月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子マイルリレー 19年ぶり決勝進出!3分01秒53で組2着通過/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)9日目

オレゴン世界陸上9日目のイブニングセッションに行われた男子4×400m予選。1組に出場した日本は3分01秒53で2着に入り、2003年パリ大会以来19年ぶりの決勝進出を決めた。

1走の佐藤風雅(那須環境技術センター)が好スタートを切り、2番手争いで川端魁人(中京大クラブ)にバトンパス。ラストまで粘りを見せた川端は、3番手で走り切った。

続くウォルシュ・ジュリアン(富士通)はホームストレートに入ると、2番手争いを繰り広げてアンカーの中島佑気ジョセフ(東洋大)へ。2位争いの後方にいた中島だったが、最後のコーナーを抜けると、徐々に2位に躍り出てそのままフィニッシュした。

昨年の東京五輪では3分00秒76の日本タイ記録をマーク。今大会は400mで佐藤、ウォルシュ、川端の3人がフルエントリーしており、佐藤とウォルシュは準決勝進出を果たしていた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com