HOME 高校

2022.10.06

3年ぶり開催!最初の優勝は円盤投・奈良の矢野結衣「うれしいです!」/栃木国体
3年ぶり開催!最初の優勝は円盤投・奈良の矢野結衣「うれしいです!」/栃木国体

◇第77回栃木国体(10月6~10日/宇都宮市・カンセキスタジアムとちぎ)1日目

3年ぶりの開催となった国体が栃木県宇都宮市で開かれた。あいにくの雨と寒さとなった大会1日目、最初の決勝種目の少年女子B円盤投は、矢野結衣(奈良・添上高1)が優勝した。

「ランキングでは6位だったのでメダルを狙っていました。優勝できて単純にうれしいです」と喜ぶ。1、2回目ファウルと後がない状況で「記録を残しにいった」と3回目でしっかりトップ8に残ると、5回目に39m31をマークして逆転で首位に。自己記録36m49を大幅に更新した。

「自己ベストは超えられると思っていました。4投目にすべってしまったので、先生から『踏ん張るように』と言われました。最後のターンでしっかり地面をとられえるように意識しました」

走高跳の選手だった父に「小さい時から肩が柔らかいから円盤投が向いている」と言われ中1から始めたという矢野。まだ「セカンドターンが開いてしまう。上半身と下半身の動きを一致させて安定させたいです」と課題を挙げる。今年の目標は40m超え。「(2週間後の)U18大会で狙います」と意気込みを語った。

ランキングトップの41m92を持っていた川村羽海(北海道・幕別清陵高1)は38m76で2位。「実力が発揮できず悔しいです。身体が突っ込んでしまいました」と涙する。

国体の雰囲気は「大人の選手もいて盛り上がっているのでいい大会だと思います」と話す。同じ北海道の投てきと言えば北口榛花(JAL)。とは入れ違いで会うことはできないそうだが、「同じチームで戦えるというのはありがたいです」と語った。次は「今日の反省を生かしてU16大会で優勝します」と目標を話す。

栃木国体は10月10日まで行われる。

◇第77回栃木国体(10月6~10日/宇都宮市・カンセキスタジアムとちぎ)1日目 3年ぶりの開催となった国体が栃木県宇都宮市で開かれた。あいにくの雨と寒さとなった大会1日目、最初の決勝種目の少年女子B円盤投は、矢野結衣(奈良・添上高1)が優勝した。 「ランキングでは6位だったのでメダルを狙っていました。優勝できて単純にうれしいです」と喜ぶ。1、2回目ファウルと後がない状況で「記録を残しにいった」と3回目でしっかりトップ8に残ると、5回目に39m31をマークして逆転で首位に。自己記録36m49を大幅に更新した。 「自己ベストは超えられると思っていました。4投目にすべってしまったので、先生から『踏ん張るように』と言われました。最後のターンでしっかり地面をとられえるように意識しました」 走高跳の選手だった父に「小さい時から肩が柔らかいから円盤投が向いている」と言われ中1から始めたという矢野。まだ「セカンドターンが開いてしまう。上半身と下半身の動きを一致させて安定させたいです」と課題を挙げる。今年の目標は40m超え。「(2週間後の)U18大会で狙います」と意気込みを語った。 ランキングトップの41m92を持っていた川村羽海(北海道・幕別清陵高1)は38m76で2位。「実力が発揮できず悔しいです。身体が突っ込んでしまいました」と涙する。 国体の雰囲気は「大人の選手もいて盛り上がっているのでいい大会だと思います」と話す。同じ北海道の投てきと言えば北口榛花(JAL)。とは入れ違いで会うことはできないそうだが、「同じチームで戦えるというのはありがたいです」と語った。次は「今日の反省を生かしてU16大会で優勝します」と目標を話す。 栃木国体は10月10日まで行われる。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.21

七種競技・山﨑有紀「自己ベストで優勝」大玉華鈴「6000点目指したい」/日本選手権混成

◇第108回日本選手権・混成競技(6月22、23日/岐阜メモリアルセンター長良川競技場) パリ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権・混成競技を前日に控える6月21日、岐阜市内で出場選手が前日会見に登壇した。 女子七種競技の日 […]

NEWS 世界陸上代表・丸山優真「最大限やってきた」田上駿「優勝を第一目標に」/日本選手権混成

2024.06.21

世界陸上代表・丸山優真「最大限やってきた」田上駿「優勝を第一目標に」/日本選手権混成

◇第108回日本選手権・混成競技(6月22、23日/岐阜メモリアルセンター長良川競技場) パリ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権・混成競技を前日に控える6月21日、岐阜市内で出場選手が前日会見に登壇した。 男子十種競技で前 […]

NEWS 20km競歩リオ、東京五輪代表・髙橋英輝が現役引退 「どのレースも自分にとっては忘れられない思い出」1万m競歩では世界最高記録も保持

2024.06.21

20km競歩リオ、東京五輪代表・髙橋英輝が現役引退 「どのレースも自分にとっては忘れられない思い出」1万m競歩では世界最高記録も保持

6月20日、富士通は所属する競歩の髙橋英輝が同日付で引退することを発表した。 髙橋は岩手県花巻市出身の31歳。小学校ではサッカー、中学校ではソフトテニス部だったが、陸上の大会前になると特設された陸上部に所属し、長距離ラン […]

NEWS ゴールドコーストマラソンに川内優輝、小山裕太、川内理江ら日本人選手多数招待! 7月7日開催

2024.06.21

ゴールドコーストマラソンに川内優輝、小山裕太、川内理江ら日本人選手多数招待! 7月7日開催

7月7日に行われる第44回ゴールドコーストマラソンに先立ち、大会事務局は6月20日、21日に男女の招待選手を発表した。 日本からは男女17人の選手が招待。男子ではパリ五輪マラソンの補欠に選ばれている川内優輝(あいおいニッ […]

NEWS 棒高跳アジア記録保持者・オビエナ シーズンベストの5m97! 砲丸投・ファブリは大会新V/WAコンチネンタルツアー

2024.06.21

棒高跳アジア記録保持者・オビエナ シーズンベストの5m97! 砲丸投・ファブリは大会新V/WAコンチネンタルツアー

6月20日、ポーランド・ビドゴシュチでWAコンチネンタルツアー・ゴールドのイレーナ・シェビンスカ記念が開催され、男子棒高跳ではオレゴン世界選手権銀メダルのE.J.オビエナ(フィリピン)が5m97で優勝した。 6m00のア […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top