月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

多田修平が復帰レース10秒51 原田暁が日本学生歴代7位タイ10秒11 豊田兼45秒92 前田陽向1分48秒33/週末の各地競技会


7月29日から31日に各地で行われた競技会で、有力選手が出場した他、好記録も生まれた。

上尾市選手権男子100mには東京五輪代表の多田修平(住友電工)が出場し、10秒51(-0.1)だった。5月に左大腿部に肉離れを発症。6月の日本選手権準決勝以来、42日ぶりの復帰レースだった。

福岡大競技会男子100mでは、原田暁(福岡大)が3月に出した自己ベストを0.40秒更新する10秒11(+2.0)をマーク。この記録は日本学生歴代7位タイ、フロリダ大在学中の2019年に9秒98をマークしたサニブラウン・アブデル・ハキームを含めた日本人学生では歴代8位タイとなる。大学4年生の原田は走幅跳でも7m75(20年)の自己記録を持つ。

同競技会男子走幅跳では、有村拓巳(福岡大)が7m85(+0.8)をマーク。女子では100mで田島美春(福岡大)が11秒68(+2.0)の自己新。髙島真織子(九電工)が走幅跳で6m21(-0.9)、三段跳で13m25(±0)を跳んだ。

慶大同大対校男子400mではハードル種目が専門の豊田兼(慶大)が45秒92で優勝。ミドル・ディスタンス・サーキット2022福島大会の男子800mでは大学1年生の前田陽向(環太平洋大)が自己新の1分48秒33で制した。

実業団Premium Challenge Games in ISEでは、女子100mの松本沙耶子(七十七銀行)が11秒66(+2.8)、女子100mハードルでは藤森菜那(ゼンリン)が13秒37(+2.6)で駆け抜けた。

越谷市選手権中学女子棒高跳では渡邊紗菜(幸並中3埼玉)が中学歴代6位タイ(屋外では歴代2位タイ)の3m71で制した。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com