HOME 中学

2022.08.20

3000mは中学記録保持者の増子陽太が8分18秒49の大会新V 地元の期待に走りで応え「最高です」/福島全中
3000mは中学記録保持者の増子陽太が8分18秒49の大会新V 地元の期待に走りで応え「最高です」/福島全中

◇福島全中(8月18日~21日/福島・県営あづま競技場)2日目

5位までが従来の大会記録(8分27秒57)を14年ぶりに塗り替えるハイレベルなレースとなった男子3000m。2017年に石田洸介(浅川3福岡/現・東洋大)が打ち立てた日本中学記録(8分17秒84)を、9日前の東北大会で2秒80も塗り替える8分15秒04をマークしていた増子陽太(鏡石3福島)が8分18秒49で制し、地元で行われた全国大会で見事に大輪の花を咲かせた。

「最初から引っ張ってペースを作るのが、自分が勝てる1番の方法だと思っていました」という言葉通り、スタート直後から積極的に先頭に立った。1000m通過は2分51秒。予選より速いペースで、軽快な走りにも見えたが、自身は7月以降の連戦もあってか、「コンディションはあまり良くなかったです」という。5分41秒で2000mを通過した際は、「もう無理だと心が折れそうにもなりました」と明かす。

そんな増子の背中を押したのが、地元・福島の観客からの温かい応援だった。「あきらめかけていた時に(レース前の選手紹介での)拍手や周りの応援を思い出して、『もう1回やるぞ』と切り替えることができました」

東北大会では終盤まで競り合った菅野元太(山形十3山形)が、終始増子にぴったりとつくポジションでレースを進め、残り700mあたりで仕掛けたが、増子は落ち着いて対応した。ラスト400mで新妻遼己(平岡3兵庫)がスパートした時も、しっかり背後について逃がさない。「ラストの競り合いも練習で強化していたので、焦ることなく勝負できました」と、最終コーナーを回って再びトップを奪い返し、そのままトップでフィニッシュへと飛び込んだ。

「自分が一番目指していたのが全中でしたし、しかも地元開催の大会で大会新で優勝できたので最高でした」と増子。先生方や仲間たちからの祝福にうれしそうな表情を浮かべながらも、今後に向けては、「次は駅伝が始まるので、チームで走る駅伝や都道府県駅伝でがんばりたいです」と力強く言い切った。

また、増子と終盤まで競り合った選手たちも好記録で続き、2位には8分20秒60で新妻遼が入り、3位の奥野恭史(藤森3京都/8分21秒05)が、それぞれ中学歴代7位、8位にランクイン。4位の/8分24秒27)、5位の菅野(8分26秒20)までが従来の大会記録を更新した。

文/小野哲史

■男子3000m中学歴代10傑
8.15.04 増子 陽太(鏡石3福島)    2022. 8.10
8.15.21 菅野 元太(山形十3山形)   2022. 8.10
8.17.84 石田 洸介(浅川3福岡)    2017.10.29
8.18.70 鈴木 琉胤(小金北3千葉)   2021.11.23
8.19.14 林田 洋翔(桜が原3長崎)   2016.10.11
8.20.42 川原 琉人(三井楽3+長崎)   2021. 3.14
8.20.60 新妻 遼己(平岡3兵庫)    2022. 8.19
8.21.05 奥野 恭史(藤森3京都)    2022. 8.19
8.21.22 池田  親(加古川山手3兵庫) 2012. 5.25
8.22.92 太田 智樹(浜名3静岡)    2012.10.28

◇2日目の優勝者
【男子】
200m 黒澤諒介(水戸三3茨城)  22秒40(-1.5)
800m 鈴木太智(東陽3愛知)   1分55秒20
3000m 増子陽太(鏡石3福島)   8分18秒49=大会新
棒高跳 杉本惺昭(上野3兵庫)   4m40

【女子】
200m 岡林結衣(大津1高知)   25秒13(+0.5)
800m 久保 凛(潮岬3和歌山)  2分09秒96

◇福島全中(8月18日~21日/福島・県営あづま競技場)2日目 5位までが従来の大会記録(8分27秒57)を14年ぶりに塗り替えるハイレベルなレースとなった男子3000m。2017年に石田洸介(浅川3福岡/現・東洋大)が打ち立てた日本中学記録(8分17秒84)を、9日前の東北大会で2秒80も塗り替える8分15秒04をマークしていた増子陽太(鏡石3福島)が8分18秒49で制し、地元で行われた全国大会で見事に大輪の花を咲かせた。 「最初から引っ張ってペースを作るのが、自分が勝てる1番の方法だと思っていました」という言葉通り、スタート直後から積極的に先頭に立った。1000m通過は2分51秒。予選より速いペースで、軽快な走りにも見えたが、自身は7月以降の連戦もあってか、「コンディションはあまり良くなかったです」という。5分41秒で2000mを通過した際は、「もう無理だと心が折れそうにもなりました」と明かす。 そんな増子の背中を押したのが、地元・福島の観客からの温かい応援だった。「あきらめかけていた時に(レース前の選手紹介での)拍手や周りの応援を思い出して、『もう1回やるぞ』と切り替えることができました」 東北大会では終盤まで競り合った菅野元太(山形十3山形)が、終始増子にぴったりとつくポジションでレースを進め、残り700mあたりで仕掛けたが、増子は落ち着いて対応した。ラスト400mで新妻遼己(平岡3兵庫)がスパートした時も、しっかり背後について逃がさない。「ラストの競り合いも練習で強化していたので、焦ることなく勝負できました」と、最終コーナーを回って再びトップを奪い返し、そのままトップでフィニッシュへと飛び込んだ。 「自分が一番目指していたのが全中でしたし、しかも地元開催の大会で大会新で優勝できたので最高でした」と増子。先生方や仲間たちからの祝福にうれしそうな表情を浮かべながらも、今後に向けては、「次は駅伝が始まるので、チームで走る駅伝や都道府県駅伝でがんばりたいです」と力強く言い切った。 また、増子と終盤まで競り合った選手たちも好記録で続き、2位には8分20秒60で新妻遼が入り、3位の奥野恭史(藤森3京都/8分21秒05)が、それぞれ中学歴代7位、8位にランクイン。4位の/8分24秒27)、5位の菅野(8分26秒20)までが従来の大会記録を更新した。 文/小野哲史 ■男子3000m中学歴代10傑 8.15.04 増子 陽太(鏡石3福島)    2022. 8.10 8.15.21 菅野 元太(山形十3山形)   2022. 8.10 8.17.84 石田 洸介(浅川3福岡)    2017.10.29 8.18.70 鈴木 琉胤(小金北3千葉)   2021.11.23 8.19.14 林田 洋翔(桜が原3長崎)   2016.10.11 8.20.42 川原 琉人(三井楽3+長崎)   2021. 3.14 8.20.60 新妻 遼己(平岡3兵庫)    2022. 8.19 8.21.05 奥野 恭史(藤森3京都)    2022. 8.19 8.21.22 池田  親(加古川山手3兵庫) 2012. 5.25 8.22.92 太田 智樹(浜名3静岡)    2012.10.28 ◇2日目の優勝者 【男子】 200m 黒澤諒介(水戸三3茨城)  22秒40(-1.5) 800m 鈴木太智(東陽3愛知)   1分55秒20 3000m 増子陽太(鏡石3福島)   8分18秒49=大会新 棒高跳 杉本惺昭(上野3兵庫)   4m40 【女子】 200m 岡林結衣(大津1高知)   25秒13(+0.5) 800m 久保 凛(潮岬3和歌山)  2分09秒96

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

日本陸連は6月14日、今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた第108回日本選手権(6月27日~30日、新潟・デンカビッグスワンスタジアム)のエントリー選手を発表した。 一部の選手は5月にエントリーが発表されていたが、6月7日の […]

NEWS 男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

NEWS AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

2024.06.14

AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

6月12日、アスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)はブダぺスト世界選手権男子5000m銀メダルのM.カティル(スペイン)を不正行為で告訴することを発表した。 カティルはドーピングの居 […]

NEWS 棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

2024.06.14

棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

女子棒高跳の日本記録保持者(4m48)諸田実咲(アットホーム)が世界陸連(WA)コンチネンタルツアーの海外転戦で好成績を残している。 6月4日のロイヤルシティ・フェスティバル(カナダ・グエルフ)ではセカンドベスト、パフォ […]

NEWS 400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

2024.06.14

400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)3日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、女子400mハードルで大会新記録が誕生した。昨年の鹿児島国体300mハード […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top