HOME 国内、大学

2022.09.10

走高跳は京大ジャンパー山中駿が全国初タイトル「関西学生記録を更新したい」/日本IC
走高跳は京大ジャンパー山中駿が全国初タイトル「関西学生記録を更新したい」/日本IC

◇日本インカレ(京都・たけびしスタジアム京都:西京極)2日目

学生ナンバーワンを決める第91回日本インカレの2日目が行われ、男子走高跳は山中駿(京大)が優勝。この種目での京大は初制覇だった。

山中は2m10、15と1回で成功。2m18はクリアならなかった。試技数差で坂井宏和(東海大)とジャンプオフに。2m14を1回で跳んだ山中が勝利を収めた。

三国丘高出身で、高校時代のベストは2m12。インターハイなど全国大会にも出場していたが、これが全国初タイトルだった。今季は助走距離を2~3足長伸ばすなど改善し、7月には2m22をクリア。「スピードが上がればいいのではなく、オーバースピードにならないように」コントロールしたことや、三段跳にも挑戦したことで「踏み切り位置が遠くなってもいい角度で跳べるようになった」と話す。

工学部では力学を学んでいるという。「練習環境が恵まれていないとは思っていません」と言い、特定の指導者はいないが、「動画を取り合いながら学生たち主体でやっています」と語る。

京大出身のアスリートと言えば男子競歩のメダリスト・山西利和(愛知製鋼)。今回の日本インカレタイトルは山西以来だった。

「先輩という実感はありませんが、大会で優勝されるたびに記念碑が増えるのですごいなと思っています」と山中。今後は「関西学生記録の2m25を跳びたいです」と目標を語った。

◇日本インカレ(京都・たけびしスタジアム京都:西京極)2日目 学生ナンバーワンを決める第91回日本インカレの2日目が行われ、男子走高跳は山中駿(京大)が優勝。この種目での京大は初制覇だった。 山中は2m10、15と1回で成功。2m18はクリアならなかった。試技数差で坂井宏和(東海大)とジャンプオフに。2m14を1回で跳んだ山中が勝利を収めた。 三国丘高出身で、高校時代のベストは2m12。インターハイなど全国大会にも出場していたが、これが全国初タイトルだった。今季は助走距離を2~3足長伸ばすなど改善し、7月には2m22をクリア。「スピードが上がればいいのではなく、オーバースピードにならないように」コントロールしたことや、三段跳にも挑戦したことで「踏み切り位置が遠くなってもいい角度で跳べるようになった」と話す。 工学部では力学を学んでいるという。「練習環境が恵まれていないとは思っていません」と言い、特定の指導者はいないが、「動画を取り合いながら学生たち主体でやっています」と語る。 京大出身のアスリートと言えば男子競歩のメダリスト・山西利和(愛知製鋼)。今回の日本インカレタイトルは山西以来だった。 「先輩という実感はありませんが、大会で優勝されるたびに記念碑が増えるのですごいなと思っています」と山中。今後は「関西学生記録の2m25を跳びたいです」と目標を語った。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.20

エリヨン・ナイトンの暫定資格停止処分が解除 ドーピング検査陽性反応も「過失なし」で五輪選考会出場へ

6月19日、米国アンチドーピング機構(USADA)は、男子短距離のエリヨン・ナイトン(米国)の暫定資格停止処分を解除することを発表した。 20歳のナイトンは昨年のブダペスト世界選手権200m銀メダリスト。17歳だった21 […]

NEWS 五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

2024.06.19

五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

第108回日本選手権・混成競技が6月22、23日に岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われる。パリ五輪代表選考会を兼ねた一戦の注目選手を見ていく。 男子十種競技の優勝候補は丸山優真(住友電工)。前回は7816点で初優勝 […]

NEWS マイケル・ジョンソン氏主催「グランドスラム・トラック」の詳細が発表! 1年間4試合のリーグ戦 賞金総額20億円のビッグイベント!

2024.06.19

マイケル・ジョンソン氏主催「グランドスラム・トラック」の詳細が発表! 1年間4試合のリーグ戦 賞金総額20億円のビッグイベント!

陸上界のレジェンドとして1990年代から2000年代に活躍したマイケル・ジョンソン氏(米国)の主催する陸上リーグの詳細が6月19日に発表された。「グランドスラム・トラック」と銘打たれ、25年に開始される予定となっている。 […]

NEWS 女子三段跳・森本麻里子が13m37w 右足首のケガから復帰戦は9位/WAコンチネンタルツアー

2024.06.19

女子三段跳・森本麻里子が13m37w 右足首のケガから復帰戦は9位/WAコンチネンタルツアー

6月18日、フィンランド・トゥルクで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのパーヴォ・ヌルミ・ゲームズが開催され、森本麻里子(オリコ)が13m37(+2.5)で9位に入った。 昨年のブダペスト世界選手権代表の森本 […]

NEWS ジェイコブスが100m9秒92のサードベスト! やり投チョプラ85m97、110mHマクレオド13秒25でV/WAコンチネンタルツアー

2024.06.19

ジェイコブスが100m9秒92のサードベスト! やり投チョプラ85m97、110mHマクレオド13秒25でV/WAコンチネンタルツアー

6月18日、フィンランド・トゥルクで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのパーヴォ・ヌルミ・ゲームズが開催され、男子100mでは東京五輪金メダルのL.M.ジェイコブス(イタリア)が9秒92(+1.5)で優勝した […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top