

2024.07.12

全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

毎年夏に開催される全中(全国中学校体育大会/全日本中学校陸上競技選手権大会)について、日本中学校体育連盟陸上競技部は2027年大会から実施種目を変更し、現行から男子400mと男子3000mを廃止するとともに、女子棒高跳と […]

NEWS パリ五輪TVスケジュール

2024.07.12

パリ五輪TVスケジュール

8月1日(木) NHK 14:30~ 男子20kmW、女子20kmW 8月2日(金) TBS系 24:30~29:30 男子10000m決勝 8月3日(土) フジテレビ系 25:00~29:30 女子100m決勝 8月4 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top