HOME 高校

2022.10.18

インターハイ5000m競歩の参加数44人→55人に 地区大会5位までに出場権
インターハイ5000m競歩の参加数44人→55人に 地区大会5位までに出場権


全国高体連は、来夏開催の北海道インターハイ(2023年8月2日~6日予定/札幌厚別公園競技場)から男女各5000m競歩の参加数を今年までの44人から55人に増やすことを決めた。

これにより、6月の各地区大会(11地区/北海道・東北・北関東・南関東・北信越・東海・近畿・中国・四国・北九州・南九州)で4位までに与えられたインターハイ出場権が5位まで拡大される。現行のインターハイ競技日程に支障がないように増加分を定めた。

広告の下にコンテンツが続きます

全国高体連陸上競技専門部によると、シニアを中心に競歩の競技力が向上している現状を踏まえ、高校生世代のレベルアップと競技の普及につなげたいのが理由。9月下旬の全国高体連総体中央委員会で了承を得ており、各都道府県高体連にも通知している。

なお、都府県大会から地区大会への進出条件については、各地区で今後決めるとしている。

全国高体連は、来夏開催の北海道インターハイ(2023年8月2日~6日予定/札幌厚別公園競技場)から男女各5000m競歩の参加数を今年までの44人から55人に増やすことを決めた。 これにより、6月の各地区大会(11地区/北海道・東北・北関東・南関東・北信越・東海・近畿・中国・四国・北九州・南九州)で4位までに与えられたインターハイ出場権が5位まで拡大される。現行のインターハイ競技日程に支障がないように増加分を定めた。 全国高体連陸上競技専門部によると、シニアを中心に競歩の競技力が向上している現状を踏まえ、高校生世代のレベルアップと競技の普及につなげたいのが理由。9月下旬の全国高体連総体中央委員会で了承を得ており、各都道府県高体連にも通知している。 なお、都府県大会から地区大会への進出条件については、各地区で今後決めるとしている。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.26

「ここが自分の最高地点じゃない」2時間6分18秒!衝撃の初マラソン初V飾った國學院大・平林清澄 世界へ意欲/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS パリ五輪代表・小山直城は日本歴代9位2時間6分33秒&経験の「収穫」と「反省」の3位「現状の力は出し切れた」/大阪マラソン

2024.02.26

パリ五輪代表・小山直城は日本歴代9位2時間6分33秒&経験の「収穫」と「反省」の3位「現状の力は出し切れた」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS 山口智規が井川龍人との「早大対決」制す!先輩大迫傑と同じ大学2年生Vで「これをステップに」/日本選手権クロカン

2024.02.26

山口智規が井川龍人との「早大対決」制す!先輩大迫傑と同じ大学2年生Vで「これをステップに」/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われた。シニア男子 […]

NEWS 女子は酒井美玖が地元V!「世界で通用する選手になるためにもここで優勝したいと思っていた」/日本選手権クロカン

2024.02.26

女子は酒井美玖が地元V!「世界で通用する選手になるためにもここで優勝したいと思っていた」/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、49人が出走 […]

NEWS 衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

2024.02.25

衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top