HOME 駅伝、箱根駅伝

2022.11.21

箱根駅伝・関東学生連合チームがお披露目!中央学大・川崎勇二監督は「予選会の成績を重視する」と明言
箱根駅伝・関東学生連合チームがお披露目!中央学大・川崎勇二監督は「予選会の成績を重視する」と明言

第99回箱根駅伝にオープン出場として編成された関東学生連合チームの合同取材が11月20日に国立競技場で行われた。

広告の下にコンテンツが続きます

連合チームは10月15日に行われた予選会で敗退した大学のうち、外国籍選手を除く個人成績上位で箱根駅伝に出場経験のない選手の中から選考・編成。スタッフは連合チーム入りした大学の予選会上位から選考されている。

今回の連合チームを率いるのは予選会12位だった中央学大の川崎勇二監督。これまで全体で集まる機会はなく、これが初のお披露目だった。選手間では毎週オンラインでのミーティングを行って絆を深めており、スタッフを含めた全体ミーティングも一度だけ実施したという。

今後の区間決めについて川崎監督は「(10月の)予選会の成績を重視する」と明言。「明日(11月21日)までにそれぞれの希望区間を提出するよう伝えているので、それを見て区間配置やどんなレースにしていくかを決めていきます」と説明した。

チームの主将を務めるのは育英大の新田颯(4年)。予選会では連合チーム内トップの成績を残しており、本戦では1区を希望している。予選会2番手の流経大の長谷川瑠(2年)は3区、同日行われた10000m記録挑戦競技会で8組4着だった予選会3番手の橋本章央(芝浦工大3)が山上りの5区を志願。このあたりの予選会上位選手は希望通りの区間に配置される見込みだ。

広告の下にコンテンツが続きます

今後は感染症対策等を鑑み、合宿や全員が集まっての練習会は実施しない方針だという。「それぞれの大学で強化を進めてもらい、オンラインでのミーティングを重ねながらチームを作っていきます」(川崎監督)。

前回大会ではシードライン(10位)まで1分39秒と迫る14位相当と健闘した学生連合チームが、今回も年明けの箱根路で存在感を発揮しそうだ。

関東学生連合のメンバー発表!育英大・新田颯ら予選会上位選手がメンバー入り 東大大学院・古川大晃は2年連続選出/箱根駅伝

広告の下にコンテンツが続きます
第99回箱根駅伝にオープン出場として編成された関東学生連合チームの合同取材が11月20日に国立競技場で行われた。 連合チームは10月15日に行われた予選会で敗退した大学のうち、外国籍選手を除く個人成績上位で箱根駅伝に出場経験のない選手の中から選考・編成。スタッフは連合チーム入りした大学の予選会上位から選考されている。 今回の連合チームを率いるのは予選会12位だった中央学大の川崎勇二監督。これまで全体で集まる機会はなく、これが初のお披露目だった。選手間では毎週オンラインでのミーティングを行って絆を深めており、スタッフを含めた全体ミーティングも一度だけ実施したという。 今後の区間決めについて川崎監督は「(10月の)予選会の成績を重視する」と明言。「明日(11月21日)までにそれぞれの希望区間を提出するよう伝えているので、それを見て区間配置やどんなレースにしていくかを決めていきます」と説明した。 チームの主将を務めるのは育英大の新田颯(4年)。予選会では連合チーム内トップの成績を残しており、本戦では1区を希望している。予選会2番手の流経大の長谷川瑠(2年)は3区、同日行われた10000m記録挑戦競技会で8組4着だった予選会3番手の橋本章央(芝浦工大3)が山上りの5区を志願。このあたりの予選会上位選手は希望通りの区間に配置される見込みだ。 今後は感染症対策等を鑑み、合宿や全員が集まっての練習会は実施しない方針だという。「それぞれの大学で強化を進めてもらい、オンラインでのミーティングを重ねながらチームを作っていきます」(川崎監督)。 前回大会ではシードライン(10位)まで1分39秒と迫る14位相当と健闘した学生連合チームが、今回も年明けの箱根路で存在感を発揮しそうだ。 https://www.rikujyokyogi.co.jp/archives/83896

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.29

マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

プロランナーの川内優輝(あおいおニッセイ同和損保、36歳)が29日、都内で行われたイベントに参加し、近況などを語った。 脚の故障で前週の大阪マラソンなどを欠場しており、「10日間ほど休んでジョグは始めていますが、スピード […]

NEWS 第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

2024.02.29

第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

関東学生陸上競技連盟は2024年度の競技会スケジュールを公開した。 第103回関東学生対校選手権(関東インカレ)は5月9日から12日の4日間、東京・国立競技場で行われる。国立開催は2年ぶりとなる。 広告の下にコンテンツが […]

NEWS 棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

2024.02.29

棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

男子棒高跳で活躍したファビアン・シュルツェ氏(ドイツ)が2月25日、39歳の若さで病気のためゾントホーフェンで亡くなったことがわかった。 1984年3月生まれ。ジュニア時代から活躍し、2003年欧州ジュニア選手権3位、0 […]

NEWS 2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

2024.02.29

2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

世界陸連(WA)の理事会は英国・グラスゴーで開かれ、世界選手権のトラック種目についての変更点を承認した。 世界選手権のトラック種目のうち、スプリントから800mまでのレースにおいて、準決勝と決勝で9レーン(利用可能な競技 […]

NEWS 2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

2024.02.29

2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

世界陸連(WA)は英国・グラスゴーで理事会を開き、2025年から夏季シーズンを再編すると発表した。 現在の主要カレンダーは、4月からダイヤモンドリーグやコンチネンタルツアーが本格化し、6月あたりに各国選手権が開催。主催す […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top