HOME 海外

2022.09.03

5000m世界陸上銀のクロップが世界歴代6位の12分45秒71でV!棒高跳デュプランティス敗れる/DLブリュッセル
5000m世界陸上銀のクロップが世界歴代6位の12分45秒71でV!棒高跳デュプランティス敗れる/DLブリュッセル

9月2日、ブリュッセル(ベルギー)でダイヤモンドリーグ(DL)が開催され、男子5000mではオレゴン世界選手権銀メダルのJ.クロップ(ケニア)が今季世界最高、世界歴代6位の12分45秒71で優勝した。オレゴン世界選手権10000m4位のG.フィッシャー(米国)が世界歴代12位の12分46秒96で2位に続き、北米記録を更新した。

広告の下にコンテンツが続きます

女子走高跳では19年ドーハ世界選手権・オレゴン世界選手権銀メダルのY.マフチフ(ウクライナ)が屋外の自己最高となる2m05で勝利。こちらも今季世界最高記録だった。

女子やり投はオレゴン世界選手権銀のK.ウィンガー(米国)が今季世界最高の68m11でV。12年ぶりの自己新で、北米記録を樹立した。ウィンガーは今季限りでの引退を表明している。この種目では北口榛花(JAL)が63m45で2位に続いた。

男子棒高跳ではアジア記録保持者でオレゴン世界選手権銅メダルのE.J.オビエナ(フィリピン)が世界記録保持者A.デュプランティス(スウェーデン)を破って5m91でDL初優勝。デュプランティスは5m81で2位だった。

男子800mはオレゴン世界選手権1500m金メダルのJ.ワイトマン(英国)が1分43秒65の自己新で優勝。男子400mハードルはオレゴン世界選手権金のA.ドス・サントス(ブラジル)が47秒54、女子100mハードルは東京五輪金のJ.カマチョ・クイン(プエルトリコ)が12秒27(+0.1)で勝った。

広告の下にコンテンツが続きます

女子100m(+0.6)はオレゴン世界選手権200m金のS.ジャクソン(ジャマイカ)がS-A.フレイザー・プライス(ジャマイカ)を抑えて10秒73で勝利。フレイザー・プライスは10秒74で2位だった。男子200mは向かい風2.8mのなか行われ、E.ナイトン(米国)が20秒07で制した。

男子砲丸投のみ9月1日に行われ、15年北京・19年ドーハ世界選手権金メダルのJ.コヴァクス(米国)が22m61の大会新で優勝した。

DLは決勝戦までの全日程が終了し、この大会までのポイント獲得上位者で争うDLファイナルが9月7、8日にチューリッヒ(スイス)で開催される。

9月2日、ブリュッセル(ベルギー)でダイヤモンドリーグ(DL)が開催され、男子5000mではオレゴン世界選手権銀メダルのJ.クロップ(ケニア)が今季世界最高、世界歴代6位の12分45秒71で優勝した。オレゴン世界選手権10000m4位のG.フィッシャー(米国)が世界歴代12位の12分46秒96で2位に続き、北米記録を更新した。 女子走高跳では19年ドーハ世界選手権・オレゴン世界選手権銀メダルのY.マフチフ(ウクライナ)が屋外の自己最高となる2m05で勝利。こちらも今季世界最高記録だった。 女子やり投はオレゴン世界選手権銀のK.ウィンガー(米国)が今季世界最高の68m11でV。12年ぶりの自己新で、北米記録を樹立した。ウィンガーは今季限りでの引退を表明している。この種目では北口榛花(JAL)が63m45で2位に続いた。 男子棒高跳ではアジア記録保持者でオレゴン世界選手権銅メダルのE.J.オビエナ(フィリピン)が世界記録保持者A.デュプランティス(スウェーデン)を破って5m91でDL初優勝。デュプランティスは5m81で2位だった。 男子800mはオレゴン世界選手権1500m金メダルのJ.ワイトマン(英国)が1分43秒65の自己新で優勝。男子400mハードルはオレゴン世界選手権金のA.ドス・サントス(ブラジル)が47秒54、女子100mハードルは東京五輪金のJ.カマチョ・クイン(プエルトリコ)が12秒27(+0.1)で勝った。 女子100m(+0.6)はオレゴン世界選手権200m金のS.ジャクソン(ジャマイカ)がS-A.フレイザー・プライス(ジャマイカ)を抑えて10秒73で勝利。フレイザー・プライスは10秒74で2位だった。男子200mは向かい風2.8mのなか行われ、E.ナイトン(米国)が20秒07で制した。 男子砲丸投のみ9月1日に行われ、15年北京・19年ドーハ世界選手権金メダルのJ.コヴァクス(米国)が22m61の大会新で優勝した。 DLは決勝戦までの全日程が終了し、この大会までのポイント獲得上位者で争うDLファイナルが9月7、8日にチューリッヒ(スイス)で開催される。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.29

マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

プロランナーの川内優輝(あおいおニッセイ同和損保、36歳)が29日、都内で行われたイベントに参加し、近況などを語った。 脚の故障で前週の大阪マラソンなどを欠場しており、「10日間ほど休んでジョグは始めていますが、スピード […]

NEWS 第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

2024.02.29

第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

関東学生陸上競技連盟は2024年度の競技会スケジュールを公開した。 第103回関東学生対校選手権(関東インカレ)は5月9日から12日の4日間、東京・国立競技場で行われる。国立開催は2年ぶりとなる。 広告の下にコンテンツが […]

NEWS 棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

2024.02.29

棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

男子棒高跳で活躍したファビアン・シュルツェ氏(ドイツ)が2月25日、39歳の若さで病気のためゾントホーフェンで亡くなったことがわかった。 1984年3月生まれ。ジュニア時代から活躍し、2003年欧州ジュニア選手権3位、0 […]

NEWS 2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

2024.02.29

2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

世界陸連(WA)の理事会は英国・グラスゴーで開かれ、世界選手権のトラック種目についての変更点を承認した。 世界選手権のトラック種目のうち、スプリントから800mまでのレースにおいて、準決勝と決勝で9レーン(利用可能な競技 […]

NEWS 2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

2024.02.29

2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

世界陸連(WA)は英国・グラスゴーで理事会を開き、2025年から夏季シーズンを再編すると発表した。 現在の主要カレンダーは、4月からダイヤモンドリーグやコンチネンタルツアーが本格化し、6月あたりに各国選手権が開催。主催す […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top