HOME 高校

2022.10.21

円盤投・友利晟弓43m62で3連覇&IHと2冠!「もうちょっといきたかった」/U18・U16大会
円盤投・友利晟弓43m62で3連覇&IHと2冠!「もうちょっといきたかった」/U18・U16大会

◇第16回U18・第57回U16陸上大会(10月21日~23日/愛媛・県総合運動公園陸上競技場)

ジュニア五輪を兼ねた第16回U18・第57回U16陸上大会の初日が行われ、大会最初の決勝種目であるU18女子円盤投は友利晟弓(那覇西高3沖縄)が43m62で制した。

1投目は43m41を放った桑島弥々(咲くやこの花高3大阪)に及ばない41m91で2位だったものの、3投目に逆転。4投目と5投目はファウルに終わったが、そのまま逃げ切った。
※今大会のフィールド種目は5回の試技で終了

「調子が良かっただけにもうちょっといきたかった」と友利。9月に出した自己記録47m26に届かず悔しそうな表情を見せたが、一昨年の全国高校大会(ジュニアオリンピックカップ)、昨年のU18に続く大会3連覇、そして8月のインターハイに続く全国2冠には「とてもうれしいです」と笑顔を見せた。

大学でも競技を続ける予定だという友利は「1年目から50m台を安定させて、全国大会で優勝したい」と、輝かしい青写真を描いている。

◇第16回U18・第57回U16陸上大会(10月21日~23日/愛媛・県総合運動公園陸上競技場) ジュニア五輪を兼ねた第16回U18・第57回U16陸上大会の初日が行われ、大会最初の決勝種目であるU18女子円盤投は友利晟弓(那覇西高3沖縄)が43m62で制した。 1投目は43m41を放った桑島弥々(咲くやこの花高3大阪)に及ばない41m91で2位だったものの、3投目に逆転。4投目と5投目はファウルに終わったが、そのまま逃げ切った。 ※今大会のフィールド種目は5回の試技で終了 「調子が良かっただけにもうちょっといきたかった」と友利。9月に出した自己記録47m26に届かず悔しそうな表情を見せたが、一昨年の全国高校大会(ジュニアオリンピックカップ)、昨年のU18に続く大会3連覇、そして8月のインターハイに続く全国2冠には「とてもうれしいです」と笑顔を見せた。 大学でも競技を続ける予定だという友利は「1年目から50m台を安定させて、全国大会で優勝したい」と、輝かしい青写真を描いている。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.18

女子短距離の山中日菜美が地元・滋賀のマリングレイスとスポンサー契約を締結

女子短距離の山中日菜美(滋賀陸協)と株式会社マリングレイスがスポンサー契約を締結したことを発表した。 山中は滋賀県出身の27歳。立命大を経て、大学卒業1年目の2019年には世界リレー代表にも選出された。2022年に実業団 […]

NEWS サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

2024.06.18

サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストでパリ五輪代表に内定しているサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が主宰する小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」の東日本エリア予選 […]

NEWS サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

2024.06.18

サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

男子短距離のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が企画した100mの競技会「DAWN GAMES」の西日本予選が去る6月9日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。 この大会は「陸上人口を増やし、層を厚くしたい」「 […]

NEWS 【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

2024.06.18

【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

ニシ・スポーツから新登場した2024年春夏モデルの「HIGH TECH LINE」シリーズが好評だ。 なかでも、機能性を追求した「ジャカードレーシングTシャツ」は、胸・背・脇に配したエアーダクトホール、吸汗速乾性のある素 […]

NEWS 中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

2024.06.18

中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

WAコンチネンタルツアー・チャレンジャーのNACACニューライフ招待が6月16日にバハマで行われ、男子400mに中島佑気ジョセフ(富士通)が出場。45秒49のシーズンベストで優勝した。 中島は、東洋大4年だった昨年の日本 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top