HOME 中学

2022.10.23

三段跳・菅野穂乃が中学最高12m27!IH4位相当「いろいろな種目に挑戦してみたい」/U18・16大会
三段跳・菅野穂乃が中学最高12m27!IH4位相当「いろいろな種目に挑戦してみたい」/U18・16大会

◇第16回U18・第57回U16陸上大会(10月21日~23日/愛媛・県総合運動公園陸上競技場)

広告の下にコンテンツが続きます

ジュニア五輪を兼ねた第16回U18・第57回U16陸上大会の3日目が行われ、U16女子三段跳は菅野穂乃(天童二中3山形)が5回目に12m27(+1.3)を跳んで優勝。従来の中学最高記録を24cm上回った。

無限の可能性を持つ中学生アスリートが、その才能を愛媛の地で開花させた。走幅跳を専門にする菅野にとって、三段跳に出場するのはこれで2試合目。目標は「決勝進出(ベスト8)」だったが、1回目の11m88(-0.4)でトップに立つと、2回目以降も12m04(+0.6)、12m15(+0.8)、12m24(+1.5)と徐々にステップアップ。5回目に跳んだ12m27は今年の徳島インターハイ4位相当、高1最高記録(12m33)にも迫るビッグレコードだ。

10月上旬の国体では「コーチに勧められた」という100mハードル(U18規格)に出場し、14秒69(+0.1)で予選落ち。そこから徐々にこの大会へシフトし、三段跳の練習をしたのは「大会1週間前から」だという。

5m56を持つ走幅跳だけでなく、走高跳でも1m60のベストを持ち、ハードルでも国体に出場するほどのマルチな才能を持つ。高校では「走幅跳を中心に、いろいろな種目をやってみたい」と話し、七種競技への挑戦にも意欲を見せている。

広告の下にコンテンツが続きます
◇第16回U18・第57回U16陸上大会(10月21日~23日/愛媛・県総合運動公園陸上競技場) ジュニア五輪を兼ねた第16回U18・第57回U16陸上大会の3日目が行われ、U16女子三段跳は菅野穂乃(天童二中3山形)が5回目に12m27(+1.3)を跳んで優勝。従来の中学最高記録を24cm上回った。 無限の可能性を持つ中学生アスリートが、その才能を愛媛の地で開花させた。走幅跳を専門にする菅野にとって、三段跳に出場するのはこれで2試合目。目標は「決勝進出(ベスト8)」だったが、1回目の11m88(-0.4)でトップに立つと、2回目以降も12m04(+0.6)、12m15(+0.8)、12m24(+1.5)と徐々にステップアップ。5回目に跳んだ12m27は今年の徳島インターハイ4位相当、高1最高記録(12m33)にも迫るビッグレコードだ。 10月上旬の国体では「コーチに勧められた」という100mハードル(U18規格)に出場し、14秒69(+0.1)で予選落ち。そこから徐々にこの大会へシフトし、三段跳の練習をしたのは「大会1週間前から」だという。 5m56を持つ走幅跳だけでなく、走高跳でも1m60のベストを持ち、ハードルでも国体に出場するほどのマルチな才能を持つ。高校では「走幅跳を中心に、いろいろな種目をやってみたい」と話し、七種競技への挑戦にも意欲を見せている。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.13

三段跳世界女王・ロハスが左アキレス腱損傷 五輪連覇の夢ついえる

女子三段跳世界記録保持者のユイマール・ロハス(ベネズエラ)の五輪連覇の夢が絶たれた。 自身のSNSを更新し、病院のベッドにいる写真とともに練習中に左アキレス腱損傷を負ったことを明かし、「パリ五輪には参加できない」と綴った […]

NEWS 女王シファン・ハッサンインタビュー「好奇心を持つこと」「失敗を恐れず前を向いて」挑戦し続けるメンタリティー

2024.04.12

女王シファン・ハッサンインタビュー「好奇心を持つこと」「失敗を恐れず前を向いて」挑戦し続けるメンタリティー

東京マラソン翌日の3月4日、女子10000mとマラソンで世界歴代2位の自己記録(29分06秒82&2時間13分44秒)を持つシファン・ハッサン(オランダ)がインタビューに応じた。 東京マラソンでは2時間18分05秒で4位 […]

NEWS “キング”キプチョゲが語るマラソン「挑戦すること。人間に限界はありません」パリ五輪で目指すのは…

2024.04.12

“キング”キプチョゲが語るマラソン「挑戦すること。人間に限界はありません」パリ五輪で目指すのは…

東京マラソン翌日の3月4日、男子マラソンの前世界記録保持者で五輪2連覇中のエリウド・キプチョゲ(ケニア)がインタビューに応じた。 前日の東京マラソンで、2時間6分50秒で10位。実力を発揮できなかったものの、「東京の街に […]

NEWS 編集部コラム「マラソン大会」

2024.04.12

編集部コラム「マラソン大会」

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 広告の下にコンテンツが続きます 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り […]

NEWS 世界リレー代表選考会!出雲陸上に飯塚翔太、東田旺洋ら参戦!女子は兒玉、君嶋、鶴田ら激戦必至

2024.04.12

世界リレー代表選考会!出雲陸上に飯塚翔太、東田旺洋ら参戦!女子は兒玉、君嶋、鶴田ら激戦必至

日本グランプリシリーズの吉岡隆徳記念第78回出雲陸上が4月13、14日に行われる。今大会は5月に開かれる世界リレー(バハマ)の代表選考会を兼ねて実施。その先にはパリ五輪も待つ重要なレースとなる。グランプリ種目は男子100 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top