月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

メダルに近づいた4人の侍 男子マイルリレー4位「お家芸となれるように」悲願達成へ個々を高める/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)10日目

オレゴン世界陸上10日目のイブニングセッションに行われた男子4×400mリレーで、日本マイルリレーの歴史が一歩動いた。

かつて世界の入賞を果たしていた4×400mリレーだったが、その時計の針は長く止まったまま。昨年の東京五輪では、1996年アトランタ五輪4位の時と並ぶ日本タイ記録(3分00秒76)をマークしながら決勝進出はならず。その針を4人の“侍”が動かした。

1走は日本選手権覇者の佐藤風雅(那須環境技術センター)。スタート前の紹介では、男子4継でおなじみの刀を抜くポーズを決める。これがスタートの合図だった。

佐藤は「海外勢と競り合って予選からタイムを落としてしまった」と悔やむものの、5、6番手で川端魁人(中京大クラブ)へバトンをつないだ。今大会、400mに佐藤、川端、ウォルシュ・ジュリアン(富士通)がフルエントリーしたが、川端だけが予選敗退。その悔しさをリレーにぶつけた。「予選よりも(海外は)速くて、メリハリのあるレースができなかった。ポジショニングなどが2走の大事なところ」とこちらも自身の走りを反省する。

しかし、「決勝ということを考えれば良い位置で持ってきてくれました」とバトンを受けたウォルシュ。6番手からラップタイム43秒91の快走を見せる。どんな位置で来ても「順位を上げないといけない」。それが自分の果たすべき役割だった。その思い通り、ラストはジャマイカをぶち抜き4位へと押し上げて、大学の後輩にもあたる、中島佑気ジョセフ(東洋大)へとバトンをつないだ。

後半が持ち味の中島。「バックストレートが向かい風だったので(ベルギーの)後ろにつきました」と冷静な対応で、虎視眈々とメダル争いを狙う。米国が独走し、ジャマイカ、ベルギー、そして日本が続く。しかし、「得意な後半で離されてめちゃくちゃ悔しい。実力不足でした」と、ベルギーを捉えきれず。メダルへの挑戦は幕を閉じた。

米国、ジャマイカ、ベルギーと続き、掲示された日本のタイムは――2分59秒51。これまで届きそうで届かなかった2分台に突入する日本新、そしてアジア記録の奪還だった。アトランタ五輪以来の4位。記録もついに塗り替えた。

大興奮の4位にも、4人の表情は予選突破時とは違って明るさがない。「全員が絶対にメダルを取れると信じていました」と中島。ウォルシュも「日本記録は当たり前で、メダルを目指していたので」と悔しさを隠しきれない。それだけ高みを目指せる場所に来たということだった。

「4継だけじゃなく、マイルリレーもお家芸となれるように」とウォルシュ。メダルに近づいたからこそ、感じるのは個々の走力を上げることの大切さ。オレゴンで世界と対峙した“4人の侍”は、悲願のメダル達成へさらに個々を磨いて、再集結の日を待つ。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com