HOME 駅伝

2022.11.27

資生堂 強く、美しく!大会新で16年ぶり女王の座!創業150年に圧巻の継走で完勝「たくさんの思いを形にできた」/クイーンズ駅伝
資生堂 強く、美しく!大会新で16年ぶり女王の座!創業150年に圧巻の継走で完勝「たくさんの思いを形にできた」/クイーンズ駅伝

◇クイーンズ駅伝in宮城(11月27日/宮城・松島~仙台、6区間42.195km)

全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝)が11月27日に行われ、資生堂が16年ぶり2度目の優勝を飾った。2時間12分28秒は、昨年、積水化学がマークした大会記録(2時間13分03秒)を塗り替える大会新記録だった。

創立150周年の節目の年。資生堂が強く、そして美しい継走を杜の都で見せた。

1区に入ったのは木村友香。高校時代からトップ選手として活躍し、ドーハ世界選手権5000m代表だが、度重なるケガに悩まされてきたスピードランナーが魅せる。「自分のリズムで」と言い聞かせた木村。序盤から一気に飛び出すと、他のランナーが苦しむ強い風にも負けず、独走で区間賞を獲得した。

岩水嘉孝監督が「1区の木村から積極的な走りで、次の走者につながった」と評するように、結果的に木村の復活の快走が優勝への流れを作ったと言える。佐藤成葉は「いい流れを絶対につなぐ」とスタート。4人で分け合う形となったものの区間賞の走りでトップを守って中継する。

3区には東京五輪マラソン8位入賞で今年加入した一山麻緒。オレゴン世界選手権は新型コロナウイルス感染のため欠場を余儀なくされたが、新しいユニフォームで先頭を行く。

後ろから、JP日本郵政グループの廣中璃梨佳、連覇を狙う積水化学の新谷仁美の猛追にあい、最後はかわされたものの、「抜かれても絶対に優勝するという強い気持ちがあったので、私なりに粘りました」と3位を死守した。

この粘りは力のある上位2チームとの差を最低限に抑える。J.ジェプングテッチが区間賞でトップを奪還すると、5区に入った五島莉乃が圧巻の走り。オレゴン世界選手権10000mを経験した五島は独走態勢を築いていった。

チームの精神的主柱で、デンソー時代に優勝を経験している高島由香は「後輩のみんなに助けてもらった」と言うが区間2位の好走。強い風の中で大会記録を更新する圧巻の駅伝だった。

31回目のクイーンズ駅伝となった資生堂は今年創業150年で、節目の年に頂点に立った。木村は「走った選手だけではなく付き添いの選手、日頃応援してくださる方々、スタッフの皆様、たくさんの思いを結果に形に残せてうれしく思います」と誇らしげ。フィニッシュでは涙と笑顔があふれていた。

■資生堂Vメンバー
1区 木村友香 23分29秒(区間賞)
2区 佐藤成葉 10分11秒(区間賞)
3区 一山麻緒 35分08秒(区間7位)
4区 J.ジェプングテッチ 10分54秒(区間賞)
5区 五島莉乃 31分40秒(区間賞)
6区 高島由香 21分06秒(区間2位)

◇クイーンズ駅伝in宮城(11月27日/宮城・松島~仙台、6区間42.195km) 全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝)が11月27日に行われ、資生堂が16年ぶり2度目の優勝を飾った。2時間12分28秒は、昨年、積水化学がマークした大会記録(2時間13分03秒)を塗り替える大会新記録だった。 創立150周年の節目の年。資生堂が強く、そして美しい継走を杜の都で見せた。 1区に入ったのは木村友香。高校時代からトップ選手として活躍し、ドーハ世界選手権5000m代表だが、度重なるケガに悩まされてきたスピードランナーが魅せる。「自分のリズムで」と言い聞かせた木村。序盤から一気に飛び出すと、他のランナーが苦しむ強い風にも負けず、独走で区間賞を獲得した。 岩水嘉孝監督が「1区の木村から積極的な走りで、次の走者につながった」と評するように、結果的に木村の復活の快走が優勝への流れを作ったと言える。佐藤成葉は「いい流れを絶対につなぐ」とスタート。4人で分け合う形となったものの区間賞の走りでトップを守って中継する。 3区には東京五輪マラソン8位入賞で今年加入した一山麻緒。オレゴン世界選手権は新型コロナウイルス感染のため欠場を余儀なくされたが、新しいユニフォームで先頭を行く。 後ろから、JP日本郵政グループの廣中璃梨佳、連覇を狙う積水化学の新谷仁美の猛追にあい、最後はかわされたものの、「抜かれても絶対に優勝するという強い気持ちがあったので、私なりに粘りました」と3位を死守した。 この粘りは力のある上位2チームとの差を最低限に抑える。J.ジェプングテッチが区間賞でトップを奪還すると、5区に入った五島莉乃が圧巻の走り。オレゴン世界選手権10000mを経験した五島は独走態勢を築いていった。 チームの精神的主柱で、デンソー時代に優勝を経験している高島由香は「後輩のみんなに助けてもらった」と言うが区間2位の好走。強い風の中で大会記録を更新する圧巻の駅伝だった。 31回目のクイーンズ駅伝となった資生堂は今年創業150年で、節目の年に頂点に立った。木村は「走った選手だけではなく付き添いの選手、日頃応援してくださる方々、スタッフの皆様、たくさんの思いを結果に形に残せてうれしく思います」と誇らしげ。フィニッシュでは涙と笑顔があふれていた。 ■資生堂Vメンバー 1区 木村友香 23分29秒(区間賞) 2区 佐藤成葉 10分11秒(区間賞) 3区 一山麻緒 35分08秒(区間7位) 4区 J.ジェプングテッチ 10分54秒(区間賞) 5区 五島莉乃 31分40秒(区間賞) 6区 高島由香 21分06秒(区間2位)

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.24

注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6/21~30、米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100m(+0.4)ではN.ライルズが9秒83の自己タイで優勝した。ライルズは200mで世界選手 […]

NEWS 女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

2024.06.24

女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

6月21日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズのトゥールーズ キャピトル・ペルシュがフランスで行われ、女子棒高跳ではM.コードリー(英国)が世界歴代7位、今季世界最高の4m92で優勝した。 コードリーは3月の […]

NEWS 十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

2024.06.24

十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

世界陸連(WA)混成ツアー・ゴールドのシュタットベルケ・ラーティンゲン混成大会が6月22、23日、ドイツ・ラーティンゲンで行われた。 男子十種競技はT.ステインフォース(ドイツ)が8287点(100m10秒41、走幅跳7 […]

NEWS 2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

2024.06.24

2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

世界陸連(WA)は6月22日、2028年に開催されるロサンゼルス五輪について、陸上を第一週に実施することを発表した。マラソンとメダル授与については最終週に行う伝統を維持するとしている。 これまで第一週に水泳、第二週に陸上 […]

NEWS 全米最速はライルズ!自己タイ9秒83で100m初の五輪切符 2位ベドナレク、3位カーリーが代表入り 4位コールマン落選/全米五輪選考会

2024.06.24

全米最速はライルズ!自己タイ9秒83で100m初の五輪切符 2位ベドナレク、3位カーリーが代表入り 4位コールマン落選/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6月21~30日/米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100mはノア・ライルズが自己タイの9秒83(+0.4)で制し、この種目で初の五輪出場権を手に […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top