HOME 駅伝

2022.11.19

「箱根駅伝5区前哨戦」を制したのは城西大!1年生・斎藤将也、山本唯翔がワン・ツー!/激坂最速王決定戦
「箱根駅伝5区前哨戦」を制したのは城西大!1年生・斎藤将也、山本唯翔がワン・ツー!/激坂最速王決定戦

城西大ルーキーの斎藤将也が山上り制した

激坂最速王決定戦2022が11月19日、神奈川・箱根を舞台に行われ、登りの部(13.5km)は城西大勢がワン・ツー。1年生の斎藤将也が51分50秒で快勝し、3年生の山本唯翔が52分49秒で2位に続いた。

3位は52分51秒で宮城珠良(駒大)が入り、前回大会を51分02秒の大会新で制した神野大地(セルソース)は7位だった。

2年ぶりの箱根路に挑む城西大が、「山」で大いにアピールした。2kmあたりで1年時に箱根駅伝5区で区間6位と好走した山本が抜け出し、10kmあたりまで独走する積極的なレースを見せると、斎藤は残り3kmで先輩を逆転して突き放す力強さを発揮した。

終盤だけで2位に1分近い大差をつけた斎藤は、青学大時代に箱根駅伝5区で活躍した実績を持つ神野しか樹立していない51分台をマーク。「トップを取れると思っていなかったので、とてもうれしいです」と笑顔で振り返った。

「練習の一環」という位置づけで、「順位とかにはこだわりなく、まずは完走することが目標でした」。その中で見せた激走に、「大学で初めて先頭を走ることができました」と充実感を漂わせた。

福井・敦賀気比高出身で、3年生だった昨年は、インターハイは5000mで予選敗退だったが、全国高校駅伝ではエース区間・1区で11位と奮闘した。大学入学後は、7月のホクレン・ディスタンスチャレンジで自身初の13分台を2戦続けてマークすると、「距離を踏むことを重点的にやってきた」という夏を経て急成長。10月の箱根駅伝予選会ではチーム内日本人トップの27位(1時間3分18秒)でフィニッシュし、総合3位通過を力強く牽引した。

1ヵ月半後に迫る箱根駅伝に向けては「希望区間は1区、2区。これからしっかりと長い距離の練習を積んで、他校のエースの方々と戦えるようにしていきたい」と斎藤。箱根駅伝5区の適性をチェックする場として近年注目を集めるレースで結果を残し、チーム内にさらに大きな刺激を与えた。

一方の山本も、「想定していたよりもきつくて終わりが見えなかったけど、箱根駅伝5区の予行練習ができました」とうなずく。

箱根5区経験者という点を含めても、1年生に後れを取った点についてはさすがに悔しさがにじむが、「城西大学の強さを見せられましたし、チームにも良い相乗効果を与えられると思います」。

2年ぶりの箱根駅伝も再び山への挑戦が希望。「本番も必ずしも集団になるわけではない。前半からチャレンジできたし、1人で押していくということも確認できました。1年生の時は区間6位だったけど悔しさもあったので、残り期間でしっかり調整して、区間3位以内で走れるようにしたい」と力強く語った。

同大会は神奈川県・箱根を舞台とした「坂」に特化したランニングイベント。従来の登りの部、ピストンの部(1往復/27km)、ウォーキングの部(13.5km)に加え、5回目を迎える今大会からはWピストンの部(2往復/54km)と下りの部(13.5km)が新設された。

登りの部では小田原料金所から箱根大観山口(アネスト岩田スカイラウンジ)までの13.5km、標高差981m、平均勾配7%の激坂を一気に駆け上がるコースで行われた。

激坂最速王決定戦2022が11月19日、神奈川・箱根を舞台に行われ、登りの部(13.5km)は城西大勢がワン・ツー。1年生の斎藤将也が51分50秒で快勝し、3年生の山本唯翔が52分49秒で2位に続いた。 3位は52分51秒で宮城珠良(駒大)が入り、前回大会を51分02秒の大会新で制した神野大地(セルソース)は7位だった。 2年ぶりの箱根路に挑む城西大が、「山」で大いにアピールした。2kmあたりで1年時に箱根駅伝5区で区間6位と好走した山本が抜け出し、10kmあたりまで独走する積極的なレースを見せると、斎藤は残り3kmで先輩を逆転して突き放す力強さを発揮した。 終盤だけで2位に1分近い大差をつけた斎藤は、青学大時代に箱根駅伝5区で活躍した実績を持つ神野しか樹立していない51分台をマーク。「トップを取れると思っていなかったので、とてもうれしいです」と笑顔で振り返った。 「練習の一環」という位置づけで、「順位とかにはこだわりなく、まずは完走することが目標でした」。その中で見せた激走に、「大学で初めて先頭を走ることができました」と充実感を漂わせた。 福井・敦賀気比高出身で、3年生だった昨年は、インターハイは5000mで予選敗退だったが、全国高校駅伝ではエース区間・1区で11位と奮闘した。大学入学後は、7月のホクレン・ディスタンスチャレンジで自身初の13分台を2戦続けてマークすると、「距離を踏むことを重点的にやってきた」という夏を経て急成長。10月の箱根駅伝予選会ではチーム内日本人トップの27位(1時間3分18秒)でフィニッシュし、総合3位通過を力強く牽引した。 1ヵ月半後に迫る箱根駅伝に向けては「希望区間は1区、2区。これからしっかりと長い距離の練習を積んで、他校のエースの方々と戦えるようにしていきたい」と斎藤。箱根駅伝5区の適性をチェックする場として近年注目を集めるレースで結果を残し、チーム内にさらに大きな刺激を与えた。 一方の山本も、「想定していたよりもきつくて終わりが見えなかったけど、箱根駅伝5区の予行練習ができました」とうなずく。 箱根5区経験者という点を含めても、1年生に後れを取った点についてはさすがに悔しさがにじむが、「城西大学の強さを見せられましたし、チームにも良い相乗効果を与えられると思います」。 2年ぶりの箱根駅伝も再び山への挑戦が希望。「本番も必ずしも集団になるわけではない。前半からチャレンジできたし、1人で押していくということも確認できました。1年生の時は区間6位だったけど悔しさもあったので、残り期間でしっかり調整して、区間3位以内で走れるようにしたい」と力強く語った。 同大会は神奈川県・箱根を舞台とした「坂」に特化したランニングイベント。従来の登りの部、ピストンの部(1往復/27km)、ウォーキングの部(13.5km)に加え、5回目を迎える今大会からはWピストンの部(2往復/54km)と下りの部(13.5km)が新設された。 登りの部では小田原料金所から箱根大観山口(アネスト岩田スカイラウンジ)までの13.5km、標高差981m、平均勾配7%の激坂を一気に駆け上がるコースで行われた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

NEWS AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

2024.06.14

AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

6月12日、アスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)はブダぺスト世界選手権男子5000m銀メダルのM.カティル(スペイン)を不正行為で告訴することを発表した。 カティルはドーピングの居 […]

NEWS 棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

2024.06.14

棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

女子棒高跳の日本記録保持者(4m48)諸田実咲(アットホーム)が世界陸連(WA)コンチネンタルツアーの海外転戦で好成績を残している。 6月4日のロイヤルシティ・フェスティバル(カナダ・グエルフ)ではセカンドベスト、パフォ […]

NEWS 400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

2024.06.14

400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)3日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、女子400mハードルで大会新記録が誕生した。昨年の鹿児島国体300mハード […]

NEWS ハンマー投は岡村聡真が「攻めの投げ」で2連覇 走幅跳は近藤孝太がV 棒高跳は小林ひよりが制す/IH北信越

2024.06.14

ハンマー投は岡村聡真が「攻めの投げ」で2連覇 走幅跳は近藤孝太がV 棒高跳は小林ひよりが制す/IH北信越

◇インターハイ北信越地区大会(6月13日~16日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)初日 福岡インターハイを懸けた北信越大会が開幕。男女フィールド4種目の決勝が行われ、男子ハンマー投は岡村聡真(穂高商3長野)が5投目に […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top