HOME 駅伝、箱根駅伝

2022.10.15

早大はアクシデントも4位通過 花田新監督「もう少し主導権を握りたかった」/箱根駅伝予選会
早大はアクシデントも4位通過 花田新監督「もう少し主導権を握りたかった」/箱根駅伝予選会

◇第99回箱根駅伝予選会(10月15日/東京・陸上自衛隊立川駐屯地スタート、昭和記念公園フィニッシュ:21.0975km)

来年正月の第99回箱根駅伝の出場権を懸けた箱根駅伝予選会が行われ、早大は10時間42分29秒の4位で通過した。47年連続92回目の出場となる。

チームを牽引したのはエースの井川龍人(4年)で、1時間2分39秒で日本人2番手の9位でフィニッシュした。今季からチームを指揮する花田勝彦監督は「井川はさすがエースらしい走りをしてくれました。練習7、8割で62分台です。意識も上がってきたのでまだ伸びしろがあります」と高く評価する。

夏合宿は「苦手な走り込みもしっかりやってくれた」と花田監督。だが、レースは想定外が続く。「思ったよりスローペースだったので、もう少し主導権を握りたかったですね」と言う。さらに上位争いをしていた山口智規(1年)が体調不良で大きく失速した。

「それがなければトップ通過だったと思いますが、欲を言えばアクシデントがあっても3位以内は入りたかった」と指揮官は言うものの、「次につながる課題としてやれている」と本戦を見据えている。

自身の経験を踏まえて「箱根を優勝するチームの練習、雰囲気からすればまだ6割」と花田監督。名門復活を託された指揮官が、母校を再び箱根路で輝かせる。

◇第99回箱根駅伝予選会(10月15日/東京・陸上自衛隊立川駐屯地スタート、昭和記念公園フィニッシュ:21.0975km) 来年正月の第99回箱根駅伝の出場権を懸けた箱根駅伝予選会が行われ、早大は10時間42分29秒の4位で通過した。47年連続92回目の出場となる。 チームを牽引したのはエースの井川龍人(4年)で、1時間2分39秒で日本人2番手の9位でフィニッシュした。今季からチームを指揮する花田勝彦監督は「井川はさすがエースらしい走りをしてくれました。練習7、8割で62分台です。意識も上がってきたのでまだ伸びしろがあります」と高く評価する。 夏合宿は「苦手な走り込みもしっかりやってくれた」と花田監督。だが、レースは想定外が続く。「思ったよりスローペースだったので、もう少し主導権を握りたかったですね」と言う。さらに上位争いをしていた山口智規(1年)が体調不良で大きく失速した。 「それがなければトップ通過だったと思いますが、欲を言えばアクシデントがあっても3位以内は入りたかった」と指揮官は言うものの、「次につながる課題としてやれている」と本戦を見据えている。 自身の経験を踏まえて「箱根を優勝するチームの練習、雰囲気からすればまだ6割」と花田監督。名門復活を託された指揮官が、母校を再び箱根路で輝かせる。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

東大阪大敬愛高が4×800mRで日本新!日本選手権Vの久保凛 2分01秒台の激走に「自信になります」

7月13日、東大阪市第2回OV30陸上競技記録会が東大阪市のトライスタジアム(花園中央公園多目的競技場)で行われ、女子4×800mリレーに東大阪大敬愛高(大阪)の2チームが出場。北村凜(3年)、朝野流南(2年)、田村実彩 […]

NEWS 五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

2024.07.13

五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第3戦の士別大会が7月13日に行われ、女子3000mAではパリ五輪5000m代表の樺沢和佳奈(三井住友海上)が8分53秒99の自己新をマークした。 6月末の日本選手権以来のレースと […]

NEWS 男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

2024.07.13

男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

7月12日、男子走高跳のM.E.バルシム(カタール)が自身のSNSを更新し、「パリ五輪が自身最後の五輪になる」と発表した。 6月に33歳となったバルシムは男子走高跳を長く牽引してきたジャンパー。2010年の世界ジュニア選 […]

NEWS 男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

2024.07.13

男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

7月13日、第97回北海道選手権の初日が網走市運動公園市営陸上競技場で行われ、男子走幅跳に日本記録保持者の城山正太郎(ゼンリン)が出場し、シーズンベストの7m86(+1.7)で優勝した。 昨年の世界選手権代表の城山。今季 […]

NEWS 【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

2024.07.13

【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

7月13日、第79回愛媛県選手権の2日目が行われ、男子200mで高校1年生の井手友郎(済美高1愛媛)が21秒28(+1.5)の大会新記録で優勝した。この記録は高1歴代8位の好記録となる。 井手は桑原中時代に全中200m5 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top