月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

女子100mH・福部真子「本当にずっと目指していた」日本新!準決勝で12秒82マーク!/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)10日目

オレゴン世界陸上10日目のイブニングセッションに行われた女子100mハードル準決勝。その1組1レーンを力強く駆け抜けた福部真子(日本建設工業)は、記録を確認すると笑顔が弾けた。8着ながら12秒82(+0.9)の日本新記録をマーク。その後のインタビューで「言葉に表せないです」と感無量の面持ちで語った。

初めての世界大会ながら、「自分のレースをしっかりするということをスタートする時からずっと意識してやってきました」。予選は自己ベストにあと0.03秒と迫る、世界陸上日本人最高タイム12秒96(+0.5)で4着。着順通過にあと1つながら、プラスの1番目で準決勝進出を決めた。そして、セミファイナルもその姿勢は変わらない。

1着だったトビ・アムサン(ナイジェリア)が6年ぶり世界新、この種目で史上初の12秒1台となる12秒12をマークするというまさに世界水準のレースの中で、自分の力を出し切った。青木益未(七十七銀行)が4月10日の北陸実業団選手権予選で出した12秒86の日本記録を0.04秒更新。大舞台で価値ある快走だ。だが、それだけでなく今大会の参加標準記録である12秒84も突破したことで、日本の女子100mハードルを新たなレベルへと引き上げたと言える。

「12秒82というタイムはちょっと想定外。うれしいです」

広島・府中中では四種競技で日本一となり、広島皆実高では100mハードルでインターハイ3連覇の偉業を成し遂げた。日体大に入ってからは大きな浮き沈みを経験したが、今年は6月に日本選手権で初優勝、布勢スプリントでも12秒93の日本歴代3位をマーク。26歳にして初の世界大会代表入りをつかんだ。

「日本新は本当にずっと目指していたこと。うまく言葉にできないんですけど。本当にいろんな方々に助けてもらったという思いでいっぱいです」

うれしさも、悔しさも、さまざまな経験をしてきた。そのすべてを力に、さらなる世界を目指していく。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com