HOME 駅伝

2022.11.27

廣中璃梨佳、新谷仁美、一山麻緒の三つ巴も日本郵政がトップ!新谷「役割果たせず」も廣中の連続区間賞止める/クイーンズ駅伝
廣中璃梨佳、新谷仁美、一山麻緒の三つ巴も日本郵政がトップ!新谷「役割果たせず」も廣中の連続区間賞止める/クイーンズ駅伝

◇クイーンズ駅伝in宮城(11月27日/宮城・松島~仙台、6区間42.195km)

全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝)が11月27日に行われ、エースが集う3区は激しい争いとなった。

資生堂がトップで中継し、一山麻緒が走り出す。JP日本郵政グループ・廣中璃梨佳と新谷仁美(資生堂)が3秒差とほぼ同じタイミングでスタート。まずは廣中が一気に5kmを15分33秒で通過し、新谷も徐々にペースを上げて前を追いかける。

8kmで一山に廣中が並びかけるも、一山も一歩も引かない。さらに新谷が追いかける。廣中が残り1kmで一山を突き放すと、新谷も一山をとらえて2番手に上がる。一山も必死で食らいつく。

10.3kmで新谷が廣中をかわすも廣中も粘り併走するかたちに。残り300mでスパートをかけた廣中が一気に抜け出し、トップで中継所へ飛び込んだ。2秒差で新谷、12秒差で一山が中継所へ入った。

新谷は「本来の役割を果たせなかったので、後半区間へ不安を与える走りになってしまった。心苦しい」と振り返るも、連覇へ向けて「自分らしい走りをして自信を持って」と後続選手へエールを送った。

10000mの日本歴代1、2位同士、東京五輪&オレゴン世界選手権代表の2人による熾烈な争いとなった区間賞は、34分08秒をマークした新谷が獲得。廣中が1秒差で続く。これまで主要駅伝大会すべてで区間賞を獲得していた廣中だったが、新谷が連続区間賞をストップ。それでも順位は譲らず廣中らしい強烈な走りだった。

■3区区間上位成績
34分08秒 新谷仁美(積水化学)
34分09秒 廣中璃梨佳(JP日本郵政グループ)
34分38秒 加世田梨花(ダイハツ)
34分56秒 小海 遥(第一生命グループ)
35分00秒 渡邊菜々美(パナソニック)
35分06秒 川口桃佳(豊田自動織機)
35分08秒 一山麻緒(資生堂)
35分17秒 安藤友香(ワコール)

◇廣中の駅伝成績
・都道府県対抗女子駅伝
16年3区1位
17年4区1位
18年4区1位
19年1区1位
20年1区1位
22年9区1位
・全国高校駅伝
18年1区1位
・全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝)
19年1区1位
20年1区1位
21年3区1位
22年3区2位

◇クイーンズ駅伝in宮城(11月27日/宮城・松島~仙台、6区間42.195km) 全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝)が11月27日に行われ、エースが集う3区は激しい争いとなった。 資生堂がトップで中継し、一山麻緒が走り出す。JP日本郵政グループ・廣中璃梨佳と新谷仁美(資生堂)が3秒差とほぼ同じタイミングでスタート。まずは廣中が一気に5kmを15分33秒で通過し、新谷も徐々にペースを上げて前を追いかける。 8kmで一山に廣中が並びかけるも、一山も一歩も引かない。さらに新谷が追いかける。廣中が残り1kmで一山を突き放すと、新谷も一山をとらえて2番手に上がる。一山も必死で食らいつく。 10.3kmで新谷が廣中をかわすも廣中も粘り併走するかたちに。残り300mでスパートをかけた廣中が一気に抜け出し、トップで中継所へ飛び込んだ。2秒差で新谷、12秒差で一山が中継所へ入った。 新谷は「本来の役割を果たせなかったので、後半区間へ不安を与える走りになってしまった。心苦しい」と振り返るも、連覇へ向けて「自分らしい走りをして自信を持って」と後続選手へエールを送った。 10000mの日本歴代1、2位同士、東京五輪&オレゴン世界選手権代表の2人による熾烈な争いとなった区間賞は、34分08秒をマークした新谷が獲得。廣中が1秒差で続く。これまで主要駅伝大会すべてで区間賞を獲得していた廣中だったが、新谷が連続区間賞をストップ。それでも順位は譲らず廣中らしい強烈な走りだった。 ■3区区間上位成績 34分08秒 新谷仁美(積水化学) 34分09秒 廣中璃梨佳(JP日本郵政グループ) 34分38秒 加世田梨花(ダイハツ) 34分56秒 小海 遥(第一生命グループ) 35分00秒 渡邊菜々美(パナソニック) 35分06秒 川口桃佳(豊田自動織機) 35分08秒 一山麻緒(資生堂) 35分17秒 安藤友香(ワコール) ◇廣中の駅伝成績 ・都道府県対抗女子駅伝 16年3区1位 17年4区1位 18年4区1位 19年1区1位 20年1区1位 22年9区1位 ・全国高校駅伝 18年1区1位 ・全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝) 19年1区1位 20年1区1位 21年3区1位 22年3区2位

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.22

東京世界陸上のメダル制作開始!「記憶に残り、見るたびに思い出すデザイン」目指して都内の中学・高校生にインタビュー

東京2025世界陸上財団はは7月22日、大会で選手に授与されるメダルのデザインに向け、ジュニアアスリートへのインタビューを東京・城西高で実施した。 国際大会出場選手が卒業している都内の学校から選定され、パリ五輪代表である […]

NEWS 20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

2024.07.22

20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

8月1日から始まるパリ五輪・陸上競技に向けて、日本代表選手団が出国する前に会見を開いて意気込みを語った。 男子20km競歩の古賀友太(大塚製薬)は初の五輪で「幼い頃から目標の舞台。身が引き締まる思い。自信を持って世界と戦 […]

NEWS 三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

2024.07.22

三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックで男子三段跳のC.テイラー(米国)が現役最後の競技会に出場。16m14(±0)の5位でグラウンドに別れを告げた。 テイラーは12年ロンドン五輪、16年リ […]

NEWS 16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

2024.07.22

16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックの男子400mでQ.ウィルソン(米国)がU18世界最高の44秒20で優勝した。 従来のU18世界最高はウィルソン自身が6月にマークした44秒59。U18 […]

NEWS フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

2024.07.22

フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

7月18日~21日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァでU18欧州選手権が開かれ、女子100mハードル(76.2cm)ではL.フリチェコワ(スロバキア)が12秒97(+0.2)で優勝した。 予選ではU18世界歴代2位、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top