HOME 海外

2022.08.07

女子1500m澤田結弥がU20日本歴代2位の4分12秒87で6位入賞! 男子4×400mリレーも6位 日本はメダル4、入賞11で大会締めくくる/U20世界選手権DAY6
女子1500m澤田結弥がU20日本歴代2位の4分12秒87で6位入賞! 男子4×400mリレーも6位 日本はメダル4、入賞11で大会締めくくる/U20世界選手権DAY6


◇U20世界選手権(8月1日~6日/コロンビア・カリ)6日目

U20世界選手権の最終日が行われ、女子1500mで高校2年生の澤田結弥(浜松市立高・静岡)が4分12秒87で6位入賞を果たした。

4日の予選を4分15秒29の自己新で突破していた澤田は、ケニア、エチオピア勢が先導するなかハイペースでレースを進め、予選の記録をさらに2秒以上更新。U20日本歴代2位、高校歴代2位の好タイムを叩きだした。

最終種目となった男子4×400mリレーでは、日本は有田詞音、友田真隆、森髙颯治朗、小川大輝のメンバーで臨み、3分07秒47で6位。優勝は米国でタイムは3分04秒47だった。また、男子3000m障害には黒田朝日(青学大)、と大沼良太郎(城西大)が出場し、黒田が8分56秒36で12位、大沼が9分14秒37で14位と惜しくも入賞は逃している。

日本勢は大会を通じて金メダル1、銀メダル1、銅メダル2の計4個のメダルを獲得。入賞は11を数え、国別の順位ポイントでは44点で10位に入った。

海外勢では女子100mハードルでK.ヒル(ジャマイカ)が12秒77(+0.2)の大会新で優勝。2位にもA.ジェームス(ジャマイカ)が入り、ジャマイカ勢のワンツーフィニッシュとなった。

女子三段跳では15歳のS.ドブロノワ(ウズベキスタン)が14m04(±0)で快勝。男子800m、3000m障害、女子1500m、5000mの中長距離種目はすべてエチオピア勢が優勝を果たした。

次回のU20世界選手権は2024年にペルーの首都リマで行われる。

■女子1500m高校歴代10傑
4.07.86 小林祐梨子(須磨学園3兵庫)  2006. 9.24
4.12.87 澤田 結弥(浜松市立2静岡)  2022. 8. 6
4.14.74 米澤奈々香(仙台育英2宮城)  2021. 7.29
4.15.43 田中 希実(西脇工2兵庫)   2016. 6.25
4.15.82 髙橋 ひな(西脇工3兵庫)   2016. 7.30
4.15.86 田島 愛梨(神村学園3鹿児島) 2022. 5.28
4.15.98 由水 沙季(筑紫女学園2福岡) 2012. 7.30
4.16.20 倉岡 奈々(鹿児島女1鹿児島) 2013. 7.31
4.16.30 木村 友香(筑紫女学園2福岡) 2011. 5.27
4.16.61 武田 志帆(常磐3群馬)    2012. 7.30
4.16.69 後藤  夢(西脇工2兵庫)   2016. 7.30

◇U20世界選手権(8月1日~6日/コロンビア・カリ)6日目 U20世界選手権の最終日が行われ、女子1500mで高校2年生の澤田結弥(浜松市立高・静岡)が4分12秒87で6位入賞を果たした。 4日の予選を4分15秒29の自己新で突破していた澤田は、ケニア、エチオピア勢が先導するなかハイペースでレースを進め、予選の記録をさらに2秒以上更新。U20日本歴代2位、高校歴代2位の好タイムを叩きだした。 最終種目となった男子4×400mリレーでは、日本は有田詞音、友田真隆、森髙颯治朗、小川大輝のメンバーで臨み、3分07秒47で6位。優勝は米国でタイムは3分04秒47だった。また、男子3000m障害には黒田朝日(青学大)、と大沼良太郎(城西大)が出場し、黒田が8分56秒36で12位、大沼が9分14秒37で14位と惜しくも入賞は逃している。 日本勢は大会を通じて金メダル1、銀メダル1、銅メダル2の計4個のメダルを獲得。入賞は11を数え、国別の順位ポイントでは44点で10位に入った。 海外勢では女子100mハードルでK.ヒル(ジャマイカ)が12秒77(+0.2)の大会新で優勝。2位にもA.ジェームス(ジャマイカ)が入り、ジャマイカ勢のワンツーフィニッシュとなった。 女子三段跳では15歳のS.ドブロノワ(ウズベキスタン)が14m04(±0)で快勝。男子800m、3000m障害、女子1500m、5000mの中長距離種目はすべてエチオピア勢が優勝を果たした。 次回のU20世界選手権は2024年にペルーの首都リマで行われる。 ■女子1500m高校歴代10傑 4.07.86 小林祐梨子(須磨学園3兵庫)  2006. 9.24 4.12.87 澤田 結弥(浜松市立2静岡)  2022. 8. 6 4.14.74 米澤奈々香(仙台育英2宮城)  2021. 7.29 4.15.43 田中 希実(西脇工2兵庫)   2016. 6.25 4.15.82 髙橋 ひな(西脇工3兵庫)   2016. 7.30 4.15.86 田島 愛梨(神村学園3鹿児島) 2022. 5.28 4.15.98 由水 沙季(筑紫女学園2福岡) 2012. 7.30 4.16.20 倉岡 奈々(鹿児島女1鹿児島) 2013. 7.31 4.16.30 木村 友香(筑紫女学園2福岡) 2011. 5.27 4.16.61 武田 志帆(常磐3群馬)    2012. 7.30 4.16.69 後藤  夢(西脇工2兵庫)   2016. 7.30

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.17

観客を“より楽しませる”工夫がいっぱい!! 陸上界に携わる有志が欧州選手権を視察

6月7日から12日までの6日間、第26回ヨーロッパ陸上競技選手権がイタリアのローマで開催されたが、日本の陸上界に関わる有志が個人的な活動で集い、チームを作ってこの大会を視察。目の肥えた熱心なファンが多い“陸上の本場”で行 […]

NEWS 110mH古賀ジェレミーが13秒91!11年ぶり高2最高「自信持って楽しみました」全国で13秒8台へ/IH南関東

2024.06.17

110mH古賀ジェレミーが13秒91!11年ぶり高2最高「自信持って楽しみました」全国で13秒8台へ/IH南関東

◇インターハイ南関東地区大会(6月14~17日/東京・駒沢陸上競技場、大井陸上競技場)4日目 夏の福岡インターハイ出場を懸けた南関東地区大会の4日目が行われ、男子110mハードルで古賀ジェレミー(東京2)が優勝した。村竹 […]

NEWS ぴあ株式会社が東京世界陸上とスポンサー契約を締結 多くの大規模イベントでチケッティングサービスの実績

2024.06.17

ぴあ株式会社が東京世界陸上とスポンサー契約を締結 多くの大規模イベントでチケッティングサービスの実績

東京2025世界陸上財団は6月178日、ぴあ株式会社とスポンサー契約を締結したことを発表した。これまで多くのイベントでチケットの販売や入場管理業務の実績を持つ同社は、2025年に開催される東京世界陸上をサポートしていくと […]

NEWS ケジェルチャが10000m世界歴代7位の26分31秒01! アレガヴィも歴代8位 17歳メハリーが26分37秒93

2024.06.17

ケジェルチャが10000m世界歴代7位の26分31秒01! アレガヴィも歴代8位 17歳メハリーが26分37秒93

6月14日、エチオピアの10000m五輪トライアルがスペイン・ネルハで開催され、男子10000mではドーハ世界選手権銀メダルのY.ケジャルチャが今季世界最高、世界歴代7位の26分31秒01で優勝した。 ケジャルチャは東京 […]

NEWS ワニョニイが800m歴代3位の1分41秒70 オマニャラ9秒79 キピエゴンは1500m、5000mで五輪代表に

2024.06.17

ワニョニイが800m歴代3位の1分41秒70 オマニャラ9秒79 キピエゴンは1500m、5000mで五輪代表に

6月14~15日、ケニア・ナイロビでケニアの五輪選考会が開催され、男子800mではブダペスト世界選手権銀メダルのE.ワニョニイが世界歴代3位の1分41秒70で優勝した。 19歳のワニョニイは、昨年の世界選手権銀メダリスト […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top