HOME 海外

2022.08.20

2023年ブダペスト世界陸上の参加標準記録が発表!男子100mは10秒00 記録操作に対して厳密にチェックする方針
2023年ブダペスト世界陸上の参加標準記録が発表!男子100mは10秒00 記録操作に対して厳密にチェックする方針

世界陸連は、来年8月19日から27日までハンガリー・ブダペストで開催される世界選手権の参加要項を発表した。2019年のドーハ大会や今年のオレゴン大会と同様、出場のためには指定の参加標準記録を突破するか、世界ランキングで上位に入る必要がある。

参加標準記録は7月に一部の種目で発表済みだったが、すべての種目で公開された。一部の種目を除いてオレゴン大会から全体的に水準が上がっており、今後はより世界ランキングを意識した取り組みが必要となる。

一方で、フィールド種目の出場枠は従来の32から36に増加しており、日本人選手にも出場するチャンスが広がった。

■ブダペスト世界選手権の標準記録(カッコ内はオレゴン大会の標準)
※種目の後ろの数字はターゲットナンバー(出場枠の目安)
<男子>
100m(48)10秒00(10秒05)
200m(48)20秒16(20秒24)
400m(48)45秒00(44秒90)
800m(56)1分44秒70(1分45秒20)
1500m(56)3分34秒20(3分35秒00)
5000m(42)13分07秒00(13分13秒50)
10000m(27) 27分10秒00(27分28秒00)
マラソン(100) 2時間9分40秒(2時間11分30秒)
3000mSC(36)8分15秒00(8分22秒00)
110mH(40)13秒28(13秒32)
400mH(40)48秒70(48秒90)
走高跳(36)2m32(2m33)
棒高跳(36)5m81(5m80)
走幅跳(36)8m25(8m22)
三段跳(36)17m20(17m14)
砲丸投(36)21m40(21m10)
円盤投(36)67m00(66m00)
ハンマー投(36)78m00(77m50)
やり投(36)85m20(85m00)
十種競技(24) 8460点(8350点)
20km競歩(50) 1時間20分10秒(1時間21分00秒)
35km競歩(50) 2時間29分40秒(2時間33分00秒)
<女子>
100m(48)11秒08(11秒15)
200m(48)22秒60(22秒80)
400m(48)51秒00(51秒35)
800m(56)1分59秒80(1分59秒50)
1500m(56)4分03秒50(4分04秒20)
5000m(42)14分57秒00(15分10秒00)
10000m(27)  30分40秒00(31分25秒00)
マラソン(100) 2時間29分30秒(2時間29分30秒)
3000mSC(36)9分23秒00(9分30秒00)
100mH(40)12秒78(12秒84)
400mH(40)54秒90(55秒40)
走高跳(36)1m97(1m96)
棒高跳(36)4m71(4m70)
走幅跳(36)6m85(6m82)
三段跳(36)14m52(14m32)
砲丸投(36)18m80(18m50)
円盤投(36)64m20(63m50)
ハンマー投(36)73m60(72m50)
やり投(36)63m80(64m00)
七種競技(24) 6480点(6420点)
20km競歩(50) 1時間29分20秒(1時間31分00秒)
35km競歩(50) 2時間51分30秒(2時間54分00秒)

<記録の有効期間>
●マラソン、35km競歩
2021年12月1日〜2023年5月30日
●10000m20km競歩、混成競技
2022年1月31日〜2023年 7月30日
●それ以外の種目
2022年7月31日〜2023年7月30日

そのほか、オレゴン大会の各種目優勝者、22年ダイヤモンドリーグファイナルにおける各種目の優勝者にはワイルドカードでの出場権が与えられる。

さらに、世界陸連評議会は記録操作を厳密にチェックするため、それが判明した国に対しては参加標準記録、世界ランキングともに、下記の大会の結果のみを反映させると発表した。

・ダイヤモンドリーグ
・コンチネンタルツアー
・世界室内ツアー
・世界競歩ツアー
・世界混成競技ツアー
・世界クロスカントリーツアー
・世界陸連ラベルロードレース
・国内選手権(シニア)

※事実関係に誤りがありましたので訂正しました。上記大会のみしか記録が認められないのは「記録操作が判明した国のみ」であり、日本がそれに該当している事実は現在ありません。

世界陸連は、来年8月19日から27日までハンガリー・ブダペストで開催される世界選手権の参加要項を発表した。2019年のドーハ大会や今年のオレゴン大会と同様、出場のためには指定の参加標準記録を突破するか、世界ランキングで上位に入る必要がある。 参加標準記録は7月に一部の種目で発表済みだったが、すべての種目で公開された。一部の種目を除いてオレゴン大会から全体的に水準が上がっており、今後はより世界ランキングを意識した取り組みが必要となる。 一方で、フィールド種目の出場枠は従来の32から36に増加しており、日本人選手にも出場するチャンスが広がった。 ■ブダペスト世界選手権の標準記録(カッコ内はオレゴン大会の標準) ※種目の後ろの数字はターゲットナンバー(出場枠の目安) <男子> 100m(48)10秒00(10秒05) 200m(48)20秒16(20秒24) 400m(48)45秒00(44秒90) 800m(56)1分44秒70(1分45秒20) 1500m(56)3分34秒20(3分35秒00) 5000m(42)13分07秒00(13分13秒50) 10000m(27) 27分10秒00(27分28秒00) マラソン(100) 2時間9分40秒(2時間11分30秒) 3000mSC(36)8分15秒00(8分22秒00) 110mH(40)13秒28(13秒32) 400mH(40)48秒70(48秒90) 走高跳(36)2m32(2m33) 棒高跳(36)5m81(5m80) 走幅跳(36)8m25(8m22) 三段跳(36)17m20(17m14) 砲丸投(36)21m40(21m10) 円盤投(36)67m00(66m00) ハンマー投(36)78m00(77m50) やり投(36)85m20(85m00) 十種競技(24) 8460点(8350点) 20km競歩(50) 1時間20分10秒(1時間21分00秒) 35km競歩(50) 2時間29分40秒(2時間33分00秒) <女子> 100m(48)11秒08(11秒15) 200m(48)22秒60(22秒80) 400m(48)51秒00(51秒35) 800m(56)1分59秒80(1分59秒50) 1500m(56)4分03秒50(4分04秒20) 5000m(42)14分57秒00(15分10秒00) 10000m(27)  30分40秒00(31分25秒00) マラソン(100) 2時間29分30秒(2時間29分30秒) 3000mSC(36)9分23秒00(9分30秒00) 100mH(40)12秒78(12秒84) 400mH(40)54秒90(55秒40) 走高跳(36)1m97(1m96) 棒高跳(36)4m71(4m70) 走幅跳(36)6m85(6m82) 三段跳(36)14m52(14m32) 砲丸投(36)18m80(18m50) 円盤投(36)64m20(63m50) ハンマー投(36)73m60(72m50) やり投(36)63m80(64m00) 七種競技(24) 6480点(6420点) 20km競歩(50) 1時間29分20秒(1時間31分00秒) 35km競歩(50) 2時間51分30秒(2時間54分00秒) <記録の有効期間> ●マラソン、35km競歩 2021年12月1日〜2023年5月30日 ●10000m20km競歩、混成競技 2022年1月31日〜2023年 7月30日 ●それ以外の種目 2022年7月31日〜2023年7月30日 そのほか、オレゴン大会の各種目優勝者、22年ダイヤモンドリーグファイナルにおける各種目の優勝者にはワイルドカードでの出場権が与えられる。 さらに、世界陸連評議会は記録操作を厳密にチェックするため、それが判明した国に対しては参加標準記録、世界ランキングともに、下記の大会の結果のみを反映させると発表した。 ・ダイヤモンドリーグ ・コンチネンタルツアー ・世界室内ツアー ・世界競歩ツアー ・世界混成競技ツアー ・世界クロスカントリーツアー ・世界陸連ラベルロードレース ・国内選手権(シニア) ※事実関係に誤りがありましたので訂正しました。上記大会のみしか記録が認められないのは「記録操作が判明した国のみ」であり、日本がそれに該当している事実は現在ありません。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.22

東京世界陸上のメダル制作開始!「記憶に残り、見るたびに思い出すデザイン」目指して都内の中学・高校生にインタビュー

東京2025世界陸上財団はは7月22日、大会で選手に授与されるメダルのデザインに向け、ジュニアアスリートへのインタビューを東京・城西高で実施した。 国際大会出場選手が卒業している都内の学校から選定され、パリ五輪代表である […]

NEWS 20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

2024.07.22

20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

8月1日から始まるパリ五輪・陸上競技に向けて、日本代表選手団が出国する前に会見を開いて意気込みを語った。 男子20km競歩の古賀友太(大塚製薬)は初の五輪で「幼い頃から目標の舞台。身が引き締まる思い。自信を持って世界と戦 […]

NEWS 三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

2024.07.22

三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックで男子三段跳のC.テイラー(米国)が現役最後の競技会に出場。16m14(±0)の5位でグラウンドに別れを告げた。 テイラーは12年ロンドン五輪、16年リ […]

NEWS 16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

2024.07.22

16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックの男子400mでQ.ウィルソン(米国)がU18世界最高の44秒20で優勝した。 従来のU18世界最高はウィルソン自身が6月にマークした44秒59。U18 […]

NEWS フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

2024.07.22

フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

7月18日~21日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァでU18欧州選手権が開かれ、女子100mハードル(76.2cm)ではL.フリチェコワ(スロバキア)が12秒97(+0.2)で優勝した。 予選ではU18世界歴代2位、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top