HOME 駅伝、箱根駅伝

2022.10.03

箱根予選会エントリー発表!東海大・石原翔太郎、早大・井川龍人ら順当に登録 日体大・藤本が外れる
箱根予選会エントリー発表!東海大・石原翔太郎、早大・井川龍人ら順当に登録 日体大・藤本が外れる

関東学連は3日、第99回箱根駅伝の予選会(10月15日)に出場する大学と登録選手を発表した。

上位候補の東海大は、前回の箱根駅伝7区の越陽汰(2年)と同9区8位の竹村拓真(4年)、10000m28分21秒80の松尾昂来(3年)が外れたものの、エースの石原翔太郎(3年)や箱根5区で区間2位と好走した吉田響(2年)が順当にメンバー入り。3年ぶりの予選会となる早大は主軸の井川龍人(4年)、鈴木創士(4年)、菖蒲敦司(3年)、石塚陽士(2年)、伊藤大志(2年)のほか、間瀬田純平、山口智規ら1年生もエントリー入りした。

継続中では最多74年連続出場中の日体大は絶対的エースの藤本珠輝(4年)がエントリー外。6月の全日本大学駅伝選考会1位通過の神奈川大は、前回1区だった主力の巻田理空(3年)が外れたものの、それ以外の主力は順当に名を連ねた。

前回出場を逃した日大は10000m28分21秒52を持つ松岡竜矢(4年)がエントリー外。拓大は2年時に個人トップの快走を見せているジョセフ・ラジニ(4年)を軸に2年ぶり返り咲きを狙う。

また、近年はアフリカ出身の留学生を迎える大学が急増しており、今大会は15校が留学生を登録した。

箱根駅伝予選会には前回から2チーム増の43校が出場。各校10人から14人が登録され、12人まで出走。上位10人の合計タイムによって上位10チームが本戦出場権を得る。

昨年までの2年間は新型コロナウイルス感染症対策として陸上自衛隊立川駐屯地のみで行われていたが、今年は3年前までと同じく駐屯地から立川市街地を経て国営昭和記念公園でフィニッシュするコースで実施される。

ただし、関東学連は「出場チームの大学関係者やOB・OG、保護者、地域の皆さまは、応援のための外出をお控えいただき、沿道および国営昭和記念公園での応援行為はご遠慮くださいますようお願い申し上げます」と発表している。

■有力校のエントリー一覧
・東海大
宇留田竜希(4年)
金澤有真(4年)
川上勇士(4年)
佐藤俊輔(4年)
杉本将太(4年)
松崎咲人(4年)
石原翔太郎(3年)
入田優希(3年)
神薗竜馬(3年)
吉田 響(2年)
鈴木天智(1年)
竹割 真(1年)
中井陸人(1年)
湯野川創(1年)
・神奈川大
有村祐亮(4年)
鈴木玲央(4年)
山﨑諒介(4年)
宇津野篤(3年)
大泉真尋(3年)
尾方馨斗(3年)
小林篤貴(3年)
小林政澄(3年)
佐々木亮輔(3年)
石口大地(2年)
中原優人(2年)
酒井健成(1年)
宮本陽叶(1年)
山田基貴(1年)
・早大
井川龍人(4年)
鈴木創士(4年)
安田博登(4年)
北村 光(3年)
佐藤航希(3年)
菖蒲敦司(3年)
辻 文哉(3年)
石塚陽士(2年)
伊藤大志(2年)
伊福陽太(2年)
菅野雄太(2年)
諸冨 湧(2年)
間瀬田純平(1年)
山口智規(1年)
・明大
漆畑瑠人(4年)
小澤大輝(4年)
加藤大誠(4年)
櫛田佳希(4年)
下條乃將(4年)
富田峻平(4年)
城戸洸輝(3年)
児玉真輝(3年)
杉彩文海(3年)
甲斐涼介(2年)
新谷紘ノ介(2年)
鈴木祐太(2年)
室田安寿(1年)
森下翔太(1年)

関東学連は3日、第99回箱根駅伝の予選会(10月15日)に出場する大学と登録選手を発表した。 上位候補の東海大は、前回の箱根駅伝7区の越陽汰(2年)と同9区8位の竹村拓真(4年)、10000m28分21秒80の松尾昂来(3年)が外れたものの、エースの石原翔太郎(3年)や箱根5区で区間2位と好走した吉田響(2年)が順当にメンバー入り。3年ぶりの予選会となる早大は主軸の井川龍人(4年)、鈴木創士(4年)、菖蒲敦司(3年)、石塚陽士(2年)、伊藤大志(2年)のほか、間瀬田純平、山口智規ら1年生もエントリー入りした。 継続中では最多74年連続出場中の日体大は絶対的エースの藤本珠輝(4年)がエントリー外。6月の全日本大学駅伝選考会1位通過の神奈川大は、前回1区だった主力の巻田理空(3年)が外れたものの、それ以外の主力は順当に名を連ねた。 前回出場を逃した日大は10000m28分21秒52を持つ松岡竜矢(4年)がエントリー外。拓大は2年時に個人トップの快走を見せているジョセフ・ラジニ(4年)を軸に2年ぶり返り咲きを狙う。 また、近年はアフリカ出身の留学生を迎える大学が急増しており、今大会は15校が留学生を登録した。 箱根駅伝予選会には前回から2チーム増の43校が出場。各校10人から14人が登録され、12人まで出走。上位10人の合計タイムによって上位10チームが本戦出場権を得る。 昨年までの2年間は新型コロナウイルス感染症対策として陸上自衛隊立川駐屯地のみで行われていたが、今年は3年前までと同じく駐屯地から立川市街地を経て国営昭和記念公園でフィニッシュするコースで実施される。 ただし、関東学連は「出場チームの大学関係者やOB・OG、保護者、地域の皆さまは、応援のための外出をお控えいただき、沿道および国営昭和記念公園での応援行為はご遠慮くださいますようお願い申し上げます」と発表している。 ■有力校のエントリー一覧 ・東海大 宇留田竜希(4年) 金澤有真(4年) 川上勇士(4年) 佐藤俊輔(4年) 杉本将太(4年) 松崎咲人(4年) 石原翔太郎(3年) 入田優希(3年) 神薗竜馬(3年) 吉田 響(2年) 鈴木天智(1年) 竹割 真(1年) 中井陸人(1年) 湯野川創(1年) ・神奈川大 有村祐亮(4年) 鈴木玲央(4年) 山﨑諒介(4年) 宇津野篤(3年) 大泉真尋(3年) 尾方馨斗(3年) 小林篤貴(3年) 小林政澄(3年) 佐々木亮輔(3年) 石口大地(2年) 中原優人(2年) 酒井健成(1年) 宮本陽叶(1年) 山田基貴(1年) ・早大 井川龍人(4年) 鈴木創士(4年) 安田博登(4年) 北村 光(3年) 佐藤航希(3年) 菖蒲敦司(3年) 辻 文哉(3年) 石塚陽士(2年) 伊藤大志(2年) 伊福陽太(2年) 菅野雄太(2年) 諸冨 湧(2年) 間瀬田純平(1年) 山口智規(1年) ・明大 漆畑瑠人(4年) 小澤大輝(4年) 加藤大誠(4年) 櫛田佳希(4年) 下條乃將(4年) 富田峻平(4年) 城戸洸輝(3年) 児玉真輝(3年) 杉彩文海(3年) 甲斐涼介(2年) 新谷紘ノ介(2年) 鈴木祐太(2年) 室田安寿(1年) 森下翔太(1年)

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.14

國學院大・高山豪起が全体トップの28分25秒72! 2年の辻原輝が28分27秒93で続く/関東学生網走夏季記録挑戦競技会

関東学生網走夏季記録挑戦競技会は7月14日、網走市営陸上競技場で行われ、男子10000mは高山豪起(國學院大3)が28分25秒72で全体トップとなった。 高山はハイペースでレースを進め、残り2周で留学生を追い抜いて3組1 […]

NEWS 【女子ハンマー投】工藤実幸乃(筑豊高3)56m36=高校歴代6位

2024.07.14

【女子ハンマー投】工藤実幸乃(筑豊高3)56m36=高校歴代6位

第78回国スポ選考会・第9回福岡県高校学年別選手権の2日目が行われ、女子ハンマー投で工藤実幸乃(筑豊3)が56m36の高校歴代6位のの好記録をマークした。 工藤は6月のU20日本選手権は54m87で2位。今季のランキング […]

NEWS 400m中島佑気ジョセフ 初五輪でファイナルへ「日本記録更新が必要になる」マイルリレーメダルへも意欲

2024.07.14

400m中島佑気ジョセフ 初五輪でファイナルへ「日本記録更新が必要になる」マイルリレーメダルへも意欲

男子400mでパリ五輪代表に内定した中島佑気ジョセフ(富士通)が都内で会見を開き、パリ五輪に向けた意気込みを語った。 日本選手権を連覇した中島。パリ五輪の参加標準記録(45秒00)はクリアできなかったが、ワールドランキン […]

NEWS パリ五輪4継Vへ 土江寛裕ディレクター「どのメンバーでも金メダル狙える」

2024.07.14

パリ五輪4継Vへ 土江寛裕ディレクター「どのメンバーでも金メダル狙える」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

NEWS 4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

2024.07.14

4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top