HOME 世界陸上、海外

2022.07.25

21歳インゲブリグトセンが5000m13分09秒24 で初制覇!ラスト勝負でライバル圧倒、1500m銀の雪辱/世界陸上
21歳インゲブリグトセンが5000m13分09秒24 で初制覇!ラスト勝負でライバル圧倒、1500m銀の雪辱/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)10日目

オレゴン世界陸上10日目のイブニングセッションに行われた男子5000m決勝。ヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が13分09秒24で初優勝を飾り、この種目で北欧勢初の金メダルに輝いた。

序盤は10000mで連覇を飾ったジョシュア・チェプテゲイ(ウガンダ)らアフリカ勢が先頭集団前方で駆け引きをする展開。インゲブリグトセンは後方待機で、じっと隙をうかがう。5日目の1500mは、ラスト勝負で競り負けて銀メダル。東京五輪に続く金を逃したことで、この種目は勝負に徹してきた。

今季、この種目は5月6日に同じ米国・カリフォルニアでのレース(13分02秒03で1位)に1度出場しただけだが、レースの流れを読む。1500mで世界歴代8位の3分28秒32のスピードは、出場選手の中では随一。その力を発揮できる展開に持ち込めばいい。4000mを10分46秒で通過。ここで、インゲブリグトセンが前に出て、ライバルたちを抑え込む。そしてラスト1周、狙い通りのスパートで他を圧倒。最後は勝利をアピールしながらフィニッシュした。

世界陸上では2007年大阪大会のバーナード・ラガト(米国)以来の1500m、5000m2冠は逃したが、まだ21歳。今後の世界大会でいくらでもチャンスがあるだろう。

陸上一家に生まれた7人兄弟の五男。東京五輪に続き、世界にその実力を示した。これから間違いなく、世界の中長距離のリーダーとなっていくだろう。

■男子5000m上位成績
1位 ヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)13分09秒24
2位 ヤコブ・クロプ(ケニア)        13分09秒98
3位 オスカー・チェリモ(ウガンダ)     13分10秒20
4位 ルイス・グリハルバ(グアテマラ)    13分10秒44
5位 モハメド・アーメド(カナダ)      13分10秒46
6位 グラント・フィッシャー(米国)     13分11秒65
7位 ニコラス・キプロプ(ケニア)      13分11秒97
8位 ヨミフ・ケジェルチャ(エチオピア)   13分12秒09

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)10日目 オレゴン世界陸上10日目のイブニングセッションに行われた男子5000m決勝。ヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が13分09秒24で初優勝を飾り、この種目で北欧勢初の金メダルに輝いた。 序盤は10000mで連覇を飾ったジョシュア・チェプテゲイ(ウガンダ)らアフリカ勢が先頭集団前方で駆け引きをする展開。インゲブリグトセンは後方待機で、じっと隙をうかがう。5日目の1500mは、ラスト勝負で競り負けて銀メダル。東京五輪に続く金を逃したことで、この種目は勝負に徹してきた。 今季、この種目は5月6日に同じ米国・カリフォルニアでのレース(13分02秒03で1位)に1度出場しただけだが、レースの流れを読む。1500mで世界歴代8位の3分28秒32のスピードは、出場選手の中では随一。その力を発揮できる展開に持ち込めばいい。4000mを10分46秒で通過。ここで、インゲブリグトセンが前に出て、ライバルたちを抑え込む。そしてラスト1周、狙い通りのスパートで他を圧倒。最後は勝利をアピールしながらフィニッシュした。 世界陸上では2007年大阪大会のバーナード・ラガト(米国)以来の1500m、5000m2冠は逃したが、まだ21歳。今後の世界大会でいくらでもチャンスがあるだろう。 陸上一家に生まれた7人兄弟の五男。東京五輪に続き、世界にその実力を示した。これから間違いなく、世界の中長距離のリーダーとなっていくだろう。 ■男子5000m上位成績 1位 ヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)13分09秒24 2位 ヤコブ・クロプ(ケニア)        13分09秒98 3位 オスカー・チェリモ(ウガンダ)     13分10秒20 4位 ルイス・グリハルバ(グアテマラ)    13分10秒44 5位 モハメド・アーメド(カナダ)      13分10秒46 6位 グラント・フィッシャー(米国)     13分11秒65 7位 ニコラス・キプロプ(ケニア)      13分11秒97 8位 ヨミフ・ケジェルチャ(エチオピア)   13分12秒09

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

NEWS AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

2024.06.14

AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

6月12日、アスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)はブダぺスト世界選手権男子5000m銀メダルのM.カティル(スペイン)を不正行為で告訴することを発表した。 カティルはドーピングの居 […]

NEWS 棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

2024.06.14

棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

女子棒高跳の日本記録保持者(4m48)諸田実咲(アットホーム)が世界陸連(WA)コンチネンタルツアーの海外転戦で好成績を残している。 6月4日のロイヤルシティ・フェスティバル(カナダ・グエルフ)ではセカンドベスト、パフォ […]

NEWS 400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

2024.06.14

400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)3日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、女子400mハードルで大会新記録が誕生した。昨年の鹿児島国体300mハード […]

NEWS ハンマー投は岡村聡真が「攻めの投げ」で2連覇 走幅跳は近藤孝太がV 棒高跳は小林ひよりが制す/IH北信越

2024.06.14

ハンマー投は岡村聡真が「攻めの投げ」で2連覇 走幅跳は近藤孝太がV 棒高跳は小林ひよりが制す/IH北信越

◇インターハイ北信越地区大会(6月13日~16日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)初日 福岡インターハイを懸けた北信越大会が開幕。男女フィールド4種目の決勝が行われ、男子ハンマー投は岡村聡真(穂高商3長野)が5投目に […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top