HOME 駅伝

2022.11.13

前回V青学大・田中悠登が日本人トップの2位「昨年から力をつけてきた」優勝は国士大・カマウ/世田谷246ハーフマラソン
前回V青学大・田中悠登が日本人トップの2位「昨年から力をつけてきた」優勝は国士大・カマウ/世田谷246ハーフマラソン

13日に東京・駒沢オリンピック公園競技場を発着とした世田谷246ハーフマラソンが開催され、ピーター・カマウ(国士大)が1時間2分43秒で制した。日本人トップの2位は1時間3分04秒の田中悠登(青学大)が食い込んだ。

前回優勝の田中は2年連続の表彰台。「昨年優勝することができ、1年間力をつけて臨みました。昨年はたまたま優勝できましたが、今年は狙いに行っての日本人トップでした」とコメント。一番上りの厳しいポイントで原晋監督らチームスタッフがいたようで、「みんなの応援と同期の若林宏樹に上りの走り方を教えてもらったお陰です」と、勝負どころで後続との差を広げた。

昨年の箱根駅伝は16人のエントリーメンバーに選ばれたものの、10区の付き添いに回って悔しい思いを経験した。「その経験を糧にここまでがんばった。箱根駅伝で優勝するために故障なく練習を継続したいと思います」と、初の箱根路出走へ意欲を示した。

優勝したカマウは「暑くてコンディションは良くなかった」と話すものの、積極的な走りで2位以下を突き放して初優勝。来日2年目で日本にも慣れてきたようで、「国士舘のみんなは優しい。ベリーグッド」とコメント。箱根駅伝に向けては「3区で区間賞を狙いたい」と話し、イェゴン・ヴィンセント(東京国際大)の持つ区間記録(59分25秒/21.3km)更新にも意欲を見せた。

3位は吉本真啓(駒大)で1時間3分31秒。その他にも箱根駅伝出場を目指す選手たちが実戦の場でアピールした。

◆世田谷246ハーフマラソン上位成績
1位 P.カマウ(国士大)    1時間2分43秒
2位 田中悠登(青学大)    1時間3分04秒
3位 吉本真啓(駒大)     1時間3分31秒
4位 I.エバンス(サンベルクス)1時間3分40秒
5位 横山魁哉(創価大)    1時間3分57秒
6位 小林亮太(東洋大)    1時間4分05秒
7位 中園慎太朗(法大)    1時間4分12秒
8位 漆畑瑠人(明大)     1時間4分13秒

13日に東京・駒沢オリンピック公園競技場を発着とした世田谷246ハーフマラソンが開催され、ピーター・カマウ(国士大)が1時間2分43秒で制した。日本人トップの2位は1時間3分04秒の田中悠登(青学大)が食い込んだ。 前回優勝の田中は2年連続の表彰台。「昨年優勝することができ、1年間力をつけて臨みました。昨年はたまたま優勝できましたが、今年は狙いに行っての日本人トップでした」とコメント。一番上りの厳しいポイントで原晋監督らチームスタッフがいたようで、「みんなの応援と同期の若林宏樹に上りの走り方を教えてもらったお陰です」と、勝負どころで後続との差を広げた。 昨年の箱根駅伝は16人のエントリーメンバーに選ばれたものの、10区の付き添いに回って悔しい思いを経験した。「その経験を糧にここまでがんばった。箱根駅伝で優勝するために故障なく練習を継続したいと思います」と、初の箱根路出走へ意欲を示した。 優勝したカマウは「暑くてコンディションは良くなかった」と話すものの、積極的な走りで2位以下を突き放して初優勝。来日2年目で日本にも慣れてきたようで、「国士舘のみんなは優しい。ベリーグッド」とコメント。箱根駅伝に向けては「3区で区間賞を狙いたい」と話し、イェゴン・ヴィンセント(東京国際大)の持つ区間記録(59分25秒/21.3km)更新にも意欲を見せた。 3位は吉本真啓(駒大)で1時間3分31秒。その他にも箱根駅伝出場を目指す選手たちが実戦の場でアピールした。 ◆世田谷246ハーフマラソン上位成績 1位 P.カマウ(国士大)    1時間2分43秒 2位 田中悠登(青学大)    1時間3分04秒 3位 吉本真啓(駒大)     1時間3分31秒 4位 I.エバンス(サンベルクス)1時間3分40秒 5位 横山魁哉(創価大)    1時間3分57秒 6位 小林亮太(東洋大)    1時間4分05秒 7位 中園慎太朗(法大)    1時間4分12秒 8位 漆畑瑠人(明大)     1時間4分13秒

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

NEWS 【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

2024.06.13

【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「400mH」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu […]

NEWS 月刊陸上競技2024年7月号

2024.06.12

月刊陸上競技2024年7月号

Contents パリ五輪への道、最終局面 Route de Paris 2024 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) ~世界一、速い男になるために 栁田大輝(東洋大) ~ 21歳の夏、輝く 岡田久美子(富士通)  […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top