HOME 国内、大学

2022.09.09

走幅跳・髙良彩花が6m50!「あきらめずに」4年ぶり自己新&35年ぶり大会新/日本IC
走幅跳・髙良彩花が6m50!「あきらめずに」4年ぶり自己新&35年ぶり大会新/日本IC

◇日本インカレ(京都・たけびしスタジアム京都:西京極)1日目

学生ナンバーワンを決める第91回日本インカレの1日目が行われ、女子走幅跳の髙良彩花(筑波大)が、長く止まっていた大会記録、そして過去の自分という2つの壁を打ち破った。

その時は4回目に訪れる。「考えずに勢いのままいけた」。これまで考えすぎてしまっていた助走。今回は無心でスタートして、無心で走った。髙良らしい、美しく、力強い跳躍。大会記録を示す印を超えて着地し、3年ぶり有観客のスタンドから大きな拍手が沸いた。

記録は6m50(+0.7)。さらに大きな拍手が起こる。1987年に磯貝美奈子(群馬大)が作った6m46の大会記録を35年ぶりに更新。それだけではなく、高3のアジア・ジュニア選手権で出した6m44の高校記録であり、止まっていた自己記録を4年ぶりに塗り替えた。珍しく両手を高く上げて喜びを表現する。日本歴代9位、学生歴代5位にランクインする大記録だった。

「4年間自己ベストが出なくて悔しい思いをしてきました。最後の日本インカレで、仲間の前で出せて本当にうれしいです」。この4年間のことを聞かれると、言葉に詰まった。

中学時代からトップジャンパーとして日本一になると、高校時代はインターハイ3連覇。2、3年と日本選手権まで連覇した。高校記録を作ったアジア・ジュニアで優勝。U20世界選手権では日本初の銀メダルを獲得するなど、数々の歴史を作ってきた。

筑波大に入ってからも関東インカレ4連覇などしてきたが、自己記録は長く更新できず。「いろんな思いがありました。周囲の自己ベストに嫉妬したこともあります。高校時代に跳んでしまった。もう跳べないんじゃないか」。それでも、仲間やコーチたちが「大丈夫」「跳べるよ」と声をかけつづけてくれた。その声に背中を押されて、ここまで続けてこられた。

「成長しているのは実感しても、記録が出ないと感じられなかった。でもこうして更新できました。あきらめずに続けてこられたのは自分の強みだと思っています」。何度も試行錯誤しては崩して、また作って。その過程は決して無駄ではなかった。

卒業後も社会人として続けていく予定で、「やっと世界に行きたいといえるところまできた。スタートラインに立てました」。最後のインカレで見せた意地とプライドと勝負強さ。やっぱり、千両役者はひと味違う。再び世界と戦うために。稀代のジャンパー・高良彩花の第二章がここから始まる。

■女子走幅跳学生歴代5傑
6.78(0.8) 池田久美子(福島大3) 2001年
6.58(1.0) 磯貝美奈子(群馬大) 1987年
6.53(1.4) 桝見咲智子(福岡大4) 2006年
6.52(0.7) 高松 仁美(埼玉大4) 1998年
6.50(0.7) 髙良 彩花(筑波大4) 2022年

◇日本インカレ(京都・たけびしスタジアム京都:西京極)1日目 学生ナンバーワンを決める第91回日本インカレの1日目が行われ、女子走幅跳の髙良彩花(筑波大)が、長く止まっていた大会記録、そして過去の自分という2つの壁を打ち破った。 その時は4回目に訪れる。「考えずに勢いのままいけた」。これまで考えすぎてしまっていた助走。今回は無心でスタートして、無心で走った。髙良らしい、美しく、力強い跳躍。大会記録を示す印を超えて着地し、3年ぶり有観客のスタンドから大きな拍手が沸いた。 記録は6m50(+0.7)。さらに大きな拍手が起こる。1987年に磯貝美奈子(群馬大)が作った6m46の大会記録を35年ぶりに更新。それだけではなく、高3のアジア・ジュニア選手権で出した6m44の高校記録であり、止まっていた自己記録を4年ぶりに塗り替えた。珍しく両手を高く上げて喜びを表現する。日本歴代9位、学生歴代5位にランクインする大記録だった。 「4年間自己ベストが出なくて悔しい思いをしてきました。最後の日本インカレで、仲間の前で出せて本当にうれしいです」。この4年間のことを聞かれると、言葉に詰まった。 中学時代からトップジャンパーとして日本一になると、高校時代はインターハイ3連覇。2、3年と日本選手権まで連覇した。高校記録を作ったアジア・ジュニアで優勝。U20世界選手権では日本初の銀メダルを獲得するなど、数々の歴史を作ってきた。 筑波大に入ってからも関東インカレ4連覇などしてきたが、自己記録は長く更新できず。「いろんな思いがありました。周囲の自己ベストに嫉妬したこともあります。高校時代に跳んでしまった。もう跳べないんじゃないか」。それでも、仲間やコーチたちが「大丈夫」「跳べるよ」と声をかけつづけてくれた。その声に背中を押されて、ここまで続けてこられた。 「成長しているのは実感しても、記録が出ないと感じられなかった。でもこうして更新できました。あきらめずに続けてこられたのは自分の強みだと思っています」。何度も試行錯誤しては崩して、また作って。その過程は決して無駄ではなかった。 卒業後も社会人として続けていく予定で、「やっと世界に行きたいといえるところまできた。スタートラインに立てました」。最後のインカレで見せた意地とプライドと勝負強さ。やっぱり、千両役者はひと味違う。再び世界と戦うために。稀代のジャンパー・高良彩花の第二章がここから始まる。 ■女子走幅跳学生歴代5傑 6.78(0.8) 池田久美子(福島大3) 2001年 6.58(1.0) 磯貝美奈子(群馬大) 1987年 6.53(1.4) 桝見咲智子(福岡大4) 2006年 6.52(0.7) 高松 仁美(埼玉大4) 1998年 6.50(0.7) 髙良 彩花(筑波大4) 2022年

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.18

110mH村竹ラシッド パリ五輪の決勝で勝負!DLなど経験し「実力を発揮できるようになってきた」

男子110mハードルの日本記録保持者でパリ五輪代表の村竹ラシッド(JAL)が、練習拠点としている母校・順大で練習を公開した。 日本選手権を初優勝して初五輪を決めた村竹。その後はダイヤモンドリーグ(DL)パリ大会に出場し、 […]

NEWS 三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

2024.07.18

三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

夏の北海道を舞台とする中長距離のレースシリーズ、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦深川大会が7月17日に開催され、男子3000m障害の日本記録(8分09秒91)保持者でパリ五輪代表の三浦龍司(SUBARU) […]

NEWS 西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

2024.07.17

西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、男子10000mA組はオレゴン世界選手権マラソン代表の西山雄介(トヨタ自動車)が28分08秒53で日本人最上位の4位でフィニッシュした。 3月 […]

NEWS 国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

2024.07.17

国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

日本スポーツ協会は7月17日、都内で理事会を開き、2027年(令和9年)の第81回国民スポーツ大会の開催地を宮崎県とすることを決定した。また、29年(令和11年)の第83回大会の開催地が群馬県に内定した。 今年度より、名 […]

NEWS 【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

2024.07.17

【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

独自の「周波数加工®」…「ハーツ加工®」で体内の周波数を整えるハーツ&ハーツクリニックは、同社製品の基本であり最高峰の「メタリックネックレス」から、新たに「メタリックネックレス Ⅱ 2024」、「メタリックネックレス Ⅱ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top