HOME 駅伝

2022.11.07

駒大が圧巻の大会新で3冠へ王手 大八木監督「勝因は2区の佐藤圭汰」/全日本大学駅伝
駒大が圧巻の大会新で3冠へ王手 大八木監督「勝因は2区の佐藤圭汰」/全日本大学駅伝

◇第54回全日本大学駅伝(11月6日/愛知・熱田神宮~三重・伊勢神宮:8区間106.8km)

真っ青な空の下、駒大のアンカー花尾恭輔(3年)が伊勢神宮のフィニッシュに吸い込まれていく。4位までが大会新となった今年の全日本大学駅伝。王者・駒大がとにかく強かった。

1区・円健介(4年)が4位につけると、 2区・佐藤圭汰(1年)が区間新のスピードで2位に浮上。当日変更で入った3区・山野力(4年)でトップに立った。

唯一不安視されていた4区・山川拓馬(1年)が区間賞の快走でリードを1分以上に拡大する。5区・篠原倖太朗(2年)、6区・安原太陽(3年)も首位をひた走った。

そして圧巻だったのが7区・田澤廉(4年)だ。10kmの通過を27分台で突っ込むと、区間記録(50分21秒)を43秒も塗り替えた。

「出雲駅伝(3区区間2位)は体調が良くなくてエースの走りができませんでした。全日本はエースとして他の選手を寄せつけない走りをしたかった。49分台という目標を達成できて良かったです」(田澤)

駒大の絶対エースが4年連続の区間賞を〝特大の区間新〟で飾ると、最後はアンカー花尾が57分30秒という好タイムの区間賞で締めくくった。

快走を連発した駒大の優勝タイムは5時間06分47秒。出雲駅伝に続いての大会新Vで、2020年に打ち立てた大会記録(5時間11分08秒)を4分21秒も更新した。後続を1km以上も引き離す、圧倒的な快走劇だった。

「今回は5区ぐらいまでに3位以内にいれば、6~8区は昨年逆転したメンバーがいましたので、後半には自信があったんです。1区から上位で行きましたし、初出場した選手もいい走りをしてくれました。私は5時間10分台を設定していたんですけど、追い風もあり、大会記録を大幅に短縮しました。タイムについてはちょっとびっくりしているところです」(大八木弘明監督)

駒大は29回目の出場で15度目の優勝。伊勢路のタイムとしては〝神の領域〟と言えるほどのインパクトだった。

出雲6区で復活の区間賞を獲得した鈴木芽吹(3年)は3週間ほど前に右ふくらはぎを痛めた影響で今回は欠場した。しかし、熾烈なレギュラー争いを勝ち抜いた選手たちが結果を残した。

「勝因は2区でしょうね。圭汰がいいところまで持っていけたので、山野でトップに立てた。山川は度胸がいいので使ってみたかったんですけど、うまく成功して、本当にホッとしています」と大八木監督。これで〝駅伝3冠〟に向けて王手となった。

「全日本3連覇はいい弾みになりましたね。箱根駅伝は山もありますし、その準備もしています。選手たちは『3冠』という思いが強いので、私も3冠を取りにいこうという気持ちですし、可能性は高いと思っています」(大八木監督)

出雲と全日本を驚異的なスピードで駆け抜けた駒大。悲願の3冠に向けて、このまま突き進む。

文/酒井政人

◇第54回全日本大学駅伝(11月6日/愛知・熱田神宮~三重・伊勢神宮:8区間106.8km) 真っ青な空の下、駒大のアンカー花尾恭輔(3年)が伊勢神宮のフィニッシュに吸い込まれていく。4位までが大会新となった今年の全日本大学駅伝。王者・駒大がとにかく強かった。 1区・円健介(4年)が4位につけると、 2区・佐藤圭汰(1年)が区間新のスピードで2位に浮上。当日変更で入った3区・山野力(4年)でトップに立った。 唯一不安視されていた4区・山川拓馬(1年)が区間賞の快走でリードを1分以上に拡大する。5区・篠原倖太朗(2年)、6区・安原太陽(3年)も首位をひた走った。 そして圧巻だったのが7区・田澤廉(4年)だ。10kmの通過を27分台で突っ込むと、区間記録(50分21秒)を43秒も塗り替えた。 「出雲駅伝(3区区間2位)は体調が良くなくてエースの走りができませんでした。全日本はエースとして他の選手を寄せつけない走りをしたかった。49分台という目標を達成できて良かったです」(田澤) 駒大の絶対エースが4年連続の区間賞を〝特大の区間新〟で飾ると、最後はアンカー花尾が57分30秒という好タイムの区間賞で締めくくった。 快走を連発した駒大の優勝タイムは5時間06分47秒。出雲駅伝に続いての大会新Vで、2020年に打ち立てた大会記録(5時間11分08秒)を4分21秒も更新した。後続を1km以上も引き離す、圧倒的な快走劇だった。 「今回は5区ぐらいまでに3位以内にいれば、6~8区は昨年逆転したメンバーがいましたので、後半には自信があったんです。1区から上位で行きましたし、初出場した選手もいい走りをしてくれました。私は5時間10分台を設定していたんですけど、追い風もあり、大会記録を大幅に短縮しました。タイムについてはちょっとびっくりしているところです」(大八木弘明監督) 駒大は29回目の出場で15度目の優勝。伊勢路のタイムとしては〝神の領域〟と言えるほどのインパクトだった。 出雲6区で復活の区間賞を獲得した鈴木芽吹(3年)は3週間ほど前に右ふくらはぎを痛めた影響で今回は欠場した。しかし、熾烈なレギュラー争いを勝ち抜いた選手たちが結果を残した。 「勝因は2区でしょうね。圭汰がいいところまで持っていけたので、山野でトップに立てた。山川は度胸がいいので使ってみたかったんですけど、うまく成功して、本当にホッとしています」と大八木監督。これで〝駅伝3冠〟に向けて王手となった。 「全日本3連覇はいい弾みになりましたね。箱根駅伝は山もありますし、その準備もしています。選手たちは『3冠』という思いが強いので、私も3冠を取りにいこうという気持ちですし、可能性は高いと思っています」(大八木監督) 出雲と全日本を驚異的なスピードで駆け抜けた駒大。悲願の3冠に向けて、このまま突き進む。 文/酒井政人

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.22

7/27開催 日本初上陸トラックイベント『On Track Nights: MDC』の観戦チケットが発売スタート!

スイスのスポーツブランド「On(オン)」が合同で開催する⽇本初上陸のトラックイベント「On Track Nights: MDC (オン トラック ナイツ: エムディーシー)」は7月27日に東京・世田谷区の大蔵運動公園陸上 […]

NEWS 関西王座を懸けて、関西ICきょう5/22開幕!注目は五輪代表・柳井綾音、前回MVP松井健斗、ブダペスト代表・山本亜美、甲南大ら

2024.05.22

関西王座を懸けて、関西ICきょう5/22開幕!注目は五輪代表・柳井綾音、前回MVP松井健斗、ブダペスト代表・山本亜美、甲南大ら

第101回関西インカレのT&Fの部は今日5月22日に開幕。25日までの4日間、京都市のたけびしスタジアム京都・東寺ハウジングフィールド西京極で行われる。 4月18日のハーフマラソンの部は大阪市のヤンマーフィール […]

NEWS 女子4×400mRは3位 3分35秒45でパリ五輪出場ラインには届かず/アジアリレー

2024.05.21

女子4×400mRは3位 3分35秒45でパリ五輪出場ラインには届かず/アジアリレー

第1回アジアリレー選手権が5月20、21日にタイ・バンコクで行われ、日本は女子4×400mリレーに出場し3分35秒45で3位だった。 日本は久保山晴菜(今村病院)、井戸アビゲイル風果(東邦銀行)、岩田優奈(スズキ)、森山 […]

NEWS ダイヤモンドリーグが中国の自動車ブランド「Zeekr」と公式モビリティパートナー締結

2024.05.21

ダイヤモンドリーグが中国の自動車ブランド「Zeekr」と公式モビリティパートナー締結

ダイヤモンドリーグは5月21日、​​電気自動車メーカーのZeekrと公式モビリティパートナーとして契約したと発表した。 「Zeekr(ジーカー)」は中国の吉利汽車が所有する電気自動車ブランドで2021年に設立。この後に控 […]

NEWS インターハイ都府県大会 週末は大阪で開催 東北、北信越、東海、中国、九州でも行われ一挙23府県で実施

2024.05.21

インターハイ都府県大会 週末は大阪で開催 東北、北信越、東海、中国、九州でも行われ一挙23府県で実施

福岡インターハイ(7月28日~8月1日/東平尾公園博多の森陸上競技場)を目指して、各地で行われているインターハイ都府県大会。明日5月22日の石川を皮切りに、来週前半までに23府県で開幕する。 北から順に、東北では青森、岩 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top