HOME 駅伝、箱根駅伝

2022.12.10

【箱根駅伝エントリー】國學院は中西大翔、伊地知賢造、平林清澄、山本歩夢の強力四本柱が順当入り!充実のルーキーは4人が登録 V争い繰り広げるか
【箱根駅伝エントリー】國學院は中西大翔、伊地知賢造、平林清澄、山本歩夢の強力四本柱が順当入り!充実のルーキーは4人が登録 V争い繰り広げるか

出雲、全日本と2位の國學院大。山本歩夢と中西大翔らの力で箱根も優勝を争うか

第99回箱根駅伝(2023年1月2日、3日)のチームエントリー16名が12月10日に発表された。

出雲駅伝、全日本大学駅伝ともに2位と絶好調の國學院大は、チームの主軸を担う中西大翔(4年)、伊地知賢造(3年)、平林清澄(2年)、山本歩夢(2年)の四本柱が順当にエントリーされた。

また、過去に6区で好走している島﨑慎愛(4年)も名前を連ねる。前回は直前のケガで走れなかっただけに、ここから本番まで万全を期したいところだ。

さらに、ルーキーから4人がエントリーされた。全日本5区区間賞の青木瑠郁、沖縄初の5000m13分台高校生ランナーとして注目された上原琉翔、大学に入学して早々に10000m28分台をマークした嘉数純平、11月の上尾シティハーフで1時間2分台の好記録で走った高山豪起と、いずれも即戦力として期待が寄せられている。

箱根経験者では前回6区の原秀寿が外れた。中西唯翔(4年)も出走ならず。その他にも、ハーフマラソンで1時間3分台のタイムを持つ選手でも、メンバー入りできないほど戦力が充実している。

四本柱はいずれもハーフマラソンで大きな実績があり、箱根の主要区間でも区間上位が期待できる。さらに、脇を固める選手層も厚く、うまく流れに乗れれば頂点が見える。駒大の三冠を阻む一番手となるかもしれない。

12月29日に区間エントリー10人と補員6人が発表。1月2日の往路、3日の復路スタートの1時間10分前(6時50分)にメンバー変更が認められる。往路、復路合わせて当日変更は6人までで、1日最大4人まで変更できる。

●國學院大のエントリー選手は次ページ

第99回箱根駅伝(2023年1月2日、3日)のチームエントリー16名が12月10日に発表された。 出雲駅伝、全日本大学駅伝ともに2位と絶好調の國學院大は、チームの主軸を担う中西大翔(4年)、伊地知賢造(3年)、平林清澄(2年)、山本歩夢(2年)の四本柱が順当にエントリーされた。 また、過去に6区で好走している島﨑慎愛(4年)も名前を連ねる。前回は直前のケガで走れなかっただけに、ここから本番まで万全を期したいところだ。 さらに、ルーキーから4人がエントリーされた。全日本5区区間賞の青木瑠郁、沖縄初の5000m13分台高校生ランナーとして注目された上原琉翔、大学に入学して早々に10000m28分台をマークした嘉数純平、11月の上尾シティハーフで1時間2分台の好記録で走った高山豪起と、いずれも即戦力として期待が寄せられている。 箱根経験者では前回6区の原秀寿が外れた。中西唯翔(4年)も出走ならず。その他にも、ハーフマラソンで1時間3分台のタイムを持つ選手でも、メンバー入りできないほど戦力が充実している。 四本柱はいずれもハーフマラソンで大きな実績があり、箱根の主要区間でも区間上位が期待できる。さらに、脇を固める選手層も厚く、うまく流れに乗れれば頂点が見える。駒大の三冠を阻む一番手となるかもしれない。 12月29日に区間エントリー10人と補員6人が発表。1月2日の往路、3日の復路スタートの1時間10分前(6時50分)にメンバー変更が認められる。往路、復路合わせて当日変更は6人までで、1日最大4人まで変更できる。 ●國學院大のエントリー選手は次ページ
■國學院大のエントリー選手16名(カッコ内は学年、出身校) ◎前回8位、出雲2位、全日本2位 川﨑 康生(4年/浜松工高・静岡) 坂本 健悟(4年/藤沢翔陵高・神奈川) 島﨑 慎愛(4年/藤岡中央高・群馬) 中西 大翔(4年/金沢龍谷高・石川)主将 藤本  竜(4年/北海道栄高・北海道) 伊地知賢造(3年/松山高・埼玉) 瀬尾 秀介(3年/川崎橘高・神奈川) 木村 文哉(2年/川越東高・埼玉) 佐藤 快成(2年/埼玉栄高・埼玉) 鶴  元太(2年/八千代松陰高・千葉) 平林 清澄(2年/美方高・福井) 山本 歩夢(2年/自由ケ丘高・福岡) 青木 瑠郁(1年/健大高崎高・群馬) 上原 琉翔(1年/北山高・沖縄) 嘉数 純平(1年/北山高・沖縄) 高山 豪起(1年/高川学園高・山口)

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.24

東京マラソン2025の概要発表!来年3月2日、38000人規模で開催 8月16日から一般エントリー開始予定

東京マラソン財団は6月24日、定時理事会を開き、東京マラソン2025の大会要項を発表した。 東京マラソン2025は来年3月2日に開催。定員は38000人でフルマラソンは37500人。応募スケジュールの予定も発表され、6月 […]

NEWS 注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

2024.06.24

注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6/21~30、米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100m(+0.4)ではN.ライルズが9秒83の自己タイで優勝した。ライルズは200mで世界選手 […]

NEWS 女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

2024.06.24

女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

6月21日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズのトゥールーズ キャピトル・ペルシュがフランスで行われ、女子棒高跳ではM.コードリー(英国)が世界歴代7位、今季世界最高の4m92で優勝した。 コードリーは3月の […]

NEWS 十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

2024.06.24

十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

世界陸連(WA)混成ツアー・ゴールドのシュタットベルケ・ラーティンゲン混成大会が6月22、23日、ドイツ・ラーティンゲンで行われた。 男子十種競技はT.ステインフォース(ドイツ)が8287点(100m10秒41、走幅跳7 […]

NEWS 2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

2024.06.24

2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

世界陸連(WA)は6月22日、2028年に開催されるロサンゼルス五輪について、陸上を第一週に実施することを発表した。マラソンとメダル授与については最終週に行う伝統を維持するとしている。 これまで第一週に水泳、第二週に陸上 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top