HOME 駅伝

2022.11.13

中部はトヨタ自動車が1区から先頭譲らず2年ぶり栄冠 北陸はYKK逃げ切る/中部・北陸実業団対抗駅伝
中部はトヨタ自動車が1区から先頭譲らず2年ぶり栄冠 北陸はYKK逃げ切る/中部・北陸実業団対抗駅伝

丸山達也(トヨタ自動車)

◇第62回中部・第52回北陸実業団対抗駅伝(愛知・7区間80.5km)

来年1月1日の全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)の予選会となる、第62回中部・第52回北陸実業団対抗駅伝が愛知県田原市のはなとき通り発着のコースで行われ、中部はトヨタ自動車が3時間54分41秒で2年ぶり24回目の優勝を飾った。

広告の下にコンテンツが続きます

1区の丸山竜也が中盤から後続を引き離しトップで中継したトヨタ自動車は、3区の太田智樹が区間賞でリードを拡大。4区ではオレゴン世界選手権マラソン代表の西山雄介がトヨタ紡織の羽生拓矢に12秒差にまで詰め寄られたものの、5区の大石港与が大雨の中、ベテランらしい堅実な走りで2位以下を突き放した。7区・田中秀幸も区間賞でフィニッシュテープを切った。

今年からチームの指揮を執る熊本剛監督は「優勝できてホッとしている。1区2区で主導権を握り、3区以降もしっかりと選手ががんばってくれました。ニューイヤー駅伝でも優勝を目指していきたい」と答えた。

2位は羽生と6区の聞谷賢人が区間賞のトヨタ紡織。NTNが2016年以来のトップ3となる3位で続いた。以下、愛知製鋼、愛三工業、トーエネック、中央発條と上位7位までが全日本大会の出場権を獲得。愛知製鋼は2年ぶりの上州路出場を決めた。

北陸はYKKが4時間3分33秒で優勝。5区終了時点で2位のセキノ興産に21秒差だったが、6区で丸山幸輝が区間新となる24分56秒と快走し、31年連続33回目のニューイヤー駅伝出場を決めている。

広告の下にコンテンツが続きます

■第62回 中部実業団対抗駅伝 結果
●総合成績
1位 トヨタ自動車 3.54.41
2位 トヨタ紡織  3.56.32
3位 NTN    3.57.49
4位 愛知製鋼   3.59.33
5位 愛三工業   4.00.21
6位 トーエネック 4.01.19
7位 中央発條   4.01.58
===以上、全日本大会出場===
8位 Infinity Athlete & Running Club
4.16.49
9位 御殿場滝ケ原自衛隊
4.17.08
OP 中部実業団選抜A3.59.18
OP 中部実業団選抜B4.01.26
OP 三菱自動車・ぬまちゃんず・TAKU
4.20.30
●区間賞
1区(12.0km) 丸山竜也(トヨタ自動車) 35.02
2区(8.3km)  M.ディラング(愛知製鋼) 23.26
3区(12.2km) 太田智樹(トヨタ自動車) 35.36
4区(15.5km) 羽生拓矢(トヨタ紡織)  43.58
5区(12.2km) 宮脇千尋(実業団選抜A/トヨタ自動車) 35.18
6区(8.5km)  聞谷賢人(トヨタ紡織)  24.02
7区(11.8km) 田中秀幸(トヨタ自動車) 34.44

■第52回北陸実業団対抗駅伝 結果
●総合成績
1位 YKK   4.03.33
===以上、全日本出場===
2位 セキノ興産 4.04.29
3位 高田自衛隊 4.14.03

●区間賞
1区(12.0km) 佐藤慎巴(セキノ興産)  36.11
2区(8.3km) ニコラス・コシンベイ(YKK) 24.04
3区(12.2km) 鈴木大海(セキノ興産)  37.48
4区(15.5km) 森山真伍(YKK)    45.56
5区(12.2km) 狩野琢巳(セキノ興産)  36.20=区間新
6区(8.5km)  丸山幸輝(YKK)    24.56=区間新
7区(11.8km) 中井槙吾(セキノ興産)  36.21

◇第62回中部・第52回北陸実業団対抗駅伝(愛知・7区間80.5km) 来年1月1日の全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)の予選会となる、第62回中部・第52回北陸実業団対抗駅伝が愛知県田原市のはなとき通り発着のコースで行われ、中部はトヨタ自動車が3時間54分41秒で2年ぶり24回目の優勝を飾った。 1区の丸山竜也が中盤から後続を引き離しトップで中継したトヨタ自動車は、3区の太田智樹が区間賞でリードを拡大。4区ではオレゴン世界選手権マラソン代表の西山雄介がトヨタ紡織の羽生拓矢に12秒差にまで詰め寄られたものの、5区の大石港与が大雨の中、ベテランらしい堅実な走りで2位以下を突き放した。7区・田中秀幸も区間賞でフィニッシュテープを切った。 今年からチームの指揮を執る熊本剛監督は「優勝できてホッとしている。1区2区で主導権を握り、3区以降もしっかりと選手ががんばってくれました。ニューイヤー駅伝でも優勝を目指していきたい」と答えた。 2位は羽生と6区の聞谷賢人が区間賞のトヨタ紡織。NTNが2016年以来のトップ3となる3位で続いた。以下、愛知製鋼、愛三工業、トーエネック、中央発條と上位7位までが全日本大会の出場権を獲得。愛知製鋼は2年ぶりの上州路出場を決めた。 北陸はYKKが4時間3分33秒で優勝。5区終了時点で2位のセキノ興産に21秒差だったが、6区で丸山幸輝が区間新となる24分56秒と快走し、31年連続33回目のニューイヤー駅伝出場を決めている。 ■第62回 中部実業団対抗駅伝 結果 ●総合成績 1位 トヨタ自動車 3.54.41 2位 トヨタ紡織  3.56.32 3位 NTN    3.57.49 4位 愛知製鋼   3.59.33 5位 愛三工業   4.00.21 6位 トーエネック 4.01.19 7位 中央発條   4.01.58 ===以上、全日本大会出場=== 8位 Infinity Athlete & Running Club 4.16.49 9位 御殿場滝ケ原自衛隊 4.17.08 OP 中部実業団選抜A3.59.18 OP 中部実業団選抜B4.01.26 OP 三菱自動車・ぬまちゃんず・TAKU 4.20.30 ●区間賞 1区(12.0km) 丸山竜也(トヨタ自動車) 35.02 2区(8.3km)  M.ディラング(愛知製鋼) 23.26 3区(12.2km) 太田智樹(トヨタ自動車) 35.36 4区(15.5km) 羽生拓矢(トヨタ紡織)  43.58 5区(12.2km) 宮脇千尋(実業団選抜A/トヨタ自動車) 35.18 6区(8.5km)  聞谷賢人(トヨタ紡織)  24.02 7区(11.8km) 田中秀幸(トヨタ自動車) 34.44 ■第52回北陸実業団対抗駅伝 結果 ●総合成績 1位 YKK   4.03.33 ===以上、全日本出場=== 2位 セキノ興産 4.04.29 3位 高田自衛隊 4.14.03 ●区間賞 1区(12.0km) 佐藤慎巴(セキノ興産)  36.11 2区(8.3km) ニコラス・コシンベイ(YKK) 24.04 3区(12.2km) 鈴木大海(セキノ興産)  37.48 4区(15.5km) 森山真伍(YKK)    45.56 5区(12.2km) 狩野琢巳(セキノ興産)  36.20=区間新 6区(8.5km)  丸山幸輝(YKK)    24.56=区間新 7区(11.8km) 中井槙吾(セキノ興産)  36.21

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.20

女王・北口榛花が渡欧前に弾みの逆転V!「余力が残っている状態で勝てた」パリに向かって“チーム一丸”/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が63m45のシーズンベストを投げて優勝 […]

NEWS 遠藤日向が復活!今季初戦で13分20秒28 初五輪へ「最低限良かった」/セイコーGGP

2024.05.20

遠藤日向が復活!今季初戦で13分20秒28 初五輪へ「最低限良かった」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子5000mはイマニエル・マル(トヨタ紡織)が13分18秒94で優勝 […]

NEWS 400mH豊田兼が日本歴代5位の48秒36 波乱の100mは栁田V サニブラウン、坂井はアクシデント/セイコーGGP

2024.05.20

400mH豊田兼が日本歴代5位の48秒36 波乱の100mは栁田V サニブラウン、坂井はアクシデント/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われた。 広告の下にコンテンツが続きます 男子400mハードルで好記録が誕生 […]

NEWS 400mH山本竜大が49秒96でV 200mは山路康太郎が20秒63で快勝/東日本実業団

2024.05.20

400mH山本竜大が49秒96でV 200mは山路康太郎が20秒63で快勝/東日本実業団

◇第66回東日本実業団選手権(5月18日~19日/埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場) 5月20日、東日本実業団選手権の最終日が行われ、男子400mハードルは山本竜大(SEKI A.C.)が49秒96で優勝を飾った。 […]

NEWS 【高平慎士の視点】日本スプリントを背負い始めた栁田大輝の覚悟 サニブラウン、坂井隆一郎は存在感と課題

2024.05.20

【高平慎士の視点】日本スプリントを背負い始めた栁田大輝の覚悟 サニブラウン、坂井隆一郎は存在感と課題

国立競技場で開催されたセイコーゴールデングランプリ(5月19日)の男子100mは、昨年のブダペスト世界陸上代表のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)、坂井隆一郎(大阪ガス)、栁田大輝(東洋大)がそろい踏みしたなか、栁 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top