HOME アイテム、プレゼント
【プレゼント】運動しながらボディケアできる 「コラントッテSPORTSカーフ」/2022年11月号
【プレゼント】運動しながらボディケアできる 「コラントッテSPORTSカーフ」/2022年11月号

 スポーツを楽しむ人のための新ブランド「Colantotte SPORTS(コラントッテスポーツ)」から、運動しながらボディケアできる新感覚スポーツウェアが登場!! ふくらはぎ全体をカバーすることで筋肉を適度にホールドし、筋振動を軽減する磁気カーフサポーターが注目を集めている。デザインはプリント柄違いの左右セットで、ブラックと
ブラックカモの2色展開。

ひらめ筋近くの筋肉に沿って配置した医療機器認証の磁気の効果で装着部位の血行を改善し、筋肉のコリを緩和。4WAYストレッチ生地と立体裁断で動きやすく、身体にフィットする3Dデザインを採用したソフトコンプレッション構造のため長時間着用していても快適だ。生地には吸水速乾加工を施しており、紫外線遮蔽率(UVカット)はブラックが97.6%、ブラックカモは99.4%。また、ふくらはぎ上部内側に超極細ポリエステル「ナノフロント®」を使用した滑り止めゴムを採用し、肌当たりやさしく、強力なグリップ力を発揮する。S、M、Lの3サイズ展開で、価格は4,950円(税込)。

広告の下にコンテンツが続きます


▲ソフトコンプレッション構造のため長時間着用していても快適。モデルは青山学院大学の近藤幸太郎選手

販売元であるコラントッテのご厚意により、この商品を本誌読者5名(サイズはM 2、L 3)にプレゼント。応募はこちらから。

 スポーツを楽しむ人のための新ブランド「Colantotte SPORTS(コラントッテスポーツ)」から、運動しながらボディケアできる新感覚スポーツウェアが登場!! ふくらはぎ全体をカバーすることで筋肉を適度にホールドし、筋振動を軽減する磁気カーフサポーターが注目を集めている。デザインはプリント柄違いの左右セットで、ブラックと ブラックカモの2色展開。 ひらめ筋近くの筋肉に沿って配置した医療機器認証の磁気の効果で装着部位の血行を改善し、筋肉のコリを緩和。4WAYストレッチ生地と立体裁断で動きやすく、身体にフィットする3Dデザインを採用したソフトコンプレッション構造のため長時間着用していても快適だ。生地には吸水速乾加工を施しており、紫外線遮蔽率(UVカット)はブラックが97.6%、ブラックカモは99.4%。また、ふくらはぎ上部内側に超極細ポリエステル「ナノフロント®」を使用した滑り止めゴムを採用し、肌当たりやさしく、強力なグリップ力を発揮する。S、M、Lの3サイズ展開で、価格は4,950円(税込)。 ▲ソフトコンプレッション構造のため長時間着用していても快適。モデルは青山学院大学の近藤幸太郎選手 販売元であるコラントッテのご厚意により、この商品を本誌読者5名(サイズはM 2、L 3)にプレゼント。応募はこちらから。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.29

マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

プロランナーの川内優輝(あおいおニッセイ同和損保、36歳)が29日、都内で行われたイベントに参加し、近況などを語った。 脚の故障で前週の大阪マラソンなどを欠場しており、「10日間ほど休んでジョグは始めていますが、スピード […]

NEWS 第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

2024.02.29

第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

関東学生陸上競技連盟は2024年度の競技会スケジュールを公開した。 第103回関東学生対校選手権(関東インカレ)は5月9日から12日の4日間、東京・国立競技場で行われる。国立開催は2年ぶりとなる。 広告の下にコンテンツが […]

NEWS 棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

2024.02.29

棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

男子棒高跳で活躍したファビアン・シュルツェ氏(ドイツ)が2月25日、39歳の若さで病気のためゾントホーフェンで亡くなったことがわかった。 1984年3月生まれ。ジュニア時代から活躍し、2003年欧州ジュニア選手権3位、0 […]

NEWS 2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

2024.02.29

2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

世界陸連(WA)の理事会は英国・グラスゴーで開かれ、世界選手権のトラック種目についての変更点を承認した。 世界選手権のトラック種目のうち、スプリントから800mまでのレースにおいて、準決勝と決勝で9レーン(利用可能な競技 […]

NEWS 2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

2024.02.29

2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

世界陸連(WA)は英国・グラスゴーで理事会を開き、2025年から夏季シーズンを再編すると発表した。 現在の主要カレンダーは、4月からダイヤモンドリーグやコンチネンタルツアーが本格化し、6月あたりに各国選手権が開催。主催す […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top