HOME 高校

2022.11.15

駅伝でも活躍した元・世界クロカン代表の小野裕幸氏が来春から母校・前橋育英高の指導者に就任
駅伝でも活躍した元・世界クロカン代表の小野裕幸氏が来春から母校・前橋育英高の指導者に就任

05年、07年、13年の世界クロスカントリー選手権日本代表で、箱根駅伝や全日本実業団対抗駅伝などでも活躍した小野裕幸氏が、来年4月から母校の前橋育英高(群馬)に教員として赴任し、陸上部の駅伝監督に就任することがわかった。

小野氏は現在36歳。前橋育英高時代の04年埼玉国体少年A5000mで6位に入賞したほか、翌年2月の千葉国際クロスカントリーでも4位に入り、3月の世界クロスカントリー選手権の日本代表にも選出された。

順大進学後は1年次から箱根駅伝に出場。2年では2区も経験し、チームの総合優勝に貢献した。3年では5区に出走するも終盤で低血糖状態となり、途中棄権となったが、最終学年では再び5区を走り、区間2位と好走した。

大学卒業後は日清食品グループに入社し、10年には全日本実業団対抗駅伝でチーム初優勝のフィニッシュテープを切ったほか、13年に3度目の世界クロカンに出場。15年には日本選手権5000m4位に入るなど数々の実績を残した。19年に現役を退いてからは、慶大のコーチを務めていた。

前橋育英高は1962年創立の私立校。サッカー部や野球部とともに陸上部も強豪高として知られ、インターハイなどで多くの入賞者を輩出している。駅伝は過去4度の都大路出場を果たしているが、14年を最後に全国から遠ざかっていた。

小野氏の恩師でもあり、現在チームを指導する安達友信監督は、「選手としての経験を生徒たちに伝えてほしいです。駅伝で、もっと上を目指すチームとなるきっかけとなってほしいですね」と期待を寄せている。

05年、07年、13年の世界クロスカントリー選手権日本代表で、箱根駅伝や全日本実業団対抗駅伝などでも活躍した小野裕幸氏が、来年4月から母校の前橋育英高(群馬)に教員として赴任し、陸上部の駅伝監督に就任することがわかった。 小野氏は現在36歳。前橋育英高時代の04年埼玉国体少年A5000mで6位に入賞したほか、翌年2月の千葉国際クロスカントリーでも4位に入り、3月の世界クロスカントリー選手権の日本代表にも選出された。 順大進学後は1年次から箱根駅伝に出場。2年では2区も経験し、チームの総合優勝に貢献した。3年では5区に出走するも終盤で低血糖状態となり、途中棄権となったが、最終学年では再び5区を走り、区間2位と好走した。 大学卒業後は日清食品グループに入社し、10年には全日本実業団対抗駅伝でチーム初優勝のフィニッシュテープを切ったほか、13年に3度目の世界クロカンに出場。15年には日本選手権5000m4位に入るなど数々の実績を残した。19年に現役を退いてからは、慶大のコーチを務めていた。 前橋育英高は1962年創立の私立校。サッカー部や野球部とともに陸上部も強豪高として知られ、インターハイなどで多くの入賞者を輩出している。駅伝は過去4度の都大路出場を果たしているが、14年を最後に全国から遠ざかっていた。 小野氏の恩師でもあり、現在チームを指導する安達友信監督は、「選手としての経験を生徒たちに伝えてほしいです。駅伝で、もっと上を目指すチームとなるきっかけとなってほしいですね」と期待を寄せている。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

【高校生FOCUS】男子走幅跳・成川倭士(東海大翔洋高)インターハイに出場して狙うは大台到達

FOCUS! 高校生INTERVIEW 成川 倭士 Narukawa Wakushi 東海大翔洋高3静岡 注目の高校アスリートをフォーカスして紹介するコーナー!今回は成川倭士選手(東海大翔洋高3)です。昨年6月のインター […]

NEWS 円盤投全国トップの田窪一翔 100m10秒5台の畠中とマルティネスの対決 走幅跳全国4位の山崎りりや登場/IH四国

2024.06.13

円盤投全国トップの田窪一翔 100m10秒5台の畠中とマルティネスの対決 走幅跳全国4位の山崎りりや登場/IH四国

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ四国地区大会は6月15日から17日までの3日間、高知県の春野総合運動公園陸上競技場で開かれる。 男子の注目種目は円盤投。田窪一 […]

NEWS 五輪目指す栁田大輝が日本選手権前ラストレース やり投・清川と巖の80mスロワー対決、女子は山本亜美山形愛羽が登場/日本学生個人

2024.06.13

五輪目指す栁田大輝が日本選手権前ラストレース やり投・清川と巖の80mスロワー対決、女子は山本亜美山形愛羽が登場/日本学生個人

“学生ナンバーワン”を決める日本学生個人選手権が6月14日(金)から16日(日)までの3日間、神奈川・レモンガススタジアム平塚で行われる。学校対抗のインカレとは違った趣のナンバーワン決定戦。注目の選手たちを見ていこう。 […]

NEWS インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

2024.06.13

インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top