HOME 国内

2022.10.31

防府読売マラソン招待選手に菊地賢人、川内優輝、市山翼ら パリ五輪MGC懸かる
防府読売マラソン招待選手に菊地賢人、川内優輝、市山翼ら パリ五輪MGC懸かる

ジャパンマラソンチャンピオンシップシリーズ(JMCシリーズ)の一つで、ブダペスト世界選手権選考会などを兼ねた第53回防府読売マラソンの招待選手が発表された。

男子招待選手は2時間7分20秒の自己記録を持つ菊地賢人(メイクス)、川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)、市山翼(小森コーポレーション)といった2時間8分切りのベストを持つ3人など9人の名が並ぶ。

菊地は今年3月にコニカミノルタを退社して4月から現所属に。10月の東京レガシーハーフでは1時間6分02秒だった。すでにパリ五輪選考会となるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC/2023年秋開催予定)の出場権を持つ川内は、2月の大阪・びわ湖毎日マラソン統合大会(2時間8分49秒)以来の国内フルマラソンとなる。

エリート競技者では西澤佳洋(小森コーポレーション)、中村祐紀(住友電工)らが登録。ペースメーカーは鬼塚翔太(メイクス)、サイモン・カリウキ(戸上電機製作所)、ダニエル・キトニー(TRACK TOKYO)、ドミニク・ニャイロ(NTT西日本)が務める。

また、同時開催の第23回日本視覚障がい女子マラソンには道下美里(三井住友海上)がエントリーした。

防府読売はJMCシリーズ第2期で最もグレードの高いG1で、パリ五輪MGCのチャレンジ対象大会。2時間10分00秒以内で日本人3位に入ればMGC出場権を獲得となる。

レースは12月4日10時40分にキリンレモンスタジアムソルトアリーナ防府前県道をスタートし、同陸上競技場フィニッシュで行われる。

■第53回防府読売マラソン招待選手

菊地 賢人 (メイクス)

川内 優輝 (あいおいニッセイ同和損保)

市山 翼 (小森コーポレーション)

坪内 淳一 (黒崎播磨)

小山 裕太 (トーエネック)

清谷 匠 (中国電力)

谷原 先嘉 (大阪府警)

山本 翔馬 (NTT西日本)

橋本 崚 (GMOインターネットグループ)

ジャパンマラソンチャンピオンシップシリーズ(JMCシリーズ)の一つで、ブダペスト世界選手権選考会などを兼ねた第53回防府読売マラソンの招待選手が発表された。 男子招待選手は2時間7分20秒の自己記録を持つ菊地賢人(メイクス)、川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)、市山翼(小森コーポレーション)といった2時間8分切りのベストを持つ3人など9人の名が並ぶ。 菊地は今年3月にコニカミノルタを退社して4月から現所属に。10月の東京レガシーハーフでは1時間6分02秒だった。すでにパリ五輪選考会となるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC/2023年秋開催予定)の出場権を持つ川内は、2月の大阪・びわ湖毎日マラソン統合大会(2時間8分49秒)以来の国内フルマラソンとなる。 エリート競技者では西澤佳洋(小森コーポレーション)、中村祐紀(住友電工)らが登録。ペースメーカーは鬼塚翔太(メイクス)、サイモン・カリウキ(戸上電機製作所)、ダニエル・キトニー(TRACK TOKYO)、ドミニク・ニャイロ(NTT西日本)が務める。 また、同時開催の第23回日本視覚障がい女子マラソンには道下美里(三井住友海上)がエントリーした。 防府読売はJMCシリーズ第2期で最もグレードの高いG1で、パリ五輪MGCのチャレンジ対象大会。2時間10分00秒以内で日本人3位に入ればMGC出場権を獲得となる。 レースは12月4日10時40分にキリンレモンスタジアムソルトアリーナ防府前県道をスタートし、同陸上競技場フィニッシュで行われる。 ■第53回防府読売マラソン招待選手 菊地 賢人 (メイクス) 川内 優輝 (あいおいニッセイ同和損保) 市山 翼 (小森コーポレーション) 坪内 淳一 (黒崎播磨) 小山 裕太 (トーエネック) 清谷 匠 (中国電力) 谷原 先嘉 (大阪府警) 山本 翔馬 (NTT西日本) 橋本 崚 (GMOインターネットグループ)

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

NEWS 【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

2024.06.13

【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「400mH」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu […]

NEWS 月刊陸上競技2024年7月号

2024.06.12

月刊陸上競技2024年7月号

Contents パリ五輪への道、最終局面 Route de Paris 2024 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) ~世界一、速い男になるために 栁田大輝(東洋大) ~ 21歳の夏、輝く 岡田久美子(富士通)  […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top