月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

100mH日本記録保持者・青木益未が予選突破 隣選手と接触も「冷静に走れた」/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)9日目

オレゴン世界陸上9日目のモーニングセッションに行われた女子100mハードル予選が行われ、6組に出場した青木益未(七十七銀行)は13秒12(-0.4)をマークして5着。3着以内には入れなかったが、タイムで拾われて準決勝に進出を果たした。

12秒86の日本記録を持つ青木。だが、その後はケガなどの影響もあり日本選手権は100mで4位に食い込みながら、100mハードルでは福部真子(日本建設工業)に次ぐ2位だった。そこからは「調子も良くてナショナルトレーニングセンターで(世界陸上で使用される)モンド社のハードルで練習してきました。あとは本番に力を出すだけ」と状態を上げたという。

前日の4×100mリレー予選で1走を務めて日本新に貢献。「刺激が入った」と、スタートから1台目のアプローチは加速に乗った。ところが2台目で左隣の選手と接触してバランスを崩してしまう。「いつもならあぁ、ってなるところでしたが冷静に走れました」と、その後は少しずつ立て直してフィニッシュした。

昨年の東京五輪予選落ちから成長した姿を見せた青木。「準決勝はレベルも高くなるので、思いっきり走って世界とどれくらい競れるか。予選と同じようにスタートから行きます」と、気合を入れていた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com