HOME 国内、世界陸上、日本代表
女子100mH・福部真子「本当にずっと目指していた」日本新!準決勝で12秒82マーク!/世界陸上
女子100mH・福部真子「本当にずっと目指していた」日本新!準決勝で12秒82マーク!/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)10日目

オレゴン世界陸上10日目のイブニングセッションに行われた女子100mハードル準決勝。その1組1レーンを力強く駆け抜けた福部真子(日本建設工業)は、記録を確認すると笑顔が弾けた。8着ながら12秒82(+0.9)の日本新記録をマーク。その後のインタビューで「言葉に表せないです」と感無量の面持ちで語った。

広告の下にコンテンツが続きます

初めての世界大会ながら、「自分のレースをしっかりするということをスタートする時からずっと意識してやってきました」。予選は自己ベストにあと0.03秒と迫る、世界陸上日本人最高タイム12秒96(+0.5)で4着。着順通過にあと1つながら、プラスの1番目で準決勝進出を決めた。そして、セミファイナルもその姿勢は変わらない。

1着だったトビ・アムサン(ナイジェリア)が6年ぶり世界新、この種目で史上初の12秒1台となる12秒12をマークするというまさに世界水準のレースの中で、自分の力を出し切った。青木益未(七十七銀行)が4月10日の北陸実業団選手権予選で出した12秒86の日本記録を0.04秒更新。大舞台で価値ある快走だ。だが、それだけでなく今大会の参加標準記録である12秒84も突破したことで、日本の女子100mハードルを新たなレベルへと引き上げたと言える。

「12秒82というタイムはちょっと想定外。うれしいです」

広島・府中中では四種競技で日本一となり、広島皆実高では100mハードルでインターハイ3連覇の偉業を成し遂げた。日体大に入ってからは大きな浮き沈みを経験したが、今年は6月に日本選手権で初優勝、布勢スプリントでも12秒93の日本歴代3位をマーク。26歳にして初の世界大会代表入りをつかんだ。

広告の下にコンテンツが続きます

「日本新は本当にずっと目指していたこと。うまく言葉にできないんですけど。本当にいろんな方々に助けてもらったという思いでいっぱいです」

うれしさも、悔しさも、さまざまな経験をしてきた。そのすべてを力に、さらなる世界を目指していく。

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)10日目 オレゴン世界陸上10日目のイブニングセッションに行われた女子100mハードル準決勝。その1組1レーンを力強く駆け抜けた福部真子(日本建設工業)は、記録を確認すると笑顔が弾けた。8着ながら12秒82(+0.9)の日本新記録をマーク。その後のインタビューで「言葉に表せないです」と感無量の面持ちで語った。 初めての世界大会ながら、「自分のレースをしっかりするということをスタートする時からずっと意識してやってきました」。予選は自己ベストにあと0.03秒と迫る、世界陸上日本人最高タイム12秒96(+0.5)で4着。着順通過にあと1つながら、プラスの1番目で準決勝進出を決めた。そして、セミファイナルもその姿勢は変わらない。 1着だったトビ・アムサン(ナイジェリア)が6年ぶり世界新、この種目で史上初の12秒1台となる12秒12をマークするというまさに世界水準のレースの中で、自分の力を出し切った。青木益未(七十七銀行)が4月10日の北陸実業団選手権予選で出した12秒86の日本記録を0.04秒更新。大舞台で価値ある快走だ。だが、それだけでなく今大会の参加標準記録である12秒84も突破したことで、日本の女子100mハードルを新たなレベルへと引き上げたと言える。 「12秒82というタイムはちょっと想定外。うれしいです」 広島・府中中では四種競技で日本一となり、広島皆実高では100mハードルでインターハイ3連覇の偉業を成し遂げた。日体大に入ってからは大きな浮き沈みを経験したが、今年は6月に日本選手権で初優勝、布勢スプリントでも12秒93の日本歴代3位をマーク。26歳にして初の世界大会代表入りをつかんだ。 「日本新は本当にずっと目指していたこと。うまく言葉にできないんですけど。本当にいろんな方々に助けてもらったという思いでいっぱいです」 うれしさも、悔しさも、さまざまな経験をしてきた。そのすべてを力に、さらなる世界を目指していく。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.20

女王・北口榛花が渡欧前に弾みの逆転V!「余力が残っている状態で勝てた」パリに向かって“チーム一丸”/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が63m45のシーズンベストを投げて優勝 […]

NEWS 遠藤日向が復活!今季初戦で13分20秒28 初五輪へ「最低限良かった」/セイコーGGP

2024.05.20

遠藤日向が復活!今季初戦で13分20秒28 初五輪へ「最低限良かった」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子5000mはイマニエル・マル(トヨタ紡織)が13分18秒94で優勝 […]

NEWS 400mH豊田兼が日本歴代5位の48秒36 波乱の100mは栁田V サニブラウン、坂井はアクシデント/セイコーGGP

2024.05.20

400mH豊田兼が日本歴代5位の48秒36 波乱の100mは栁田V サニブラウン、坂井はアクシデント/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われた。 広告の下にコンテンツが続きます 男子400mハードルで好記録が誕生 […]

NEWS 400mH山本竜大が49秒96でV 200mは山路康太郎が20秒63で快勝/東日本実業団

2024.05.20

400mH山本竜大が49秒96でV 200mは山路康太郎が20秒63で快勝/東日本実業団

◇第66回東日本実業団選手権(5月18日~19日/埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場) 5月20日、東日本実業団選手権の最終日が行われ、男子400mハードルは山本竜大(SEKI A.C.)が49秒96で優勝を飾った。 […]

NEWS 【高平慎士の視点】日本スプリントを背負い始めた栁田大輝の覚悟 サニブラウン、坂井隆一郎は存在感と課題

2024.05.20

【高平慎士の視点】日本スプリントを背負い始めた栁田大輝の覚悟 サニブラウン、坂井隆一郎は存在感と課題

国立競技場で開催されたセイコーゴールデングランプリ(5月19日)の男子100mは、昨年のブダペスト世界陸上代表のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)、坂井隆一郎(大阪ガス)、栁田大輝(東洋大)がそろい踏みしたなか、栁 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top